湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


新・都築家の人々(2)~ありがたいお言葉
 自称「都築総合学園」の生まれた福岡市南区の高宮と大橋の間にある玉川町には、学校法人都築学園(福岡市南区玉川町22-1・都築泰壽理事長)の第一薬科大学(福岡市南区玉川町22-1・都築泰壽学長)、福岡第一高等学校(福岡市南区玉川町22-1・都築仁子校長)、第一薬科大学付属高等学校(福岡市南区玉川町22-1・都築仁子校長)があります。

 なお、「都築総合学園グループ」は組織の変化が頻繁に行われており、記事中にある肩書き等は誤っている可能性があります。

 また、同じ法人のみやこ幼稚園(福岡市南区塩原3-8-21・都築仁子園長)も少し離れた所にあります。
 周囲はさしずめ都築城下町の様相です。

 ちなみに都築さんの自宅もこの地区にあります。思ったよりも小さいですが、表札が出ていない上にやけに警戒が厳重なのですぐに分かります(^_^;)
 警戒が厳重な家が複数あるので、都築泰壽・仁子夫妻とその3人の娘である都築明寿香さん(「総長」補佐・(財)都築国際育英財団理事長・(株)ハッチェリー・ベンチャーパートナーズ代表取締役最高企画責任者)と都築美紀枝さん((学)都築教育学園理事長・(学)都築第一学園理事長)と都築慶子さん((学)都築関東学園理事長)の自宅もあるんでしょうかね?

 さすが城下町だけに、この周囲の電柱広告には「第一薬科大学・福岡第一高等学校・第一薬科大学附属高等学校」の連名の広告が厭きるほど立っています。
 この広告が見ているだけで楽しい広告ですのでちょっとご紹介します。

 まずは、「我慢のできないということはない」というこの看板。
我慢のできないということはない

 分かりにくいですが、「何事でも我慢できる」という意味でしょうか。
 人間の欲望は限りないものだと言われますが、どんな欲望であっても抑えることはできると思えばできるのかもしれません。
 一方で、抑える必要性を感じなければ、欲望は日増しに膨らんでくるものなのでしょうか?

 この看板群には、たまにこういう誤字があってそれを探すのもオツなものです。


 次は、「よく考えてのちに実行」。
よく考えてのちに実行

 そうですよね。街角で好みの女性を見かけたからといって触ってしまえば即逮捕ですが、自分の部下にしてしまって金を握らせれば発覚は遅れます。

 もっとよく考えれば、いつかは発覚すると分かりそうなものですが。

 続いて、「英雄とは自己にうち克つ者である」。
英雄とは自己にうち克つ者である

 己に克とうと努力するのは大切だと思います。とても難しいですが。
 だからこそ、克った人は英雄と呼ぶにふさわしいということでしょう。
 逆にいえば、「俺は英雄でないから己に克てなくても良い」という言外の意味が込められているのかもしれません。

 さらに「われ以外みな我が師である」と「自由の裏には責任がある」。
われ以外みな我が師である・自由の裏には責任がある

 前者は中国の古典にあったような・・・。このような謙虚な姿勢でいたいものです。
 相手の人権を無視して性的奴隷や物扱いすることなく、師として尊重できればと思います。
 まあ、そういうことをすれば最終的に大きな学習ができるわけですが。

 後者についてもそうですね。
 自由なことをやってしまったら、必ずしっぺ返しが来ると・・・。
 ・・・いう意味ではないのでしょうが、自由ということは自分が選択した範囲の責任を取らなくてはならないということでしょう。

 加えて「克苦勉励 汝を玉にす」。
克苦勉励 汝を玉にす

「克苦勉励」とは「刻苦勉励」の誤りとして広く用いられている四字熟語だそうで、「刻苦勉励」の意味は「心身を苦しめるほどに、ひたすら努力を重ね、勉学や仕事に励むこと(参照)」だそうです。
 僕は玉じゃないから刻苦勉励をしていないということか。

 その上「この門を入る者は姿勢を正せ」、「家庭は道徳の泉である」。
この門を入る者は姿勢を正せ・家庭は道徳の泉である

 これは福岡第一高校の校門近くにあるものです。ちなみに都築家の前です。
 それは校内ではちゃんとしないといけないでしょう。
 泉はただ湧いているのではなく、その後背地にある豊かな山や森が集めた水が時間をかけて湧き出しているのです。僕たち大人が水を集める人生を送らなければ、泉は枯れてしまうでしょう。

 最後に「謙虚であればあるほど人は美しい」。
謙虚であればあるほど人は美しい

 謙虚であるほど美しいとは思いませんが、傲慢な人は醜いと思います。
 例の事件がすべて片付いて、この世に美しい人間がまた一人増えることを期待してこの項を終えます。

 ちなみにすぐ近くの小学校にはこのような看板が・・・。
ちかん警戒中
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 教育 事件 都築総合学園

テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/394-e6d2d6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。