湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


ブルートレインを作った人
 どうやら東京・大阪と九州を結ぶ寝台列車(ブルートレイン)が近々全廃されるようですね。

 「ブルトレ(ブルートレイン)」の愛称で親しまれてきたJRの寝台列車が、09年春にも、東京から西へ向かう路線から姿を消す可能性が高まっている。利用客の減少が主な原因で、ほかの路線も同様の事情を抱えている。一部の豪華列車を除き、将来的には廃止の方向にあるという。
 JR各社の複数の関係者によると、08年3月中旬のダイヤ改定で消えるブルトレは、京都―熊本間を走る「なは」と京都―長崎を結ぶ「あかつき」、東京― 大阪の「銀河」。また、大阪―青森の「日本海」と上野―札幌の「北斗星」は、現行の1日2往復から、1往復に減る。このダイヤ改定は今年11月中旬に正式決定し、12月中旬に発表される予定だ。
 さらに、09年春のダイヤ改定では、東京―大分の「富士」と東京―熊本の「はやぶさ」の廃止が、JR各社の担当課長レベルで合意済み。これが正式に決まれば、大阪以西を走るブルトレは皆無になり、東京駅でブルトレは見られなくなる。ブルトレ発祥の地である九州などでは、地元の反発も予想されるという。
 新幹線や飛行機、夜行バスに押され、「利用率が低い」のが廃止の最大の理由で、「車両が老朽化している」「夜間の要員確保が難しい」などの事情もある。
 JR東日本の調べでは、JRが発足した87年のブルトレ利用者数と比較すると、東京から西へ向かう路線全体の利用者は05年には21%にまで落ち込んでいる。
 例えば、「はやぶさ」は東京駅を午後6時過ぎに出発、熊本駅に着くのは約18時間後の翌日正午前。飛行機なら2時間もかからない。
 ブルトレの一般的な定義は、14系や24系と呼ばれる青い塗装の寝台車を機関車が引っ張る特急列車(銀河は急行)。現在、東京と九州、北海道、大阪と東北などを結ぶ9路線がある。このほか、電車タイプの寝台特急である「サンライズ出雲・瀬戸」(東京―出雲市・高松)や、比較的新しい車両の豪華寝台特急である「トワイライトエクスプレス」(大阪―札幌)や「カシオペア」(上野―札幌)がある。
 ブルトレの歴史は、56年に営業を始めた東京―博多の「あさかぜ」に始まる。あさかぜは58年から冷暖房完備の新型車両に編成を変えて以来、「走るホテル」と呼ばれて親しまれたが、乗車率が2割台に落ち込み、05年春に廃止された。
 JR各社は、関係部署の担当者による通称「ブルトレ会議」で、ブルトレの将来について検討を進めている。ほかの路線についても、新幹線の開業時期などに合わせて廃止することを視野に、検討しているという。
 《ブルートレイン》 青い寝台車を、機関車が引いて走る列車の愛称。商標権はJR東日本のほか、サンリオやタカラトミーなど数社が持つ。56年に運行を始め、松本清張の推理小説「点と線」にも登場する「あさかぜ」が国内の第1号。70年代後半にはブームが起き、小説の舞台に何度も使われたが、新幹線開通に伴って利用は減少、路線は相次いで廃止された。海外では「世界一豪華」と称される南アフリカの寝台列車「ザ・ブルートレイン」が有名。
(消えゆく東京駅発ブルトレ 「銀河」来春に引退・2007年11月18日付朝日新聞)


 2008年春というから来春ですね。現行のブルートレインというのは上野~札幌の北斗星、上野~青森のあけぼの、上野~金沢の北陸、大阪~青森の日本海、東京~大分の富士、東京~熊本のはやぶさ、東京~大阪の銀河、京都~長崎のあかつき、京都~熊本のなはの9本のようです。

 寝台列車にはその他にも電車版のサンライズ出雲(東京~出雲市)、サンライズ瀬戸(東京~高松)や豪華版のトワイライトエクスプレス(大阪~札幌)、カシオペア(上野~札幌)があるそうです。

 既にJR九州労組は2008年春分の提案を受けている(参照)ようで、準備は着々と進んでいるようです。
 ずいぶん前、ブルートレインが短くなっていたのに驚いていましたが、そこまで客が減っていたとは驚きです。
 まあ、僕が乗った10年くらい前も結構少なかったですが・・・。

 ブルートレインの元祖といわれる1956年に東京~博多間で運行を開始したというあさかぜ(2005年廃止)は熊本県松橋町(現宇城市)出身の工業デザイナー秋岡芳夫(1920.4.29-1997.4.17:参照)がデザインしたのだそうです(参照参照参照参照)。
 恐らく、貝塚公園で保存されている車両のことだと思いますが、確かに優美なデザインです。

 この方、三菱鉛筆のuniが代表作のようです(参照)が、当時国産鉛筆が1本10円~30円だったにもかかわらず1ダース600円という破格の値段をつけたのだそうです。
 秋岡氏の言葉が見つかりました。

 消費者であることをやめて、愛用者になろう。買わされる人間から、自ら選んで買う人間になろう。
 最近では「はじめっから、ものは使い捨てるつもり」で買っているのじゃないか。
 いいものを選ぶ努力もしないし、高いものは買う気にもならない」のじゃないか。
「ものをだいじに使って暮らす愛用者」ではなく、「消費させることを目標につくったものを、メーカーの筋書き通りにせっせと消費する人間」に、みんながなり果てているのじゃないか。
 ものをつくる人たちが、つくることばかり考えて、使うことを使う人の身になって考えていないのじゃないか。
 10倍高いものを買っても、10倍長く使えば、使う「ネダン」はおんなじだ。1コ360円の椀は、1年使えばダメになる。でも1コ3600円の椀なら10年は使えるし、飽きもしない。使う人にとってどちらも1日の使用料はおんなじ1円だ。
 造る人にとって1コ360円のものを10コつくってもらうお金と、3600円の椀を1コつくってもらうお金は、おんなじだ。どちらも同じなら、いい方がいいにきまっている。誰も損をしないのだ。
 おんなじ儲けなら、いい椀を、いそがず、ゆっくり楽しんでつくろう。そして、楽しんでつくったいい椀を、楽しく使おう。
 10倍いいものを、10分の1だけつくって、10倍高く売って、10倍長く使おう。
 みんながいい気持ちで暮らせるのだ。みんなのソロバンが合い、造る量も10分の1ですみ、資源のムダづかいもなくなる!!
(秋岡芳夫とグループモノ・モノの10年:参照)

 秋岡氏の誤算は、1価格が10分の1だからといって丈夫さも10分の1であるわけではないということでしょうか。
 まあその分人件費が削られているということでしょうから、物が安ければそれでいいというわけではないという点では当たっているのでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : ブルートレイン

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
こんにちは
こんにちは、ちょくちょく参考にしています。これからも遊びにきます。
【2008/10/24 16:43】 URL | hana #- [ 編集]


ありがとうございます。
お知り合いの方だったでしょうか???
【2008/10/24 17:38】 URL | 兼梨騒也(仮称) #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/398-815a39a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。