湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


障害者自立支援法見直しか?
 久々に福祉ネタです。
 自由民主党(以下自民党)と公明党の与党のプロジェクトチームによる障害者自立支援法見直しの中間報告の骨子が27日に明らかになったそうです。
 福祉サービスの利用料は1割負担が原則になっていて、所得に応じて負担の上限額が定められています。
 11月28日付の朝日新聞の記事によると、2006年から3年限定で実施している負担軽減策(上限額を1/4に下げている)を2009年以降も継続し、現在年収600万円以下とされている対象世帯の範囲も890万円以下に拡大するとしています。
 また、身体障害者に比べて知的障害者や精神障害者が軽い障害だと認定されてしまうと批判の多い判定基準も大幅に見直すとしているようです。
 キャリアブレインの12月5日付の記事によると、上記に加えて障害者基礎年金の引き上げも検討するとしているそうで、事業者が受け取るサービス報酬についても2009年4月に改定を行うそうです。

 しかしこれってどれだけ意味があるんですかねぇ。

 上限額が低く抑えられているのがずっと続くというのは、利用者にとっても事業者にとっても朗報です。
 障害者自立支援法施行当初、1割負担が導入されることで必要なサービスが受けられなくなる利用者が増えることが予想されました。
 でも、結果として僕の周りではそのように利用を控える人はでませんでした。障害基礎年金だけだとみんな最低の収入ですので上限額が安く、結果として年金で賄える範囲で負担額が抑えられたからです。

 ただし、そのためには家族との世帯分離が必要な方もいました。
 また、国民健康保険量などを自分で払った場合は赤字になる可能性が高いことも付け加えておきます。

 利用をやめざるをえなかった人は一人いましたが、それは手間の割に報酬が安すぎるためです。
 報酬の改定と実情に即した判定基準の導入は是非行っていただきたい所です。

 我々の部署では、報酬が月額から日割りになりました。そのため、スタッフを少なくする日を設けて営業する日数を増やしました。
 利用者にとっては利用できる日数が増えたわけですが、実質的にはサービス水準が低下している可能性が高いです。
 働いている側にとっては実質的な賃金引下げになりました。
 でもまだましな方です、正規職員だったのが非正規職員になったという話もよく聞きますから。

 待てよ。僕は元々契約上は非正規職員だったのかもしれない(^_^;)
 ちなみに僕たちの法人では僕たちの実質賃下げが効いてウチの部門だけが黒字を計上しています(微々たる物ですが)。
 最近よその部門も同じようなことを始めたようですが、相当きつそうです。

 12月5日付の中国新聞の記事によると、次期衆議院議員選挙のためのアピールの側面が強く、「実現するかどうかは不透明」だそうです。
 選挙めあてだからこそ、「事業所の収入低下につながる日割り式の単価については、現場からの指摘は多かったが、利用者のメリットを考えて維持する」という結論になったのでしょう。
 実際は上限額に達していたら日割りだろうが月額だろうが払う金額は一緒です。
 素直に「国に金がなくて福祉に金を出す余裕はないんだよ。キミらに今以上の給料を払うと、僕らの高給が維持できないからねぇ。」と言えば良いのにと思います。

 9月28日に出された民主党の案ではこの件も考慮しているようですが・・・。

 今回の与党案は歓迎すべき内容だとは思いますが、物たりない内容だというのが率直な印象です。

【2009年8月7日追記】

 今年度4月から、僕たちに支払われる報酬の単価が上がり、様々な加算も付けられました。
 昨年度は最終的に赤字に転落していたので、今年度は楽になると誰もが喜びました。

 ところが、入居者さん一人一人の査定が測ったように1段階ずつ下げられています。
 どうも高齢者でも同じ事を行っているようで、組織的にやっているという指摘も聞かれます。

 高齢者福祉、障害者福祉に携わる人々の待遇改善のために行われた改革ですが、やったように見せかけているだけなのではという疑問が結構聞かれます。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福祉 政治

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/407-675e76c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。