湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福北連絡鉄道の夢(6)~博多湾鉄道汽船の夢(下)
 さて、以前書いたとおり後の北九州市内線を運行していた九州電気軌道の福岡延伸計画は夢と消えましたが、その後を継ぐ計画がありました。
 それが「福門連絡鉄道」構想です。

 前回僕は「不正経理事件」と書いたと思いますが、どうやら4000万円もの不正手形を出したらしくて俗に「松本事件」と呼ぶようです。
 松本とは、九軌の実権を握っていた松本松蔵氏のことのようです。
結局この事件で九州水力電気に経営権を奪わたのは前述のとおりです。この時九水から派遣されたのが後の西鉄社長村上巧児氏でした。


 1937(昭和12)年5月29日、九州電気軌道の子会社にして大株主の九州土地興業が「九州電気軌道福岡延長線用地(宗像郡神与(輿?)村湾鉄宮地終点以東~折尾町)9万2446坪を湾鉄に売却した」そうです。

 小川功氏の書いた鉄道ピクトリアル(1999年4月)668号の西日本鉄道グループの系譜-戦前期の鮎美を中心に-に引用されている西日本鉄道七十年史の記述から。

 かつてのライバルに土地を売るというのは因縁を感じますが、とりあえずこれを元に博多湾鉄道汽船は神輿村~折尾町間の福門連絡鉄道を出願します。
 ところが1937(昭和12)年7月7日に盧溝橋事件が発生(参照)し、同年9月には臨時資金調整法(参照)が施行されて資金調達が極めて困難になります。

 また、1942(昭和17)年9月19日に西鉄が発足しましたが、その際に湾鉄の土井~新飯塚間、九軌の小倉~行橋間、黒崎~博多間、九州鉄道の大牟田~熊本間、雑餉隈~博多間と共に国からの指導が入ったと「西鉄ぶらり」にはありました。

 そのような事情もあって、申請書は返付されたようです。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 西鉄宮地岳線(現貝塚線) 歴史 博多湾鉄道汽船

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/41-631fce3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。