湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


make it possible with canon
 キヤノンが2003年以降に大分市東部に建設した大分キヤノン大分キヤノンマテリアルの工場建設をめぐり、用地造成と工場建設を請け負った鹿島建設から仲介したとされる大分のコンサルタント会社大光に対し、多額の裏金が渡っていたという報道がされています(参照参照)。

 新聞記事によるキヤノン、大分県、鹿島、大光の関係は下の図のとおりです。
キヤノン・大分県・大光の相関図

 これに対し、キヤノンは鹿島を施工業者に選定した過程について説明し、大光の社長である「大賀規久氏は御手洗会長と同郷の知人で、休日などに会食などで一緒になったこともあります。 また、大分事業所における守衛業務の委託などの取引もあ」るとしながらも、「報道されているような大賀氏の業者選定への関与は承知してい」ないと発表しているようです(参照)。
 また、御手洗氏は日本経済団体連合会(日本経団連)会長としてのインタビューの際このことについて「大光が鹿島とどういう関係にあるか分からないし、私はまったく関係がない」と話しているそうで(参照参照)、このことは海外にも配信されたようです(参照参照)。

 工場用地は大分県土地開発公社が整地した上でキヤノンに売ったのだそうです。
 「県は造成地を50億円でキヤノンに売却すると約束した」そうですが、「造成地の起伏が激しかった」という最初から見れば分かったような理由で「実際の工事にはこれより18億円多い約68億円かかった」とのことです。

 公共事業では、当初の予算より多くかかったと言って水増しする例が多いようです。

 差額の約18億円は大分県が補助金として補填し、計画通り50億円で売却したとのことです(参照)。

 一方で大分県の広瀬勝貞知事は大光の大賀規久社長との関係について、「選挙でお世話になり、その後もたびたび会っている。キヤノンのこともよく教えてもらっている」と話しているそうです(参照)。

 鹿島から大光に30億円以上渡っていたとすれば、大分県土地開発公社(と大分県)とキヤノンが支払った費用からそれが捻出されているわけです。
 言わばぼったくられたわけですからもっと怒ってもいいはずです。
 しかも、大光が丸々裏金を受け取っていたら鹿島の目的は達成できないでしょうから、大分県やキヤノンのエライ方への工作にかなり使われたと見るべきでしょう。

 恐らく、だご汁ややせうまを食わせて竹細工やしいたけをおみやげにする程度ではなく、城下カレイや関アジ関サバレベル以上でしょう。豊後牛丸焼きかもしれない。
 そういや、中津藩士の家に生まれ、中津を嫌っていたとされる大分県の偉人は福沢諭吉でしたね。
 諭吉さんの肖像画をおみやげにしたのかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 事件 社会

テーマ:ワーキングプア(働く貧困層) - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/412-3663fc89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。