湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


新・都築家の人々(11)~学校法人都築関東学園・学校法人都築科学学園
 新聞によると、「都築総合学園」グループの前「総長」が再々逮捕されたようです。
 今度は2007年8月26日に行われたオープンキャンパスの最中に高校生と保護者も乗っている大型バス内での出来事だそうです。
 大学施設から寮に向かう午前11時15分ごろから11時30分までの間に起こったそうです。
 前部の座席にいた女子職員を無理に後部の方に連れて行き、「背広を職員にかけて体を触った」そうです。
 しかも最初に逮捕されたわいせつ行為と同じ女子職員に行ったようで、「かわいくて好きだった」等と言っているようです(参照参照参照)。
 当然受験希望者やその保護者にも目撃されていたようです。
 恐らく福祉大でしょうから女性の希望者も少なくないはずです。

 一時は容疑を一部認めていたという被告ですが、後に全面否認に戻ったそうです。今後の変化が注目されます(参照参照参照)。

 ハレンチ学園(古い)も真っ青です。

 12月28日には学園(グループ)内に設置された第三者委員会が、再発防止策をまとめたようです。
 報道によると、「学園は都築被告を中心に運営され、同被告の決定に逆らえなかった」と指摘し、「被害の一部やセクハラのうわさを同被告が否定すると、それ以上追及して行動を改めさせることができなかったと思われる」という理由でセクハラ防止策として「前総長の学園への復帰回避」を含んでいるようです。
 学園側は即日文科省に提出したとのことですので、まともな学園経営をするのであれば元「総長」が経営に復帰する見込みは絶たれたと見ていいでしょう(参照)。

 今回はそんな「都築総合学園」グループのうち、学校法人都築関東学園と学校法人都築科学学園を紹介します。

学校法人都築関東学園

 学校法人都築関東学園の設立年と本部は分かりませんでした。2004年当時は都築仁子理事長でしたが、現在は都築慶子理事長。

 この学校法人は、1987年に東京情報ビジネス専門学校(校長不明・渋谷区桜丘町24-10)を設置したのが最初のようです。
 ついで、1989年に東京製図専門学校(校長不明・新宿区百人町1-16-26)を設置しています。
 そして1990年には東京国際情報ビジネス専門学校(辻雅彦校長・豊島区東池袋3-20-15)と東京科学電子工業専門学校を設置。後者は2000年に東京デジタルテクニカル専門学校(森田孝校長・台東区上野7-7-4)に名称変更したようです。
 翌1991年には名古屋デジタルアート専門学校(寺倉守校長・名古屋市中村区椿町13-7)と名古屋工業専門学校(寺倉守校長・名古屋市中村区椿町13-7)を設置。

 現在6つの専門学校を擁する学校法人のようです。

学校法人都築科学学園

 「都築総合学園」グループの9つの学校法人のうち、最後に紹介するのが学校法人都築科学学園です。
 この法人は2006年まで学校法人東京科学学園という名称だったようですが、いつ設立されたのかや所在地は分かりませんでした。理事長は学校法人姫路学院(参照)理事長と第一薬科大学副学長も兼務する吉武毅人氏。

 氏は統一教会のイベントに祝電を送ったことで知られているようです(参照)。
 2005年の第一福祉大学紀要に「健康保養地制度創建のための現地調査より」という論文を書いていることから(参照)、第一福祉大学にも籍があるのかもしれません。
 平成19年度第24回日本薬学会九州支部大会で横山さゆり氏の「薬学生の国際保健医療協力に関する意識調査」という発表に名を連ねていることから(参照)、研究指導も行っているようです。
 また、1995年3月の「月刊 精神科治療学」で清原裕氏、藤島正敏氏とともに脳血管性痴呆の危険因子とその対策という論文を発表しているようです。
 1997年には笹本健氏と「健康運動指導士の現状と今後の展望」という論文を栄養学雑誌に発表しているようです(参照)。
 まあ、後者2つは同姓同名の可能性もありますが(^_^;)

 1990年に東京科学情報ビジネス専門学校(校長不明・立川市曙町1-13-13)とデジタル東京専門学校(町田市原町田5-10-16)を設置。ただし後者は2004年に廃校になっています。廃校当時の校長は不明ですが、副校長は都築慶子氏でした。

 ちなみに前者のサイトもなくなっていました。「情報ビジネス」なのに・・・。

 そして2003年に関東柔道整復専門学校(・立川市曙町1-13-13)を設置しています。

なぜこんなに学校法人があるのか?

 中小企業のオーナー企業などでは、グループ会社をたくさん作ることがあります。
 それは、「税制面では、交際費の損金算入枠や法人税の軽減税率、消費税の簡易課税の選択など、いくつかのメリットがあ」るから(参照)だそうです。
 でも、中小企業なんですかね。

 これだけは言えますが、いくつも法人があるとポストが増えます。そのポストを兼任すれば、その分収入が増えます。
 ただ、法人から見れば無駄な出費が多いということです。

 多数の法人を作るのには、僕には分からない理由があるのかもしれません。
 でも、学園から経営者一族がより多くの収入を得るためだといわれても仕方ないのが現在の体制なのではないかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 教育 都築総合学園

テーマ:専門学校 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/428-e0ea4bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。