湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


公約
 遅ればせながら古賀市長選挙の結果に関する報道を初めて読みました。

 古賀市長選は26日投開票され、いずれも無所属で現職の中村隆象氏(58)=自民・公明推薦=が、新人で前市議の奴間(ぬま)健司氏(54)を破り、3選を果たした。当日有権者数は4万4066人。投票率は52・94%で前回(50・59%)を2・35ポイント上回った。【中原剛】
 中村さんの当選が決まると、古賀市久保の事務所近くの駐車場は、集まった支援者らの歓声に包まれた。中村さんは「『日本一住みたいまち』に近づくため、皆さんと真摯(しんし)に話し合いながら、少子高齢化や環境問題のほか、100年後をにらんだ人材育成にかなり精力を割いて取り組みたい」と決意を述べた。
 今回、中村さんの陣営は「前回に比べて有権者の反応が鈍い」として危機感を持って臨んだ。推薦は今回初めての自民、公明両党を含む17団体に上り、万全の態勢を敷いた。先の福岡市長選で自民党推薦の現職が敗れたことから引き締めを図り、街頭演説や個人演説会を精力的にこなした。
 奴間さんは「市長給与の20%カットや助役を2人制から1人制にして財政の立て直しに全力を注ぎ、市民参画のまちづくりを進める。生ごみを資源として生かす資源循環型都市を目指す」と訴えたが及ばなかった。
(選挙:古賀市長選 中村氏3選 「人材育成に精力割く」 /福岡毎日新聞11月27日朝刊)


 この記事を嬉しい驚きをもって読みました。だって、「『日本一住みたいまち』に近づくため、皆さんと真摯に話し合いながら、少子高齢化や環境問題のほか、100年後をにらんだ人材育成にかなり精力を割いて取り組みたい」と言っているんですよ。
 例のマニフェストには人材育成はありましたが、環境問題や少子化対策はなかったのですから。

 宮地岳線存続問題に絡んで市長にお会いした時に、環境問題に関心があるだろうなとは思いましたし、いくつかの市長の行動がそれを裏付けていました。
 また、高齢化問題についても一家言あるだろうと、実際行った政策から推測していました。
 でも、明文化されたのを見てなかったんですよね。

 こういうことは、選挙前から積極的に訴えていくべきではないのかなと思います。
 いないとは思いますが、もし仮に環境問題を考えるのが大嫌いな人がいたら市長に騙されたと考えるかもしれません。

 どんな目標を立てるときも、現状分析があり理想があって目標が生まれるのだと思います。
 目標を達成するためには、大きな目標を達成するための小さな目標が必要です。また、それに到達するためには具体的にどのような行動をとらなければならないか考えておく必要があるでしょう。
 もちろん、そんなものは頭の中にあると言われる人もいるかも知れませんが、政治家の場合、当選しなければ何もできません。当選しても市民が納得してついて来なければ始まりません。
 政治家は、自分の目標とそれに至る方法をきちんと示すことが必要なのではないでしょうか?

 今回の古賀市長選挙。現職が落ちる要素はまったくないと僕は分析していましたが、現職陣営はかなり焦っていたように見受けられました。
 それは、とりもなおさず支持者以外の市民に考え方が浸透していないと自分でも分かっていたからではないかと思います。
 今回はあえて苦言を呈しますが、市長は今期、もっと透明性を高めて欲しいと思います。

 ここ数年の古賀市独自の政策には、地味だけど評価すべきものがたくさんあります。でも、あまり知られていないのが現状です。
 以前市長のブログに期待を込めて苦言を呈したことがありますが、もっとご自身の考え方や政策を広く知ってもらおうという努力をしていただけないだろうかと思います。

 実際市長と会ったことのある人に話を聞くと、悪く言う人はあまりいません。でも、市長に会えない市民もたくさんいます。
 色々な機会を捉えて情報を発信し、意見を受け止めていっていただきたいと思います。

 中にはとんでもない意見もあって苦労するでしょうが、きちんと情報共有できればそのような意見は少なくなるだろうと思います。
 これは自戒を込めての意見ですが。


【2009年5月26日追記】

 改めて読み返すとえらそうな文章ですねー。
 訂正しようかと思いましたが、あまりにひどくて訂正できません。恥ずかしいですが、残すことにします(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 古賀市 古賀市政 地方自治 政治 古賀市長選挙

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/43-ac1ff189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。