湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福津市区長視察研修旅行
 前もどこかで見た市民オンブズマン福津が、また新聞に出ていました。
 結構活躍しているみたいですが、古賀市には市民オンブズマンはあるんですかね?


 福岡県福津市が2005年に合併して発足以降の3年間、行政区長の視察研修旅行を九州各地の温泉などで計6回行い、約580万円の費用全額を公金から支出していることが9日、分かった。視察報告書は作成されておらず、市民からは「行政丸抱えの観光旅行で時代にそぐわない」との指摘が出ている。
 同市は05年1月、旧福間町と旧津屋崎町が合併。市によると、視察研修旅行は区長間の親睦(しんぼく)を深め、観光や防災などの地域づくりに生かす目的で、旧福間町時代の少なくとも約30年前から続けているという。
 合併後も1泊2日の日程で市職員が同行。区長を対象にした旅行と18人の幹事区長対象の旅行を年1回ずつ実施。
 西日本新聞が情報公開請求で入手した資料などによると、05年11月には区長56人が鹿児島県に行き、酒造メーカーで試飲をしたり、知覧武家屋敷、特攻平和会館などの観光名所を見学して指宿温泉のホテルに宿泊。06年11月には区長48人が大分県豊後高田市の「昭和の町」などを訪れ、別府温泉のホテルに滞在。計6回のうち3回はJR特急のグリーン車で往復していた。
 市は、交通費と日当2000円、一律の宿泊費1万5000円に加え、食費なども含めた費用約586万円の全額を「特別研修旅費」名目で支出し、議会承認も得ていた。
 視察報告書は、昨年11月に長崎県雲仙市に行った際、ごみ処理の「提言」をまとめたことはあるが、正式には1度も作成していなかった。
 行政区長は特別職の地方公務員で旧福間町に58人、旧津屋崎町に33人いる。高齢者の声掛け訪問などを担当し、年間報酬15万円。
 旅行に参加した区長の1人は「旅先ではまじめに議論した一方、必要なのかという意見もあった」。市民オンブズマン福津の城野久悟代表は「区長の慰労目的と言われても仕方がない。市の財政は厳しく、全額を税金で賄うのはやめるべきだ」と批判している。
 福津市生活安全課は「人材育成の面で成果があったと考えているが、時代の流れもあり、予算は縮小する方向で検討する」としている。

■公金使う必要性 疑問 九州大法学研究院の田中孝男准教授(地方自治法)の話

 コミュニティー再生の手段として先進地に学ぶことはあるが、行政施策の一環であれば、具体的な手段で成果を検証せねばならない。報告書も作成しないような視察は、この時世に有り得ない。そもそも、公金を使って行政区長同士の一体感を深める必要性があるのか疑問だ。
(名目視察 実態は「観光」 福津市、報告書もなし・2008年01月10日付西日本新聞)

 うーん。
 グリーン車は豪華すぎると思いますが、視察研修旅行は全額公費で行ってもいいんじゃないですかねぇ。

 区長さんといえば、地域の中心です。地域の自治や地域振興なんかの住民側の中心となって働いてもらわないといけない人たちです。
 僕は津屋崎地区の地域起こしには豊後高田市が参考になると思っていますし、ぜひ一度行ってみたいと思っています。

 行ったこともないのに参考になるとよくも書けたもんだと自分で感心しています。

 そういった場所に区長さんが行ってくれるというのは、住民にとってもありがたいことなのではないでしょうか。
 その経験が生かしてもらえればの話だとは思いますが。

 今後は、報告書をきちんと出すなどの改革は必要でしょうし、区長さん側からの問題意識で目的地を選ぶなどの工夫も必要だとは思います。
 「必要なのか」という意見が出る視察ではなく、「必要だ」と思わせる視察であったほしいと思います。

 それと、区長だけではなく地域の中心となって活動する人が、活動の参考にするために視察する際の補助があればいいんじゃないですかね。
 区長の視察もそれと同じ扱いにすれば、面白いと思うのですが。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福津市 福津市政 地方自治 政治

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/432-44da0fed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。