湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


サンダカン玩具工場
 農薬ギョウザ事件すごいですね。
 生協の冷凍ギョウザを買ったと思ったら、それが実は日本たばこ産業子会社から買ったもので、それが実は双日子会社から買ったもので、それが実は中国の河北省食品进出口(集团)(河北省食品輸出入集団)天洋食品厂 (天洋食品工場)が作ったものであるというわけのわからなさです。
 メーカーって、何?

 で、今回は中国の鉄道模型メーカーについて調べました(なんでやねん)。

<同じ企業がライバル社の製品を作る>

 日本には、KATOTomixMicroAceという3つの大手鉄道模型ブランドがあります。
 このうち、MicroAceの商品とTomixの中国製生産の製品は、同一の中国企業に製造委託(OEM?)されているといわれています。
 例えばMicroAceだと「1990年代半ばより(略)自社では企画だけを行い、設計製造は中国のメーカーに委託するようになった(参照)」とされているようです。
 あと、小型電車などを出しているmodemoというブランドも同じ企業に委託しているといわれています。

 なお、それぞれの会社がその会社に製造等を委託しているという情報は正式には確認できませんでした。
 KATOはカトーと読み、株式会社関水金属のブランドのようです。
 Tomixはトミックスと読み、株式会社タカラトミー(元株式会社トミー)の子会社である株式会社トミーテックのブランドのようです。
 MicroAceはマイクロエースと読み、株式会社マイクロエース(元株式会社有井製作所)のブランドのようです。
 modemoはモデモと読み、プラモデルメーカーとして知られる株式会社ハセガワの鉄道模型におけるブランド名のようです。


 ところがこの会社、「サンダカン」という名前であるほかはほとんど日本語での情報がありません。

 しばしば「酸兌換」と表記されますが、明らかに当て字でしょう。


<謎のサンダカンは世界企業?>

 この会社、世界各国の鉄道模型メーカーが委託している有名企業だそうです(参照参照参照)。
 ところが調べても、マレーシアのサバ州にあるサンダカン(Sandakan・山打根・参照)しか出てきません。

 日本では山崎朋子という人の書いたサンダカン八番娼館という本で有名なようですね。


<世界企業なら英語で調べてみよう>

 で、英語で「Sandakan」を軸に検索してみました。
 日本語よりはましですが、欧米の鉄道模型メーカーがサンダカンに生産委託することで値段が下がったらしいということしか分かりません(参照参照)。
 どうやら1970年代前半には存在していた香港の会社のようです(参照)。

<それでは中国語で調べてみよう>

 ここはやはり、国連公用語のひとつでもある中国語に頼るしかないでしょう。サンダカンの中国語表記である「山打根」に、会社をあらわす「公司」をつけて検索してみました。
 すると、結構な量が引っかかってきました。
 でもなぜか、求人広告(参照参照参照参照参照参照参照)ばかりです。待遇が悪いのか??

 読むと「玩具火车(火車)」とあるので、ここに間違いないでしょう。

<山打根玩具厰のあらまし>

 山打根玩具厂(厰)(以下サンダカン玩具工場)は、山打根实业(実業)有限公司(以下サンダカン実業株式会社)という企業のようで、东(東)莞山打根玩具厂(厰)(以下東莞サンダカン玩具工場)と深圳山打根玩具厂(厰)(以下深センサンダカン玩具工場)の2つの子会社があるようです。
 深圳(セン)(以下深セン)の工場は10.9万平方mの広さがあり、従業員は8000人を超えているそうです。
 しかも、ISO9000とISO14001を取得済。ぜひ写真が見たくなります。

 サンダカンは、1973年に香港で創業したようで、1981年にサンダカン実業株式会社を設立しています。
 そして1984年には東莞サンダカン玩具工場を設立、1988年には深センサンダカン玩具工場を設立しているようです。
 深センの会社名は「山打根科技(深圳)有限公司」のようです。住所は「广东深圳宝安区松岗镇溪头村山打根公司」のようです。

 一応、hksandakan.comというドメインをもっているようですが、ホームページは作っていないようです。

 sandakan.com.cnとsandakan.comも調べてみましたが、ないようですね。


<元トミーの香港製貨車との関連は?>

 香港発祥ということで、昔香港製だったというTomix製品との関連を調べてみましたが、「1974年にトミーナインスケールブランドで製品を販売した」ものの大部分は、「米国バックマン社製品をOEMする香港ケーダー社の製造」だったそうです。
 また、株式会社河合商会が現在発売している貨車に関しても「初期の貨車(香港製OEM品)は取り扱いを中止し、その後金型を保有するケーダー社より製品の供給を受けたグリーンマックス限定品や河合商会製品として復活販売されているものもある」とのことでした(参照)。

<世界最大の鉄道模型製造会社はケーダー?>

 ケーダー社とは、1948年に香港で設立された会社だそうで、設立者は丁熊昭(Ting Hsiung chao)氏だそうです。「現在、世界で最も多く鉄道模型と鉄道おもちゃを製造するメーカー」とされているようです(参照)。
 英文での社名はKader Industrial Company Limited。こちらはちゃんとホームページもあります。


【2008年5月21日追加】

 某巨大掲示板群のMicroAceスレにおいて、当記事の一部が引用されていました。非常に光栄なので、記念して少し修正しました。
 ただ、僕はあまり詳しくはないので誤り等あったら指摘していただけると助かります。
 また、「元トミーの香港製貨車との関連は?」と「世界最大の鉄道模型製造会社はケーダー?」を追加しました。

【2012年9月27日追加】

 サンダカンは2004年にJPモルガンに買収され、さらに2008年にケーダーに買収されたのだそうです。
 JPモルガンに買収されてサンダカン創業者は経営から退いていたようですが、ケーダー買収後に復帰したとの事です(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 鉄道模型 サンダカン

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

Good Job ( ^ー゚)b
【2008/02/26 23:41】 URL | 泣き虫店長 #- [ 編集]

お褒めにあずかりまして?
 お褒め頂いて(いるんですよね?)恐縮です。
 あまり詳しくないので、何かご指摘があればお聞かせください。
【2008/02/27 16:10】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/448-0ac7f7e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。