湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福津市市長交際費問題が新聞に・・・
 昨日は仕事関係の会合がありました。最後は福祉にもう少し金くれよという愚痴になりました。
 やはりお役所の方は現場の実情をよく分かっていらっしゃらないというお話でした。
 別に贅沢したいというわけじゃなくて、普通に生活したいだけなんですがねぇ。

 まあ、福岡市はまだましな方といえばましな方ですが。

 そんな中、福津市の池浦順文市長が、職員との懇談会の際に1人分2000~3000円を市長交際費から補助していたという記事が出ていました。
 是非僕とも交際していただきたいなぁ。


 福岡県福津市が、2006年度から始めた池浦順文市長と職員の懇親会「市長と語る会(居酒屋編)」に出席した若手・中堅職員に、飲食の補助金として1人2000‐3000円を公費の市長交際費から支出していたことが4日、分かった。懇親会は昨年12月まで11回開かれ計51人が参加、交際費12万7000円が使われた。市は「不適切な支出だった」として今年1月の開催分から補助を廃止したが、「税金で職員をもてなす非常識な行為」と批判が出ている。
 同市は05年1月に旧福間町と旧津屋崎町が合併し、旧福間町長の池浦氏が市長に就任。市広報秘書課などによると、職員との意見交換の中で「懇親会形式の方が本音で話すことができる」との意見があり、「語る会」後の懇親会が始まった。
 1‐2カ月に一度の「語る会」終了後に福津市内の居酒屋に移り、希望した職員と池浦市長、荒牧元比古副市長が参加。毎回飲み放題付きの5000円程度のコースを注文した。しかし、会計時には交際費補助分として職員1人当たり2
000‐3000円をあらかじめ差し引き、残額を参加者で割り勘していた。06年度に6回(参加職員25人)、07年度は昨年12月までに5回(同26人)開き、全員に同様の措置が取られたという。
 同課は「職員の負担軽減策として少額なので交際費から支出した。軽率で不適切だった。1月から補助は廃止した」と説明。池浦市長は「合併後、増加した職員の顔を覚えるためにも話す機会を増やす目的だった。交際費に対する考えが甘く、(支出分を)返還する考えもある。懇親会は自己負担制で今後も継続したい」と話している。
 総務省は、「私費での飲食代支出は寄付行為になり公選法に違反するが、公費からの支出は直ちに違法ではない。ただ、一般的に交際費支出は公益上必要な場合に限られ、今回、公益性があるかは微妙だ」としている。

■公益性なく返還必要 九州大法学研究院の田中孝男准教授(地方自治法)の話

 金額の多少ではなく、市民感覚からずれた支出。職員の飲食代を補助するのは公益性がなく、支出は市長の裁量権を逸脱している。市長は返還する責任があるだろう。
(市長交際費で職員“接待” 福津市 計11回12万円超 市長と語る会「考え甘かった」・2008年2月5日付西日本新聞朝刊)


区長研修旅行は観光旅行?

 福津市の市長交際費については、福岡市の情報会社データーマックスが、以前から「怒れ!福津市民」というシリーズで告発していました(参照)。

 以前書いた区長の研修旅行に関しても、西日本新聞と同じ1月11日付で書かれた(参照)のを皮切りに4度に渡って書いています(参照参照参照)。

 西日本新聞の記事ではまだ研修旅行のような感じがしていたのですが、行程表を見る限りどうも観光旅行っぽいですな。


浄化センター地元対策委員会の会議は寿司・酒付き?

 その後、この特集は常識を覆して上西郷地区の高台に建設中の下水道浄化センターに関する「上西郷地元対策委員会会議」について書いています。
 で、この会議は会議と称しつつなぜか寿司やビールが出るらしいです(参照)。しかも福津市長選挙後初の会議の会場は民宿だった(参照)そうです。
 地場産業振興のためにはいいことだと思いますが、これを会議と称するのかは意見が分かれると思います。

 まあ、アメリカでは昼食を食べながら会議したりするらしいですからね。ウチの職場も食事しながら会議することがあります。
 さすがに酒は飲みませんが。


市長交際費で官官接待?


 で、特集はし尿処理場の地元対策のために市長交際費が使われていたことを明らかにし(参照)、市長交際費に切り込みます。
 なぜか顧問弁護士にビール券を50枚贈っている話(参照)や職員の出張旅費が高い点(参照)に触れた後、本題は国土交通省の役人に手土産としてうにの瓶詰めを持っていたという話になります(参照参照参照)。
 このような手土産はいわゆる官官接待にあたり、禁止されている範疇のものだそうです(参照)。
 ところが相手は受け取っているわけで、実際はそのような手土産が横行しているのではないかと推測できます。

福津市だけの問題か?

 これは福津市だけの問題ではないと思います。
 福津市が中央官庁の役人への手土産をやめても、他の自治体が続けている限り正直者が馬鹿を見る結果になってしまいます。
 問題は、福津市にたかっている(しかもたかっている自覚のない)中央官庁の役人なのではないでしょうか?

 同様に、僕たち一般市民も行政にたからないように気をつけないといけないのかなと思います。
 たかっている時は得した気になりますが、結局は自分たちの財布から出た税金なのですから。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福津市 福津市政 地方自治 政治

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/451-19e0b0ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。