湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


宮地岳線の電車が解体されていました
 本物のディーゼル機関車がYahooオークションで売りに出されているようです(参照)。

 昨年の4月あたりから、JRで貝塚駅のそばを通るたびに電車を解体しているのが見えていました。
 それがひと段落したと思っていたら、先日また解体しているっぽい電車を見かけました。

307F(307-327-357)解体

 なぜか、300形の357号が多々良車輌基地の隅に1両だけ留められています。
 なぜか運転席側のドアの左下にあった銘板だけ取り外されています。
解体を待つ(?)300形357

 隣のレールの上には、緑のシートに包まれた物体が4つありました。多分、相棒の307号と327号の台車なのでしょう。

 357号は、1948(昭和23)年に作られたとは思えない綺麗な塗装で、とても解体を待っているようには思えません。
 もしかして、どこかで保存されるのではないかと思わせるほどでした。

 Wikipediaによると、307編成(307F)は2007年12月25日に廃車になったのだそうです(参照)。

600形609号解体

 多々良工場の方を見ると、今度は600形が1両解体中でした。
 恐らくこれは、ヘッドライトの形から見て唯一の3両編成である608F(608-609-659)の中間車609号でしょう。
解体中の600形609号

 これもWikipediaによると、「2007年末頃に608Fの定期運用が終了し、中間車(609号)が廃車となっている」のだそうです(参照)。

子どもの頃から慣れ親しんだ電車

 正直、僕は鉄道車輌にはあまり詳しくありませんし、あまり興味もありません。
 特に600形は最近(1990年以降)来たばかりですし、300形は僕が子どもの頃からずいぶん形が変わってしまいました。
 両方とも、思い出のある電車というにはかなり無理があります。
 でも、やっぱり寂しい思いはします。

 その後動物園に行って、こちらは子どもの頃からあまり変わっているようには思えない汽車に乗りました。
福岡市動物園の豆汽車

 うちの子どもは乗るよりも見るほうが楽しそうでした。

 この他にも、動物園の遊具は懐かしいものがいっぱいでした。もちろん動物を見るのも楽しかったですが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 西鉄宮地岳線(現貝塚線) 西鉄300形電車 西鉄600形電車

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/457-15915f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。