湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


勝浦・津屋崎塩田の遺構
 仕事場で書類を書きながらテレビをつけていると、TBS世界遺産をやっていました。
 普通の(?)仕事をしていた時は、これを見ながら月曜日の準備をしていたのですが、久しぶりに見ましたね。

 ウチでも「太田遺産」という企画が密かに潜行企画中です。
 浮き上がれなかったりして(^_^;)

 で、今回はスペインはバスク地方のビルバオにあるビスカヤ橋(参照参照参照)。世界最古にして現存では世界に5つしかない「運搬橋」のひとつだそうです。

 これくらいユニークだと、文句のつけようがないですな。

 さて、津屋崎で23日に九州うみがめっこ会議が開かれたようですね(参照参照参照)。
 この海がめが産卵する美しい海で、明治時代末まで製塩が行われていたことをご存知でしょうか?
 てか、僕も2006年の7月くらいまで知りませんでした。
 その遺構が今も残っています。

熊本塩務局塩倉庫

 まず一つ目が熊本塩務局塩倉庫。
 塩務局というのは大蔵省の管轄だったようで、後に地方専売局となった組織のようです。
 後に日本専売公社になったあと、今話題の日本たばこ産業になった組織の出先機関ですな。
 福間から宮地嶽神社前を通り勝浦に向かう道が、津屋崎の入り江にぶつかるあたりの空き地の隅にひっそりと建っています。
草生す熊本塩務局塩倉庫

 これは7月に山笠を見に行った時に(参照)撮った写真なので、草が生えまくっています。
 写真ではちっとも分からないと思いますが(当たり前だ)、この木立ちというか茂みの中に小さなレンガ造りの建物(約34平方m)が建っています。

 塩倉庫とは、「明治政府が塩の専売制をとり、品質を検査した施設」だそうで、ここは黒田藩が1666(寛文6)年に開いた勝浦塩田と1741(寛保1)年に開いた津屋崎塩田からの塩を検査していたようです。
 専売化をする2年前の1903(明治36)年には両塩田あわせて福岡県の製塩高の36%である48310石だったそうで県内生産量の3分の1を占める県内最大の産地だったそうです。
 ところが塩分以外の成分が多かったため、専売後の検査に引っかかることが多く、生産量が落ちていったそうです。
 それで、明治末には両塩田とも廃止されたそうです。
 戦中から戦後にかけて一時復活したそうですが、その後は再び使われていないそうです。

 この建物は今年中に解体される予定だそうです(以上、参照参照参照)。

 僕の写真では何がなにやら分かりませんので、All-Aさん記事津屋崎干潟プロジェクト記事気ままよろず日記さん記事気まま探索日誌さん記事津屋崎郷土史会さん見学の模様を貼っておきます。

 暇ができたら写真撮りに行くから怒らないで~(>_<)

【2008年5月22日追加】
 再訪したときの写真を本日付記事で掲載しました。

旧津屋崎塩田製塩用煙突

 次は旧津屋崎塩田製塩用煙突です。
 これは、一緒に行ったつやざき千軒いきいき夢の会関係の方もご存じなかったのですが、車中から僕が見つけました(^^)v

 これは、先の津屋崎から勝浦につながる道の山手側に建っている煙突です。
旧津屋崎塩田製塩用煙突

 All-Aさんによると、この煙突は1935(昭和10)年頃竣工したそうで、それだと塩田より後になってしまいますが、コメントによると戦中戦後の塩不足の折に一時再開した時に作られたものだそうです。

津屋崎の塩 復活?

 津屋崎では、いくつかのグループが当時の製塩法を再現するなどの活動をしているようです。
 なお、宮司に塩工房野次馬(ブログ)なるお店があるようです。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福津市 歴史

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント
運搬橋
タケ@ALL-Aです。私の記事にリンクを張っていただきありがとうございます。塩倉庫の解体情報はニュースソースが曖昧なので今のところ何とも言えませんが、こちらでも情報収集してみます。

それと、先日の「世界遺産」は運搬橋でしたか! ノーチェックでした。早速、29日(金)のBS-iの再放送を録画予約しました。実は私、運搬橋とか可動橋とか変な橋が大好きなんですよ。運搬橋は私も調べたことがあります。ウィキペディアによると現存する運搬橋は8本だそうです。

私のブログの記事
http://blog.all-a.net/?eid=156606
【2008/02/26 00:03】 URL | タケ #XjNQc0GY [ 編集]

ご無沙汰しております
 今年中に取り壊しかもという情報源はこちらです。

http://tsuyazaki.jugem.jp/?eid=35

 津屋崎は今藍の家や乙藤喜太郎商店など古い建物の再生がされている最中ですから、こちらも何か動きがあるかもしれません。
 最近津屋崎に行っていないので情報が入らないのですが・・・。

 僕も調べてみます。

 運搬橋ってそんなに有名なんですね。僕は始めて見たのでかなり驚きました。
 現存が5つという元ネタはこちらです。

http://www.spain.info/JP/TourSpain/Reportajes/0/Puente%20Vizcaya%20UNESCO?SubSys=Dstntn

 こちらによると、現存するのはビスカヤ橋のほかにフランスのRochefort、イギリスのNewport、ドイツのOstem、アルゼンチンのBuenos Airesだそうです。
【2008/02/26 02:26】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


津屋崎干潟プロジェクトのブログを書いていたものです。
僕らのブログにリンクをはっていただいてありがとうございます。

塩倉庫解体の情報ですが、去年の11月に津屋崎を散策した時
倉庫の前で会った(おそらく)地元の人に聞いた情報です。
後に別の知り合いの住民の方に聞いたところ既に知っていました。
ただ、市役所の方に聞いたらご存知ではありませんでした。
僕もまだ確実な情報は手に入れいません・・・
【2008/08/19 19:01】 URL | Shinya #- [ 編集]

私は津屋崎にすら行けてない
 無断リンク申し訳ありません。あまり反省していませんが・・・。

 この前新聞で勝浦の水路も取り上げられていましたね。
 私は津屋崎にすら行けていないので、知り合いには全然聞けていません。勝浦の水路とあわせて近いうちに行きたいのですが、こうガソリンの高騰が続くと家族の理解を得にくくて・・・。
【2008/08/20 14:17】 URL | 兼梨騒也(仮称) #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/466-300cef2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。