湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


うれしいでした
 鹿児島には標準語ではない標準語があり、それを「からいも標準語」と言っています。

 冷静に考えると単なる方言なのですが・・・(^_^;)

 主に、なまっている標準語というような意味で使われますが、語彙等に関しても一般的な他地域とは異なる場合があります。

 今日、帰る途中ラジオを聞いていたら、思想信条の自由だと拒否しそうにない人を狙って受信料の督促をしている某放送組織のアナウンサーが「楽しいでした」に関係する話をしていました。

 「楽しいでした」とは、鹿児島の子どもたちの作文に見られる表現で、他地域で「楽しかったです」に相当します。
 つまりは、過去に「楽しい」ことがあったと丁寧に言っているわけです。
 某アナウンサーの話によると、そもそも「形容詞+です」は誤りで、通常は「名詞+です」が正しかったそうです。
 このような場合、過去においては「楽しゅうございました」もしくは名詞に置き換えて「愉快でした」というのが正しかったのでしょう。
 ところが、昭和27年に文化庁だかなんだかが「形容詞+です」を容認したのだそうでここで表現が分裂したようです。
 従来の「たのしゅう+ございま(す)+した」という「形容詞+丁寧+過去」の並びのまま移行した「たのしい+でし+た」と、「形容詞+過去+丁寧」の順になった「たのし+かった+です」の2つです。
 一応、「たのしかったです」が一般的だそうですが、「たのしいでした」も誤りではないのだそうです。

 ちなみに鹿児島では、「楽しいでした」と日常で使うことは稀な気がします。
 先生が子どもの前で話すときや、作文に書くときなどに限られているように見えます。
 とすると、学校教育が産んだ地域的言語表現なのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント
鹿児島弁と言えば…
二十歳くらいの頃に勤めていた所は鹿児島が本社の会社で、怒られているのか誉められているのか、はたまた問われているのか全く解らず、相当苦労した覚えがある。

今となっては懐かしい思い出だが、、、
【2006/12/07 05:54】 URL | 主幹 #- [ 編集]

僕も
 僕もそういうことがしょっちゅうありました。
 まあ、誉めてくれる上司ではなかったですが(^_^;)
【2006/12/12 02:41】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/48-a8bd5961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。