湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


古賀市の落札率
 落札率については以前書きました。
 今回は、入札結果一覧を元に2008年3月末までの古賀市の落札率を出してみようと思います。

2007年度古賀市の落札率は90.99%

 この資料では、「測量・コンサル入札結果一覧」と「物品・役務等入札結果一覧」には入札予定価格がないので「工事入札結果一覧」だけを基にして落札率を出すことにします。

 結果は落札率90.99%

2007年度古賀市の談合疑惑度は67.69%


 内訳として、65の契約のうち95パーセントを上回っているのが44件で全体の67.7%。90%以上95%未満の契約が10件で全体の15.4%。85%以上90%未満の契約が3件で全体の4.6%。85%未満の契約が8件で全体の12.3%になっています(下表)。

落札率

契約数(件)

割合(%)

95%以上

44

67.69

90%以上95%未満

10

15.38

85%以上90%未満

3

4.61

85%未満

8

12.31

 落札率の調査をしている全国市民オンブズマン連絡会議では、95%以上で落札された工事が談合があった疑惑があると定義づけているようで、そういった工事の割合を「談合疑惑度」と名づけています。
 つまり、古賀市の談合疑惑度は67.69%ということになるかと思います。

 ただ、役所も業者も同じような方法で費用を算出しているわけですから、数字が似てくるのは仕方のないことなのかもしれません。

落札率の上限が85%だった場合には2億5586万3665円が節約可能

 古賀市の1年の契約総額は13億2420万2800円だったそうです。
 そこで、試しに落札率が低ければ節約できた金額を算出してみました。



節約額(円)

落札率の上限が95%だった場合

147,673,765

落札率の上限が90%だった場合

198,209,265

落札率の上限が85%だった場合

255,863,665

 落札率の上限が95%だった場合には、1億4767万3765円節約でき、90%だった場合には1億9820万9265円節約でき、85%だった場合には2億5586万3665円節約できたようです。
 もちろん、税金が節約できればすべて良いとは思いません。
 工事費が高ければ、その分工事に携わった人に給料を多く払えます。

受注調整?

 ただ、ひとつ疑問がありました。
 古賀は小さな町ですから、そんなに沢山の工事があるわけでもなく、そんなに沢山の業者がいるわけではありません。
 ですから、分野によって入札する業者がある程度固まっています。
 ですが、その中で結構落札する業者がきちんと分散しているのです。

 ちょっと例を見てみましょう。

落札率順位

件番

入札年月日

件名

契約額

入札予定価格

落札者

入札参加業者名

落札率

1

9

平成19年6月28日

平成19年度市単独公共下水道事業庄6号雨水渠改修工事

2,929,500

2,960,000

A社

A社、B社、C社、E社

98.97

2

26

平成19年9月14日

青柳拂川改修工事

2,509,500

2,540,000

C社

A社、B社、C社、E社

98.80

3

64

平成20年2月18日

薦野地内防火水槽蓋設置工事

1,974,000

2,000,000

C社

A社、B社、C社

98.7

4

62

平成20年1月25日

平成19年度花見・佐谷線歩道設置工事

2,362,500

2,400,000

A社

A社、B社、C社

98.44

6

31

平成19年10月11日

平成19年度古賀市河川除草業務委託

2,467,500

2,510,000

B社

A社、B社、C社、D社、E社

98.31

10

1

平成19年4月26日

東地内雨水路整備工事

1,764,000

1,810,000

D社

A社、B社、C社、D社、E社

97.45

36

2

平成19年4月26日

古賀103号線側溝改良工事

1,260,000

1,310,000

B社

A社、B社、C社、D社、E社

96.18

 こうして見ると、すべての入札に参加しているA社、B社、C社が2回ずつ、3回参加したD社が1回、5回参加したE社が0回という結果になっています。
 もちろん、お互い生活があるのだからと仕事を譲り合うのは、悪いことではないと思います。
 ウチは仕事を取りすぎたからとお互いに遠慮した結果ならば法律的にも悪くないんじゃないかと思います(あまり知らないけど)。

 ただ、自治体職員や政治家が絡んでいたら問題でしょうけど。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 古賀市 古賀市政 地方自治 政治

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/488-6b68fe74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。