湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


熊本電鉄はバス転換?
 熊本電鉄をLRT化して都心部に乗り入れる計画が進行していたように記憶していますが、どうも一気にバス転換したほうが良いのではないかという考え方が主流になってきているようです。


熊本市の熊本電鉄藤崎宮前駅と、通町筋周辺の都心部を結ぶ公共交通について検討が進められています。これまで鉄道で結ぶ方向で検討されていましたが、交通への影響や採算性など考慮し、熊本電鉄の線路を活用した新しいバスシステムを中心に検討することになりました。
熊本市や合志市、国などでつくる委員会で検討しているものです。藤崎宮前駅から都心部まで国道3号、上通りアーケード、坪井川沿いの市道の3つのルートを鉄道で結んだ場合の事業費や採算性などを検討した結果、概算の事業費は145億から401億円で、上通りルート以外は採算が見込めず、周辺の交通への影響も大きいことが報告されました。これを受けて、来年度は2台の連結したバスで高速、大量輸送する「BRT」や、車体の左右にガイドローラーをつけた「ガイドウェイバス」で、専用道路と一般道を走る新たなバスシステムを中心に検討することになりました。いずれも現在の熊本電鉄の軌道をバス専用道路として整備する想定で、導入する場合は鉄道を廃止することになります。熊本電鉄では鉄軌道のLRTが最良だが、新バスシステムの利便性や輸送力について検証してみないとわからないとしています。検討委員会会長の森田弘昭熊本市副市長は「鉄軌道による結節が理想的だが、3年後の新幹線全線開業時を目指し、ベターな案を検討する」としました。来年度はBRTとガイドウェイバスの法制度や、技術面の課題などを検討するとともに、採算が見込めるとした鉄軌道の上通りルートについても引き続き検討します。
(熊本電鉄の都心結節 新バスシステムを検討へ・2008/03/26熊本朝日放送)

 ガイドウェイバスですか。どうなんですかね?
 普通のバスをちょこちょこ改造しただけで走れるんでしょうか?

 バス専用道にしてもよく分かりません。
 バスって一般道を走るから人口が集中したところを通れるのであって、線路跡だと微妙な気がします。
 箱崎あたりには短いですが市内電車の線路跡のバス専用道が残っていますが、正直バスなら一般道を走らせた方が客が増えそうだなと思うことがあります。
 戸畑の専用道も一般道路化されたみたいですしね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 熊本電鉄 LRT(LightRailTransit)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/491-3da6c0fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。