湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


大根川で大根を洗おう
 ほっかほっか亭分裂騒動ですが、ほぼ大勢が固まってきたようですね。

 プレナスは「ほっかほっか亭」から「ほっともっと(Hotto Motto)」へ移行するフランチャイズ(FC)が、全1098店舗のうち約85%にあたる935店の賛同を得たことを明らかにした。
 とくに変更がなければ、新ブランドは直営店・PC店(直営店の経営を経営委託制度に基づいてパートナーに委託しているチェーン店)の1078店と合わせて、2000店体制でのスタートとなる。
 賛同していない263店のうち約34%にあたる89店、および鹿児島食品サービス(鹿児島市)の直営店20店とFC店60店の一部が「ほっかほっか亭」に残留を希望する。
 同社は4月8日、Jリーグのオフィシャルスポンサー、なでしこリーグのトップパートナーとなることを表明しており、「ほっともっと」ブランドのさらなる展開を図っている。
([耳より情報]ほっかほっか亭→ほっともっと 2000店体制になる見込み・2008年04月09日付データーマックス)

 福岡市周辺のほっかほっか亭各店舗は、もうほとんど看板のかけかえを終えているようで、夜になるとほっかほっか亭の看板の裏にHottoMottoの看板が透けて見えて気味悪いことこの上ありません(^_^;)

 それとはまったく関係なく、先週末は古賀市役所裏の大根川(花鶴川)沿いに散歩に行きました。


大根川お花見紀行

 諸般の事情で本当は市役所の駐車場に車をとめたかったのですが、お休みで駐車場を閉めていたのでユニード ダイエーグルメシティ古賀店(参照)の駐車場にとめさせて頂きました。

 なんだか悪いので、店内の100円均一ショップmeets東古賀店で買い物しました。
 結構品揃えもよくて面白かったです。

 今回は、このグルメシティ裏の桜並木から少々上流に散歩しようという企画です。

 このあたりは古賀市役所が画策するウォーキングコース「歩いてん道(あるいてんどう)」古賀コースの出発点に近いのですが、諸般の事情で無視させていただきます(^_^;)
 ちなみにこの日は浜辺コースの汐さい橋近くにも散歩に行ったのでした。

グルメシティ横の桜

 グルメシティ横には桜が植わっていてとてもきれいでしたが、すぐに桜は終わってしまいました。
 その代わり、川べりはきれいに草刈がされていて、菜の花などが咲いています。
 春の陽気を十分に楽しむことができました。
月見町公園横の桜

 で、月見町公園で桜を眺め、また帰って来ました。古賀神社の桜もきれいでした。
 ただ、どうしても気になったのが大根川の臭いです。

古賀で大根洗い大会を!

 以前、知人の絢太郎がぶちあげていたことがあります。

平安時代に空海(弘法大師)諸国行脚の途中に筵内に寄った時に「南無阿弥陀仏」と唱えながら金剛杖をついた空海が大根川の上流に差し掛かり、空腹になったので橋の上から水面を眺めていたら、1人の老婆が大根を洗っていたので、分けて欲しいを頼んだが老婆は空海が偉い僧侶と知らず、またみすぼらしい格好だったので、怒って川の水を掛けた。空海は吃驚したが、もう1度頼んだ。しかし、老婆は顔を真っ赤にして石を投げ、その石が空海の顔に当たって血が流れた。空海は静かに「人面如夜叉」と唱え、杖を3度地面についた。空海は見た目だけで相手を判断して応対する態度に激怒し、戒めのために大根川の水を干上がらせてた。この逸話から「大根川」という名前がついた。それからの毎年大根を洗う季節になると筵内では老婆の戒めのために水が表面を流れなくなるという。
(名称の由来)

 これを記念して、筵内には弘法大師の立派な銅像が建っています。

 なお、銅像は当時川が流れていた場所に立っていますが、現在は川のコースが違っています。

 この伝説を活かして、弘法大師が大根を洗っている銅像を川べりに建立し、そこで年に1回大根洗い大会をしてはどうかというのです。

 弘法大師は大根を洗っていないという僕の異議は却下されました。

 しかし考えてみると、この企画は結構意味があります。
 まず、この企画を実現させるためには大根川を大根が洗える川にしなくてはいけません。

 「大根川を大根が洗える川にしよう!」というのは結構よいキャッチフレーズなのではないかと思いますが・・・。

 ちなみに、この「大根川伝説」。どこぞの大根川でも同じような話を聞いたことがあります。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 古賀市 環境 教育 歴史

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/497-c4a0622c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。