湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


キャッツアイの故郷は花見?
 北条司という漫画家がいます。
 シティーハンターキャッツアイで知られている方ですね。

 正確には、キャッツアイのキャッツとアイの間にハートマークが入るようです。

 この人、1959年に小倉市(現北九州市)で生まれたのですが、キャッツアイには刑事が肥筑方言(福岡県中南部、熊、佐賀、長崎の方言)と思われる方言を使ったり、警察署が「犬鳴(いぬなり)署」だったりと何となくご当地の香りがします。

 「犬鳴(いぬなき)」とは久山町と宮若市の間にある峠またはその峠近くにある宮若市の集落のことで、古賀あたりの校歌にはたまに出てくる所です。ここの旧トンネルは心霊スポットとされています(参照)。
 私も10年ほど前に行った事がありますが、ちょっと怖いところです。

 そのキャッツアイが花見駅前のアパートでかかれたという噂があります。

福岡市と北九州市とのほぼ中間点に位置する、海沿いの田舎町

 この件に関して、キャッツアイ集英社文庫版10巻に、注目すべき記述があります。

 福岡県。福岡市と北九州市とのほぼ中間点に位置する、海沿いの田舎町にある小さな二階建てのアパートの一室。学生時代の私の下宿、そこで、「キャッツ(ハート)アイ」は生まれ(?)た。
(あとがき・北条司)

 福岡市と北九州市のほぼ中間点で、学生が通える海岸沿いの街となると限られてきます。
 福岡市と北九州市の間には、JR鹿児島線と西鉄宮地岳線(現貝塚線)が通っていますが、海岸沿いを通るのは粕屋郡新宮町、古賀町(現古賀市)、宗像郡福間町(現福津市)、津屋崎町(同)位です。

その大学とは九産大

 調べてみると、北条氏の出身大学は九州産業大学(参照参照)。
 卒業制作というくらいですから芸術学部だったのだろうと思いますが、九州工業高校(現真颯館高等学校)出身との事なので工学部も捨てがたい。

 とりあえず、九産大であれば花見から宮地岳線で通うこともありえます。当時は九産大前駅はなかったので、国鉄だろうが西鉄だろうが香椎駅から通っていたでしょうからね。

 てか、なぜ香椎に下宿しなかったのかが謎です。


少なくとも、花見に縁が・・・

 そこでさらに調べてみると、こちらのページに北条氏の大学時代の同人誌が一部掲載されていました。
 これを見ると、確かに同人誌の連絡先が「811-31 粕屋郡古賀町久保花見1818-181****方橘唯」になっています(参照参照)。

 この「久保花見」というのは現在使われていない地名なので出しておきます。
 また、九産大は立花山のふもとにあり、大学祭は「立花祭」と称しています。 「****方」という書き方も考え合わせると、「橘唯」というのが筆名であると予想されますので、そのまま記載しておきます。

 この住所は、恐らく北条氏の友人の住所であろうと思われますが、その近くに北条氏も下宿していた可能性はありそうです。

【2008年5月8日追加】
 読み返してみたら、福岡・花見署に転勤というネタもありました。

 下宿していたのが別の地域だったとしても、花見に遊びに来ることはあったでしょう。
 武田鉄也の元彼女が花見に住んでいたという噂もありましたし、花見なかなか侮れません。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 西鉄宮地岳線(現貝塚線) 歴史

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/508-25ef8bee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。