湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


九州鉄道記念館に行ってきました
 先日、門司港の九州鉄道記念館に行ってきました。

北九州市立子育てふれあい交流プラザ 元気のもり

 まずは小倉のaim(アジア太平洋インポートマート)にある子育てふれあい交流プラザ 元気のもりへ立ち寄りました。
北九州市立子育てふれあい交流プラザ 元気のもり

 プレイゾーンには木のおもちゃがたくさんあると評判だったのですが、子どもが1回100円なのはいいとして大人1回200円(参照)。
 安いといえば安いのですが、子どもが小さく実際楽しめるのかどうか不明なので今回は見送ることにしました。

 家族で年間3000円は安いと思いますが。


車両展示場

旧門司市役所庁舎

 で、僕のお目当て旧門司市役所庁舎(門司区役所庁舎)の写真を撮って九州鉄道記念館へ。
 大人300円中学生以下150円4歳未満は無料ということでそこそこのお値段ですが、メインなので引き返すわけにもいかず払いました。
 で、まずは実物の電車が飾られている所に降りていきました。

キハ07 41号

 降りた所にあったのがキハ07 41号。丸っこいかわいいディーゼルカーです。
 車内に入れたのですが、、思ったより広く感じます。恐らく、椅子が狭いからでしょう。
 車内はすべて木造で、懐かしい感じです。
 正直、あまり車両には興味ないと思っていたのですが、これは良かったです。
 「肥後小国~豊後森」という行き先表示が付いていましたが、これに乗って高原を旅するのも気もちいいだろうなぁと思いました。

 実際は寒かったりするんでしょうかね?


セラ1239号

 で、端っこに行って、歴史の本などでよく見る石炭運搬の貨車セラ1239号を見た後に寝台電車のクハネ 581 8号の中を見ました。
クハネ 581 8号

 3段の寝台があったそうですが、2段目、3段目が出ているボックスはなく、一体どこに2段目3段目が来るのか家族で議論になりました。
クハ481 603号

 次にクハ481 603号
 多分、昔大分の親戚のうちに行くときに乗った特急だと思います。車内のシートが懐かしい感じでした。
ED72 1 号とEF10 35号


 次にED72 1 号EF10 35号C59 1号(写真なし)がありましたが、機関車なので中には入れませんでした。
59634号

 最後の59634号は正面がはみ出していて見られませんでした
 この展示場は約180mあるそうですが、たりるんでしょうかねぇ・・・。

ミニ鉄道公園

 で、次に行ったのがミニ鉄道公園
 タモリ倶楽部に出ていた鉄道博物館ミニ列車運転みたいな感じです。
 こちらの方が「日本初」だそうですが・・・。

 ただし、鉄道博物館の1周約300mに対してこちらは約130m。鉄道博物館の車両が10両なのに対してこちらは5両と約半分の規模のようです。
 ちなみに値段は鉄道博物館の200円に対してこちらは300円。
 すべてにおいて負けていますが、こちらは年齢制限がなく、鉄道博物館は小学生以上となっているようです。

本館

 で、最後に本館に行きました。
 この建物は旧九州鉄道本社屋だったそうで、風格があります。
旧九州鉄道本社屋

 まず入口近くに明治時代の客車がありました。
 復元だろうと思ったら、椅子に敷かれた畳が磨り減っているのを家人が発見しました。
 調べてみると、実物のようです。

 で、中に運転シミュレーターがありました。シミュレーターの入口から見ていたのですが、景色だけ動いているのが気もち悪くなりました。
 よく運転免許が取れたものだ。

 その横にはでかい鉄道模型のジオラマがありました。よく見ると、博多駅(井筒屋があったやつ)と門司港駅がありました。芸が細かい。
 どうやらこれも運転できるようですが、よく分かりませんでした。

 2階には色々展示物がありましたが、家族連れなので一通り見た後に入口横の「キッズルーム」に行きました。
 ここだけではないのですが、こういうキッズコーナーにあるプラレールの車両って、どうして一部なくなっていることが多いんでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 九州鉄道記念館 歴史

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/520-665306d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。