湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


国登録文化財旧九州鉄道城山三連橋梁
 先日、筑紫野市大字永岡にある旧九州鉄道城山三連橋梁を見てきました。

旧九州鉄道城山三連橋梁は、1889(明治22)年に竣工した九州で最も早い時期に造られた鉄道橋梁である。ドイツ人技師へルマン・ルムシュッテルの指導で建設された。長さ約25m、幅約5m、高さ約5mの堅固な赤煉瓦造の三連アーチ式で、煉瓦の積み方はシンプルなイギリス積みである。当時、日本に輸入された西洋文明の面影を今に伝えている。
橋梁の北側には仮塚峠があり、ここは水平方向1000mにつき22.5m上がる急勾配で重い貨車を引く機関車があえぎながら坂を上がっていた。しばしば上がりきれなくなって、かなり後方まで後退し、勢いをつけ直して上がっていたという。
1920(大正9)年には、鉄道の複線化に伴い仮塚峠を避けるルートに変更されたため、鉄道橋梁としては使用されなった。現在は、市道の橋梁として人々に親しまれ、往時を偲ばせている。
(福岡・ふるさとの歴史再発見)


 旧九州鉄道とは、後の国鉄。現在のJR九州です。九州で始めて開通した鉄道は、博多~久留米(正確には久留米の手前)間なので、そりゃ「九州で最も早い時期に造られた鉄道橋梁」でしょう。
旧九州鉄道城山三連橋梁

 むちゃくちゃ天気が良かったので、ついついバイクで遠出をしてしまったわけなのですが、天気が良すぎて携帯のディスプレイが見えなくて適当な写真を沢山撮ってしまいました。
 まあ、まじめにやってもたかが知れていますので勘弁してお付き合い下さい。

 で、横を走っている県道17号(久留米基山筑紫野)線(旧鳥栖筑紫野有料道路)の高架下(参照)から見てみました。
県道17号(久留米基山筑紫野)線(旧鳥栖筑紫野有料道路)高架下から見る旧九州鉄道城山三連橋梁

 ちなみに現在の鹿児島本線は、この橋から東に約200m(参照参照)移っていますが、結構高い所を走っているので橋の下からもよく見えます。
橋の前から現在の鹿児島本線を望む

 実はこの直前に宮崎あおいの写真と「篤姫」という字がでかでかとかかれた特急が通ったのですが、呆れているうちに通ってしまってシャッターが押せませんでした。

 で、橋のたもとには立派な説明板があります。
旧九州鉄道城山三連橋梁の説明板

 で、上の市道に登ってみると、なるほど確かに(参照参照)こんな立派な橋の上にいるとは思えない風景です。
橋の上

 ちなみにこの橋、2007年6月25日に落書きされていたのが発見されたそうです(参照参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 歴史的建造物

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/529-bc4d74a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。