湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


ワーキングプア
 ふと振り返ると最近福岡の(と言うか古賀市の)政治ネタばっかりですね。
 古賀市の市長選挙について書いてからというもの、色々なネタが来るようになって、結局そっち方面について書いてしまうことが多くなった気がします。

 ただ、やってくるネタは書けないことが多いです。一応言っておきますが、僕は怪文書の類になりそうなことは書きません。

 で、何か最近「ワーキングプア(working poor)」について書きたいと思います。
 というのも、日曜にどうやらNHKで「ワーキングプア~働いても働いても豊かになれない~」の再放送があったみたいだからです。

 簡単にワーキングプアについておさらいしておきます。
 読んで字の如く、working(働いている)poor(貧乏人)のことですが、通常働いている貧困層(勤労貧困層)と解されているようです(参照)。とりあえずは「働いているのに生活保護水準以下」という人たちを指しているようです(参照)。
 で、どのくらいの人がそれにあたるかというとどうも400万世帯を超えているそうです(参照参照)。

 もちろんこれは推計です。

 この要因については既に数多くの指摘がなされています。ここ10年で非正規雇用がぐんと増えて全勤労者の1/3にまで達していること(参照)や、そもそも最低賃金が生活保護水準以下であることを指摘する声もあります(参照)。

 僕が子どもの頃までは、「継続は力」である社会でした。仕事はどれも難しく、どんな職業であっても続けなければ一人前になれませんでした。
 だからこそ、どんな職業であっても職を全うする人はそれなりに誇りをもち、尊敬しなければならないというのがコンセンサスであったような気がします。

 職業差別がなかったというと嘘になりますが、建前上はきちんと仕事をしている人を馬鹿にしてはいけないとされていました。


 最近の職業は、どうも違う気がします。
 多くの職業は自動(機械)化やマニュアル化が進み、極端な話誰がやっても同じであるという認識になってきたような気がします。
 恐らく、そういう認識の下で働く人を使い捨ててコストを下げなければ国際競争に勝てないという理屈なのでしょう。
 また、貧困層を作っておいて富裕層の存在を目の前にぶら下げておけば馬車馬のように働くだろうという意図があるかもしれません。

 結果として誰でもできる仕事をする非正規雇用者とその人しかできない仕事をする正規雇用者に分かれているということになっています。
 が、それも建前で、仕事内容は変わらない場合も往々にしてあります。


 でもどうなんでしょう。
 いくら誰がやっても水準以上の結果がでる仕事であっても、それ以上工夫できることはあるはずです。
 極端にシステム化・マニュアル化が進んでいるコンビニでも、店によって雰囲気も違います。同じような立地でも売上が極端に違うこともあります。

 僕は、人間同士尊敬しあえる社会で暮らしたいと思いますし、この国がそのような社会になって欲しいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 社会

テーマ:格差社会 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/53-1edaef6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。