湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


花津留川橋梁と東天川橋梁
 最近宮地岳線関係についてあまり書いていません。
 一応福岡市総合図書館で太田清蔵氏について調べたりしたのですが、なかなかまとまりません。
 で、今日は久しぶりに宮地岳線ネタ。

宮地岳線の橋は税金で架け替えられた?

 古賀市内には、宮地岳線の橋が2ヶ所架かっていました。この両方ともまだ真新しく、橋の周辺の川岸もきれいに整備されています。
 資料を見つけることができなかったので本当かどうか知りませんが、この橋は河川改修の名目で税金を使って架け替えられたとの噂を聞いたことがあります。

10年前後の命だった橋

 下の写真は、古賀市内2ヶ所にある宮地岳線の橋の銘板です。
古賀市内宮地岳線橋梁の銘板

 ちょっと読みにくいのですが、①と②は古賀ゴルフ場前駅西鉄古賀駅の間を流れる大根川(花鶴川)に架かる花津留川橋りょうの銘板です。
 まずは①の橋げた部分。

花津留川橋りょう
管理者 西日本鉄道株式会社
施工 株式会社富士ピー・エス
重量 536T
支間 25,030m+25,018m+25,027m(主桁方向)
しゅん功 2000年3月

 次いで②の基礎部分。

花津留川橋りょう
管理者 西日本鉄道株式会社
施工 株式会社松本組
基礎 フーチング基礎
基礎根入 9.000M
しゅん功 1999年3月

 ③と④は西鉄古賀駅と花見駅の間を流れる中川に架かる東天川橋りょうの銘板です。
 まずは③の橋げた部分。

東天川橋りょう
管理者 西日本鉄道株式会社
施工 富士PSコンクリート株式会社
重量 51.3T
支間 12M240
しゅん工 1986年3月

 次は④の基礎部分。

東天川橋りょう
管理者 西日本鉄道株式会社
施工 株式会社松本組
基礎 鋼管杭φ500L=10M.500
基礎根入 桁座面から3M560
しゅん工 1986年3月

 東天川橋梁は1986年3月に、花津留川橋梁は2000年3月に竣工したことが分かります。
 宮地岳線のこの区間が廃止されたのは2007年3月31日。
 東天川橋梁はたった11年の命でした。花津留川橋梁に至っては7年間の命だったことになります。

本当に税金が使われたのか?

 で、色々調べてみましたが、河川改修の名目で鉄道橋の架け替えをした記録は見つかりませんでした。
 ただし、鉄道橋・道路橋緊急対策事業(参照参照参照)というものは見つかりました。
 これは、「架橋後、相当の期間を経過した鉄道橋や道路橋の中には洪水の疎通能力が不足し、かつその対策に多大な費用を要するものがあるため、このような鉄道橋や道路橋について重点的に投資を行い、緊急に改築を実施(参照)」するというもののようです。
 恐らく古賀市内の2つの橋の場合はこれではなかったのでしょうが、本当に税金が使われたのでしょうか?
 残念ながら僕にはそれは分かりません。

その後の2つの橋

 たった7年で取り壊すのはもったいないとと皆さんのお思いでしょう。
 実は、この2つの橋は現在でも別の目的で使用されています。

 それは、KDDIの通信ケーブルの電柱の土台として・・・。

 こちらに西鉄宮地岳線の平成14、15、16年度の収支を載せていますが、この多くがKDDIのケーブルを線路の敷地に通すことで得ている賃料なのだそうです。
 ですから、今でも宮地岳線の線路敷跡地の脇にはケーブルが埋まっていて、橋や踏切跡ではケーブルが空に架かっています。

【2009年5月27日追記】

 その後、2009年2月1日までに踏切跡に架かっていた電線は撤去され、2月7日までには電柱も撤去されました。
 ただ、現在でも橋梁跡は残っています。

【2017年9月10日追記】

 今年の冬に花津留川橋梁を見に行くと、何やら工事をしていました。
 先日見に行くと、歩行者専用橋として生まれ変わっていました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
ふぅむ
宮地岳線といえば、もし今存在していれば乗客が増えたでしょうか?
ガソリン価格が高騰し、通勤費も馬鹿にならなくなった昨今、東京などの大都市圏では、車から鉄道やバスへのシフトが顕著に現れているそうです。
福岡市内でもそれは同様の傾向にあるようで、宮地岳線がいま存在していればどうなったんだろうなとちょっと思いを馳せてみました。

ついでながら、ブログ、移転再開しました。
とはいいつつ、様子を見ながら試験運用ですが…。
一応URLを載せておきます。
【2008/07/25 09:08】 URL | やひ@久留米 #ADR/QmPY [ 編集]

車は減ったように見えますが・・・
 どうでしょうかね?
 今月初めくらいは福岡市内は車が減ったように感じましたが、最近戻ったような気がします。暑いし。
 古賀あたりでは元々そんなに減った気はしません。

 そもそも、福岡あたりではまだまだ車の方が割安なんじゃないですかね。
 車が減ったとしたら、外出を控えている人が多いのでは?

 知らんですけど(^_^;)
【2008/07/26 02:20】 URL | 兼梨騒也(仮称) #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/537-282e0041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。