湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


毎日新聞がヤバいことになっているらしい
 正確には、毎日新聞のニュースサイトである毎日.jpがヤバいことになっているらしいのですが。

毎日新聞社サイトへの広告出稿が激減

 毎日新聞が英文サイト上の娯楽コーナーで与太記事を発信していた件については以前書きましたが、まあ大したことはあるまいと思っていました。
 低俗な記事や根拠の薄い記事を平気で載せる新聞は他にもありますし、今まで日本でネット上での動きが社会的に広がった事件はあまり聞いたことがないからです。

 ところが結構ヤバいことになっているようです。

 毎日新聞社のニュースサイト「毎日.jp」で、先週末以降、広告スペースの大半が自社広告で埋め尽くされる事態が続いている(図1)。
 毎日新聞社は英文サイト「毎日デイリーニューズ」(Mainichi Daily News)上のコーナー「WaiWai」で、「日本の女子高生はファーストフードで性的狂乱状態」など低俗な記事を長年にわたって配信し、ネット上で批判の声が上がっていた。同社は6月23日、同コーナーを中止・削除し、監督責任者や担当者らを処分すると発表したが、25日の株主総会で、それまでの常務デジタルメディア担当が社長に、同デジタルメディア局長も取締役に昇格する人事を可決・承認(27日に役員報酬の一部返上を発表)。これがネット上の炎上に油を注ぐ格好となり、毎日新聞社のほか、毎日新聞および毎日jpに広告を載せている大口の広告主へも抗議、問い合わせが電話やメールで寄せられることとなった。
 毎日jpは、ヤフーのアド・ネットワークに加入して広告を配信している。アド・ネットワークとは、複数のメディアサイトをネットワークして広告受注を請け負い、広告を配信するサービスのこと。多数のアクセスを集めるメディアサイトをネットワーク化することで広告媒体としての価値を高めることができ、広告主にとっても、一つのアド・ネットワークに広告を発注するだけで多数のメディアサイトに広告を配信できるため、手続きがラクになるメリットがある。ヤフーのアド・ネットワークには、毎日.jpのほか、「YOMIURI ONLINE」(読売新聞社)、「ORICON STYLE」(オリコンDD)など、ニュース系、エンタテインメント系を中心に約50社のメディアが加入している。
 ヤフー広報は「個別のパートナー企業の広告配信状況について公にはコメントできない」と回答を避けたが、広告主企業がネットユーザーから抗議を受けていることをヤフーやメディアレップに伝えたことで、毎日jpへの広告配信を一時的に停止する判断を下したもようだ。
 影響はアド・ネットワーク経由の広告だけにとどまらない。これからピークを迎えるお中元商戦に向けて企画していた「お中元特集」ページは、出店企業が次々と撤収したことで、商戦本番前の7月4日に閉鎖に追い込まれた(図2)。
 また、ポータルサイト「goo」の子供向けポータル「キッズgoo」では「全国版の新聞」のディレクトリから、毎日jpが一時的に削除された。gooを運営するNTTレゾナントの広報は、「キッズgooは子供向けのページのため、(不適切な記事の配信元にリンクを張ることは)相応しくないと判断した」と説明する(図3)。
 こうした“騒ぎ”になった経緯や追加処分の可能性について毎日新聞社に尋ねたところ、「7月中旬に調査結果を公表する予定」(広報)との回答だった。
 だがネット上で既に流れた悪評のつめ跡は大きい。ヤフーで「毎日新聞」と検索すると、「毎日新聞」とともに頻繁に入力された同時検索語が表示される。そこには、「侮辱記事」「低俗」「悪行」など、ネガティブなキーワードが並ぶ(図4)。グーグルの同時検索語は反映されるまでやや時間がかかるため、ほとぼりが冷めるころになって同様のキーワードが並ぶ可能性がある。
 大半のユーザーが検索エンジン経由でWebサイトに訪れる中、ユーザーと企業ブランドの最初の接点となる検索結果ページに悪評が残ることは、ブランド力を低下させかねない。不祥事対応を誤ると、その傷は長くネット上に残る。ネットの影響力の大きさを改めて実感させる結果となった。
(小林 直樹=日経ネットマーケティング)
(「毎日jp」が自社広告だらけに、ネット上に深いつめ跡残る・2008年7月8日付)


そもそも毎日新聞は春からヤバい

 今年の春から、朝日、読売をはじめとする全国の多くの新聞社が活字を大きくしました。
 どうも言いだしっぺは読売で、朝日が同調したようなのですが、今までより活字を大きくするのと同時にレイアウトも15段だったのを12段にして読みやすくするというものです。
 しかも、全国の新聞社に同じレイアウトにしようよ呼びかけています。
 どうも1社だけ違うレイアウトにすると、広告主が面倒くさいらしいのです。

 しかもこれ、昨年12月に毎日が15段のままで字を大きくした直後の呼びかけだったようです。
 毎日にしてみれば、せっかく設備投資をして活字を変えたばかりなのでおいそれとレイアウトを変えるわけにはいきません。
 しかし変えないと、広告が激減する可能性があるわけです(参照参照)。

 この前銀行で朝日新聞を読んであまりの字の大きさと写真の多さにびっくりしました。読みにくいです。
 ウチで読んでいる西日本新聞も段を少なくしたはずなんですが、そんなに違和感ないんですけどね。

 しかも今年の1月から、新's(あらたにす)とかいうまるでAERAの表紙の駄洒落のようなサイトを朝日、日経、読売の3社で開設しています。
 これらのことから、どうも縮小し続ける新聞市場から毎日新聞が撤退するのを望む方がいらっしゃるのではないかといわれているようです。

 ヤバいよ毎日。

ここで敢えて毎日新聞を擁護する

 いや。毎日は最低ですよ。ネット規制をはじめとする表現規制には肯定的らしいですしね。
 「ゲーム脳」とかいう似非科学の信者でもあるそうだし(参照)。
 でもねぇ。僕は毎日は読まないんですよ。だから別に不快ではありません。読んでいる人だって少ない(朝刊で300万部くらいらしい)から、そんなに影響もないでしょう。

 宮地岳線存続運動の頃、全国紙4紙とブロック紙1紙を比較のためにまとめて買っていましたが、毎日だけ薄いんですよね。
 あまりに薄いから落丁ではないかとページを確かめていたらコンビニの店員さんから「立ち読みはやめてください」と注意されました。
 同じ値段であんなに薄い新聞を読む人の気が知れません。

記者が面白い

 でも、毎日の記者は面白いです。
 毎日の記事の多くは、署名記事です。これだけでも日本では特筆に価します。
 その上、社論がばらばらということがあるのでしょうか。面白い記者が多いです。

 宮地岳線のときに取材に来た記者さんの中で一番熱心だったのは読売と西日本の記者さんでした。
 これは個人的な資質もあるのでしょうが、両社とも福岡都市圏の取材体制が充実しているというのはあると思います。
 正直、毎日の記者さんをお会いしたのは1回だけです。人手がたりないのでしょう。
 初対面で世間話するとは思いませんでしたが、好感はもてました。あれだけの取材で的確な記事を書かれていましたので、優秀な方なのだろうとは思います。
 そうそう、古賀市関係のスクープも多いですね。恐らく、人間関係を作るのが上手なのだと思います。

 他に、自閉症業界では自らも自閉症のお子さんをもつ記者さんが知られています。

折り曲げても読みやすい

 毎日新聞のレイアウトはよくできています。上下半分に折ってもそのままで読めるようになってるんですよ。
 結構重宝します。

ネットに毎日新聞は必要

 ま、まあこれだけですが・・・。
 でも、毎日新聞は早くからネットに力を入れていた新聞社でした。僕もよく引用していました。msnと組んだあたりから迷走を始め、今では何がなんだか分かりませんが。
 現在ではマスメディア以外のサイトから時事関係の情報を得る人は増えているように思います。それでも、多くのサイトはニュース源をマスメディアのサイトに依存しています。
 ですから、なるべくたくさんのマスメディアが存在するほうが良いわけですし、そういった意味でも毎日新聞は必要です。

毎日新聞を叩くだけでは何も変わらない

 最近の話題によると、1897年創刊の英字新聞の老舗(参照)ジャパンタイムズも自社サイトで「日本人の性的な行動を強調する週刊誌記事などを海外などに多数紹介していた」そうです(参照)。

 これは、外国人向けに日本を紹介するメディアは多かれ少なかれ日本の特異性を強調しがちであるということを示しているのではないでしょうか?
 これを差別的と捉える人もいるでしょうし、その意見にも一定の理はあります。
 ですが、外国文化の情報を紹介する際、特異性だけを強調しがちなのはありがちなことだと思います。

 日本に関していい加減な情報源を元にした情報が垂れ流されるのは良くないことです。これに関しては抗議していかないといけないでしょう。
 その一方で、僕たちが外国を知ろうとする際にも情報を鵜呑みにしてはいけないなと強く感じます。

【2008年8月6日追加】

 他の新聞社がこの件についてあまり報道しない理由として、「毎日の低俗記事事件をきちんと報道すべきという声は部内でも多かったし、僕もこの問題はメディアとして重要な事件だと認識している。でもこの問題を真正面から取り上げ、それによって新聞社に対するネットの攻撃のパワーが大きいことを明確にしてしまうと、今度は自分たちのところに刃が向かってくるのではないかという恐怖感がある。だから報道したいけれども、腰が引けちゃってるんです」という全国紙記者の声が紹介されています。
 広告媒体としての新聞の地位は低下の一途を辿っているようで、このような事件があるとそれを機会に広告出稿を打ち切られかねないという恐怖があるようです(参照)。
 マスメディアのネットへの恐怖心は今に始まったことではありません(参照)が、ネット言論もマスメディアに依存している部分があるのは事実。
 共存共栄をしていくことは可能だと思いますが・・・。

 また、この問題については海外メディアも取り上げているとのこと(参照)で、騒がれたことが結果として情報の訂正に寄与したとも言えそうです。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 事件 社会 インターネット マスメディア

テーマ:【変態】毎日新聞は廃刊せよ!! - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/569-66824115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。