湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


先生と教え子の結婚について考える
 テレビでKBCオーガスタゴルフトーナメントのCMが流される季節になりました。
 なんか今年は「バナH杯」とか書いていますが、「バナH」というのが意味分かりません。ハナH(肇)やパナH(ホーム)なら分かりますが。
 調べてみると、バナHとはVANA Hと表記する「水素を豊富に含んだ、富士山育ちの天然水素水」だそうで、バナ株式会社が発売しているのだそうです。

 つうか、水に水素が含まれているのは当たり前で、水素水というのが意味が分かりません。
 どうも、「『活性水素』というネーミングは、誤解を招くもの」だそうで、「原子状水素が溶質になっているわけではない」のだそうです。
 おまけに「抗酸化作用についても、試験管で少しだけあることが確認されただけで、飲んでどうなるかはこれからの研究による」とされているらしいです(参照)。
 まあ、水を飲むのはいいことらしいので、僕もせいぜい人工塩素水でも飲んでいようと思います。

 KBCオーガスタには2008年から特別協賛しているようですね(参照)。
 一応、色々な評価があることを付記しておきます(参照)。
 なお、「水商売」一般についてはこちらの文章が面白い。

 さて、この話を職場でしてもまったく盛り上がりませんでしたが、教え子と結婚する先生の話は盛り上がりました。
 商業高校をン十年前に卒業した職場の長老(?)にとっては身近な話題だったようで・・・。

高校生の結婚は許されるのか?

 僕が中学時代に、クラスメイトが誕生日を迎えました。
「私、14歳になったんだ。もう結婚できるのよ。」
と流し目を送ってきたので僕は心底ビビリましたが、どうやらそれは彼女の勘違いのようです。

 ちなみにこの子はこうやって僕をからかうのを趣味にしていたのでビビったのは僕の勘違いということになります。くそー。

 一応、法律上の婚姻可能年齢は男性18歳、女性16歳のようです(民法第731条)。
 理屈の上では高校生の「だんなさま」や「おくさま」が存在してもおかしくないのでしょうが、僕はあまり見たことがありません。
 まして、教員と結婚している高校生なんて皆無なのではないかと思います。
 昔、18歳の高校生と教師が夫婦というとんでもないドラマ(参照参照)が流行してなかなか面白かったのですが、ドラマでも夫婦であることは内緒という設定になっていました。

 ちなみにこの婚姻可能年齢を男女とも18歳にしようという動きがある(参照)ようです。
 ある意味女性の結婚できる権利が狭められるのではないかと思いますが(^_^;)

 ちなみに未成年の場合は父母どちらかが婚姻に同意する必要があるそうです(民法737条)。

高校生との交際は許されるのか?

 まあ、別に誰が誰と付き合おうが勝手ですし、そんなのを法律で規制するべきではないでしょう。
 日本は良識的な国なので、そういった男女交際に関する規制はないようです。

 ただし、未成年と交際する場合にはある制限があります。

 まず、13歳未満の女子と性交した場合は、たとえ合意の上であっても刑法177条に基づいて強姦罪に問われます(参照)。
 じゃあ、男の子と付き合う分にはいいのかとか性交しなければいいのかという話になりますが、男女問わず13歳未満の者に対しわいせつな行為をした者はたとえ合意の上であっても刑法第176条によって強制わいせつ罪に問われる(参照)ようです。

 ちなみに、多くの自治体では青少年の保護を目的として18歳未満の性行為を禁止しているそうです(参照)。
 福岡県では「何人も、青少年に対し、いん行又はわいせつな行為をしてはならない」とし、しかも「何人も、青少年に対し、前項の行為を教え、又は見せてはならない」としているそうで、下手すれば性教育もできません(参照)。

 早すぎる性教育には異論があります(参照)し、僕も発達段階に即さない性教育には反対です。
 しかし、さすがに中高生位になるとマスメディア以上の内容は現状に即してやらないとまずいでしょう。

 資料には未成年不可罰規定があるとされていますので、未成年同士なら問題ないのでしょうがよく分かりません。

未成年の結婚や交際を制限するのは不当か?

 このように、未成年者は自分の思うとおりに結婚できなかったり、男女交際できなかったりします。
 これは、未成年に対する性的自己決定権の侵害なのでしょうか?
 個人的な考えですが、これは仕方ないと思います。だって、「若気のいたり」ってよく言うじゃないですか。
 若いうちは経験が浅いので失敗しがちです。あまりリスクの大きいことを自己責任でやらせるには無理があります。
 それに、経験が少ないと大人に騙されることもあります。そういうことから未成年を守る必要もあるでしょう。
 例えば、未成年の契約は親を親が取り消すことができるのと同じです。

教師と教え子の関係

 そう考えると、僕は教師と教え子がそのまま結婚するのは極めて問題があると思います。
 学校の先生というのは生徒にとって一応は権威ある存在です。学校の先生が学校の先生をやっている時は、個人の性格がどうであれリーダーシップのある人格者に見えます。異性としての魅力がかさ上げされた状態です。
 女子中高生が先輩に憧れるのと同じ理屈ですな。

 純粋に異性としての魅力を客観的に評価するには、先生と生徒という関係から一度抜け出さないといけないと思います。
 卒業して何人かと付き合って再会して恋に落ちるというのならともかく、卒業後すぐに結婚するというのは詐欺に近いのではないかと思います。

 ・・・と書くのも学年一の美少女が先生と結婚した経験があるからですが・・・。

【2009年12月1日追記】

 ちょっと調べたら、未成年との性行為一般が淫行になるわけではないそうです。
 この記事によると最高裁の基準では、

(1)青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為
(2)青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような性交又は性交類似行為

なのだそうです。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 教育

テーマ:高校生活 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント
聖職ならぬ性職
生徒も生徒ですが、先生も先生な話ですよ。だいたい、教え子に「在学中に」「手を出す」時点で教師として失格でしょう。

近年、教師の性犯罪がクローズアップされてきていますが、何が原因なのでしょうね。昔は報道されなかっただけでしょうか。「口利き」の件も要因の一つでしょうか。口利きなんて何十年も前からありそうな感じですからそれだけが原因じゃなさそうです。

それにしても性欲むき出しな先生がいかに多いか。おちおち子供も学校へは行かせられません。たとえ子供が男の子だとしても。

昔勤めていた会社に営業として入社したおっさんは、かつての教え子を嫁さんにしたそうです。

美人とは正反対な人でしたけどね。
【2008/08/02 00:15】 URL | ぜの字 #B4L7Kl76 [ 編集]

筆が滑った(^_^;)
 前半が長すぎて竜頭蛇尾になってしまいましたね。
 僕も教え子に対して在学中に手を出すのは卑怯なことだと思います。理由は本文中にあるとおりで、教師という下駄は脱いで勝負すべきだと思うからです。
 でも、高校だと結構いますね。僕の元担任は既婚者でしたが後輩に手を出していました。
 表沙汰にはなりませんでしたが、結構生徒の間では話題になっていましたよ。
【2008/08/06 01:43】 URL | 兼梨騒也(仮称) #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/578-474e6151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。