湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


古賀サービスエリア上りがリニューアルオープン
 大学院に通う社会人の数が5万3667人で、大学院生全体の2割を超えたのだそうです(参照)。
 最近の大学は商売っ気が増えすぎて、少子化を乗り切るために社会人を大学院に迎え入れようと躍起になっているらしいですからね。
 僕自身も社会人になった後に大学院に行こうかと考えていたことはありますし、同じように迷っている友人もいますし、実際に大学院に行った知人もいます。
 しかしどうなんですかね。自分の仕事に役立つならともかく、自分の自尊心を仕事以外のところで満足させたいという僕がこのブログを書いているような不埒な動機で行く人も見受けられます。

 その進学。必要ですか?

古賀サービスエリアにアリバイ横丁出現!

 アリバイ横丁というのは大阪市梅田の地下街にある「阪神ふるさと名産」という商店街(阪神百貨店のコーナーらしい)の通称で、東京出張とか言って宮崎にゴルフしに行ったときなんかに重宝する場所らしいです。
 そんな夢のような場所が九州自動車道古賀サービスエリア上り線に出来たとか。

 九州自動車道の古賀サービスエリア上り線(古賀市筵内1丁目)が増築を追え、27日に新装開業した。九州各地の土産品が並ぶ売り場、レストランなどを含む建物面積は約2千平方メートルで九州最大だ。
 西日本高速道路サービス・ホールディングス(大阪市)によると、24時間営業のショッピングコーナーは従来の約6倍(657平方メートル)に広がり、芋菓子、明太子の専門店もできた。メーン通路は幅約3メートルあり、同社は「買い物や食事をゆっくり楽しんでいただきたい」と話している。
 同SAは今春、レストランや情報コーナーなどを一新。滋賀県以西に約180カ所ある同社施設では売上額が最大という。高速道路外から利用できる門と駐車場もある。
(九州道上り古賀サービスエリアが新装開業・2008年7月28日 18:43 朝日新聞)

 このお土産コーナーは以前の113m2から657m2になったのだそうで、九州各地の銘菓が並んでいるようです。
 なんか評判より規模が小さいですが、急にかるかんを食べたくなった時にいいかもしれません(参照)。
 また、ここの宝くじ売り場では2005年のサマージャンボで2等1億円が出たそうです(参照)。
 いまさら遅いですが。

下り線には九州初のドックランも

 古賀サービスエリア下り線には九州唯一のドックランもできていて(参照)、ヘリコプターの着陸場もあるようです(参照)。
 下り線サービスエリアを運営しているという株式会社ユニコンさんのサイトでは20パーセント割引券も配布中ですので、なかなか面白いかもしれません(参照)。

 あ、この券多分昔のだ・・・。


外部からも入れる

 ちなみにこの古賀SAはウェルカムゲートなるものがあって外部から直接入れるようになっているそうです。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 古賀市

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/587-4a6ce8c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。