湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


パールアイランド相島
 今日のネタも新宮から勝浦にかけてわけの分からない情報網をもつ主幹さんからの提供でお送りします。

 福岡県糟屋郡新宮町に相島(あいのしま・相ノ島とも表記)と呼ばれる島があります(参照)。
 平成8年の数字らしいですが人口479名174世帯の漁業の島で、江戸時代は朝鮮通信使の迎賓館があったことでも知られる歴史ある島です(参照)。
 実はこの島、今日本で唯一のオール日本産真珠の養殖実験をしているのだそうです。

 この真珠の養殖が本格化したのは今年の5月末。真珠養殖最大手のミキモトと新宮相島漁協(参照)、福岡県水産海洋技術センターが協力して進めているプロジェクトだそうです。

 ミキモトは、世界で始めて真珠の養殖に成功した御木本幸吉(1858-1954・参照参照)が設立した会社として知られています。
 ちなみに御木本氏が始めて真珠の養殖に成功した島は相島と書いておじまと呼ばれる小さな島で、現在ではミキモト真珠島 として観光地になっています(参照)。

 2006年06月22日の読売新聞によると、現在、愛媛、長崎、三重、熊本の国内主要産地(参照)では、1990年代以降の赤変病の流行(参照)によって中国産と掛け合わせた稚貝を使うことが多いのだそうです。
 また、病気を防ぐため長期間の養殖を避ける傾向があるのだそうです。
 そういった中、相島で無病の稚貝が発見されたのだそうで、2003年から稚貝を母貝に育てる養殖実験を始めたのだそうです。
 そして今年5月下旬と夏に計1万個の母貝に核入れして、来年から再来年にかけての冬に取り出す計画だそうです。
 新宮町の議会だよりでも取り上げられ、地元の期待も膨らんでいます(参照)。

 ちなみに、真円の真珠養殖に初めて成功したのは西川藤吉(1874-1909)だそうです(参照参照・)。

 ちなみに日本の真珠の美しさは、日本の気候によるのだそうです。真冬に水温が冷たくならないと、あの美しい色は出ないそうです(参照)。

今回参考にした読売新聞の記事は以下のurlにあります。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/rupo/0606/ru_606_060622.htm
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 相島真珠養殖

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント
どうも(^^;
わけの分からん情報網を持つ主幹です(^_^;
久々に表に出せるネタを提供できて良かったです(;^_^A

成功するといいですね。
【2006/12/19 08:27】 URL | 主幹 #- [ 編集]

**さん連中が・・・
 この話をしたら女性陣がもれなく「真珠はいつもらえるの?」と聞いてくださいます。
 僕は関係者じゃないっちゅーに。

 でも、まあ、楽しみですね(^_^)
【2006/12/21 01:34】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/62-e7efee54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。