湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


宮地岳線跡地問題~古賀市議会編(2)
 さて、古賀市議会会議録の閲覧と検索による2008年3月19日の平成20年第1回定例会(5日目)での宮地岳線跡地問題に冠する許山秀仁古賀市議の質問の続きです。

 前回は、中村隆象古賀市長が、国道495号線のバイパスがよいのではないかとおっしゃっていましたが、許山市議は持論を展開します。

 鉄道の跡地ですから利用方法というのは限られておりますので、西鉄宮地岳線に関していえば、西鉄が売れる土地だけをばらばらに切り売りをする、残りはもう草が生える雑草地ということになりますかね。もう一つは今市長の言われたような自動車道として活用する。それと、もう一つ、これは全国的な傾向なんですけども、サイクリングロード、遊歩道として活用するという方法があります。今までの市長とか執行部のお話を聞いていますと、西鉄がばらばらに切り売りするということはまずなさそうなので、あとの2点に絞って自動車道がいいのか、サイクリングロードがいいのか、ちょっと私の視点を述べてみたいと思います。
 県道であれ国道であれ、どちらでもいいとは思うんですけども、そうすれば市からの持ち出しのお金も要らないということになるんですが、果たして道路がよいのか考えてみますと、跡地を自動車道にした場合には、495号線の渋滞が緩和されるか。確かに今現在495号線の車の通行量は多いのですが、常に渋滞しているわけでもなく、495号線を通る車は古賀市内、古賀から福間間の移動、短距離の移動が多くあり、その中でも古賀市の中心部のサンリブとかルミエールに行くための交差点あたりの渋滞が主なものであります。あとは福津市と新宮町の役場ですかね、あの近辺に行く場合はどうしても495線を通ったほうが3号線を通るよりはやっぱり何となく近いのかなと。それ以外、例えば私たちでも福岡市とか門司、小倉に行く場合はどうしても3号線へ出ていきますし、福津市の方が福岡に行かれる場合にしてもやはり3号線に出られると思いますし、逆に新宮町の方が小倉あたりに行かれる場合も3号線へ出られると思います。私はそのように考えるわけでして、西鉄跡地を果たして495号のバイパスにしてそれだけのメリットがあるのか。私は余りメリットがないのではないかなと思っております。バイパスにしたらもちろん車が通りますので排気ガスが残るだけであり、付近の住民の健康にはよくない、そういうことも懸念されますし、交通事故も起こらないとも限りません。
 また、古賀市に限って言いますと、例えば跡地を道路にした場合、それの取り込みの道路が少し問題になってくると思います。例えば、花見北交差点から跡地までの道路をどうするのか。それから、中川交差点のところあたりも込むんではないか。それと、今まで踏切が6カ所、7カ所ありますよね。その辺の跡の交差点周辺などはどうなるのか。市道部分はやはり市できちんと整備をしなければいけないので、市の負担も少なからず起きてくるのではないかと考えられます。だから、自動車道、バイパスであれば市の負担がゼロということにはいかないと思います。495号の緩和としては、花見の凸版印刷跡地なんかも少し道が広くなっていますし、3車線、片側1車線、2車線みたいなそういう形もあるし、交差点においては右折レーンの設置などである程度は解消できるのではないかなと私は思います。
 それから、西鉄電車の跡地なんですけど、線路の状況といいますか、駅舎のあったところは結構広い土地が残っていますし、西鉄古賀駅の周りなんかは広いのでマンションでもたくさんできるのではないかなと考えられます。あとは、敷地内の軌道のところは今のところはバラスがそのまま敷いてありますし、そこの幅は最も幅員の狭いところで大体5メートルから6メートル、広いところで10メートルぐらいあります。それプラス平らではないんでしょうけども、のり面がありますので、例えば12メートル道路にするにしてもやっぱり拡幅工事が必要になってくるので、金銭的にも工事費がどのくらいかかるかというのは少しわからないところではないかと思います。
 逆に、今度遊歩道であればどうか。花見小学校、古賀西小学校の昨年の意見交換会では7割ほどの方が遊歩道、またはサイクリングロードの意見であったように思います。現在の西鉄電車の跡地はそのままでも散策路としては使えるような気がします。バラスが敷いてあるので、少し歩きづらいと思いますが、それをならすぐらいは必要かと思います。市単独で西鉄電車の古賀市の部分3.7キロを購入するのは少し無理でしょう。多分無理でしょうね。できれば環境整備事業とか何かの補助金とかそういうものが活用できないか。もし無償で西鉄から借りることができればやっぱりこれが一番いいとは思います。
 ですから、計画的に一番いいのは、自動車専用道路、遊歩道としても利用できれば市民の健康増進にも役立ちます。できれば新宮駅から津屋崎駅までの9.9キロがサイクリングロードとして活用できれば、それに100メートルプラスして10キロコースにすれば2往復で40キロ。あと2.195キロ走ればマラソンコースとしても可能ですし、すぐそばには海がありますのでトライアスロンコースとしても使用できる。もっと欲を言えば、これをひびき灘自転車道とつなげれば文句なしというところではないでしょうか。新宮町、福津市と一緒に行えば2市1町住民の交流にもなるし、こういう計画だと国も県も話に乗ってくれる。沿道には桜を1,000本ぐらい植えてもいいし、それから常緑樹も植えてもよい。広い部分は市民に花壇として使用してもらう。4年から5年で整備できれば本当は理想なんでしょうけども、そう急がず、ゆっくりと10年ぐらいかけて整備できればよいかなと思っております。何といっても市街地や住宅地のすぐそばにあるというのがほかのサイクリングロードとは違い、利用者も十分あり、福岡市に近いというのも魅力であります。古賀市の名所になるのは確実であり、これを県の事業としてやってもらうのが一番ベストなのではないでしょうか。県より古賀市の発展のためにおいでの山下副市長に御意見をお願いします。

 その問いにまずは中村市長。

 私はやはり道路が一番いいのではないかと考えておりますが、先ほど言いましたように、国・県の考え方、国道、あるいは県道として整備する必要性があるかどうかということについての判断、これがなかなかまだ難しいところでございますし、そのためにはまず福津市、新宮町も同じような考え方に立たないと、古賀市だけで通す道路というのは到底これは国道でもないし県道でもないわけで、市道としてこれを古賀市が単独で整備するほどの財力はもちろんございません。ですので、非常にハードルは高いと思います。
 また、議員がおっしゃいますように、仮にこれが国道になったとしても、それに関する交差する道路の整備等々でかなりの財政負担があるということも覚悟しなければいけないということで、今の段階でしゃにむにこれを道路にするということができるかということは言えません。周辺住民の方からは確かに遊歩道あるいは公園の御意見もございますし、逆に例えば花見地区の方は花見小学校の前の道路が本当に朝混雑して危ないからバイパスができると助かるという意見もあって、これは賛否両論あるわけでございます。
 今後とも市民の方、あるいは両市、町の意見、あるいは国・県の意見、こういうものを総合調整をしながら、古賀市としてできる範囲でしかできませんので、今後の市民の福祉のために何が一番最適であるかということを財政力の範囲内で考えていきたいと思っております。

 そして、山下稔副市長。

 私もこの宮地岳線の跡地利用については、何度か県に足を運んでいろいろ相談、協議もさせていただいたところでございまして、私が思いますのはやっぱり2市1町を貫く一つのまとまった敷地というのは、今回これを何もせずに見送るとなると、もうなかなか手に入ることはないわけでございまして、こういった広域的な敷地を何とか有効に使うということを当然市としても考えなければならないと思っております。国あるいは県が全面的にこれを支援するという……、一番大事なことはやはり地元が一つになると、地元がまとまるということだと思います。ただ、地元が一つにまとまったから、じゃあ国あるいは県から全面的な支援を得られるかというと、これはまたなかなか難しい問題はございますが、やはり最低限必要なことは地元が一つになってそういう要望活動を行うということが大事なのかなと思っております。
 この件については、私も2市1町の副市長が集まって協議もしているところでございまして、できる限りやはり2市1町がまとまるような方向で利用方法を考えていくということになるように、できる限りの努力はしていきたいと思っているところでございます。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 西鉄宮地岳線跡地問題 古賀市

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/630-c5806b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。