湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


おちんちんはポルノ?
 塩漬けになっていたネタを出しときます。


 インターネット上に氾濫(はんらん)する児童ポルノに悪用される恐れがあるとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)の「放送と青少年に関する委員会」(大日向雅美委員長)は11日、テレビで児童の裸、特に男児の性器を放送しないよう注意喚起した。同日、加盟する134テレビ局へ文書を発送した。
 大日向委員長は入浴中の男児の裸をボカシなしで放送した番組へ批判が寄せられていることなどを挙げ、「もはや男児の全裸がおおらかさ、ほほえましさ、解放感だけを表現するものではないと十分認識すべき」と指摘。実際に悪用されている確証はないもの、予防措置として「同じ内容を伝えるほかの表現方法がないか、慎重に検討してほしい」と呼びかけた。
(テレビの小児フリチンは児童ポルノ 各局へ喚起)

 いや、冗談で言っていたことはあるのですが、まさか本気でやるとは思いませんでした。
 「実際に悪用されている確証はない」と言いつつやっているわけですから、本人も半信半疑なんでしょう。

 思えば、昔は陰毛が写っているだけでポルノ扱いでした。
 そのため、芸術作品であっても自然に写りこんでいるものであっても陰毛が写っていれば問答無用でわいせつ物扱いでした。
 で、修正が加えられたわけですが、そうなってくるともとが芸術作品でも卑猥に見えてしまうから不思議です。

 で、修正のない子どものヌード写真がブームになったのだそうです(関連)。
 いよいよ訳が分かりません。

 まあ、修正がわいせつだから芸術的表現をするなら子どもをモデルにしたほうが良いという制作サイドの意図は分かりますが・・・。

 結局、そういうわけの分からない状態はなくなりましたが、今回はおちんちんが俎上にあがるようです。

 「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(以下児童ポルノ法)」によれば、「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの」を「視覚により認識することができる方法により描写したもの」も児童ポルノとされるようです(関連)。
 確かに入浴中の男児のおちんちんに「性欲を興奮させ又は刺激する」人がいれば法的には児童ポルノなのかもしれません。
 しかし法的うんぬんを抜きにして入浴中の男の子のおちんちんはポルノなんでしょうか?

 こういった理屈だと、誰かが「性欲を興奮させ又は刺激する」ものは何でもポルノ扱いできるようになります。
 ちょっと怖い気がします。

 何やら児童ポルノを所持したらダメという改正案が出ているようです(関連)が、児童ポルノがこういう定義だと、僕の子ども時代の写真にやばそうなのがあります。

 どんな下らない文化でも文化は文化ですから、その存在を消そうとする動きには少々危険な臭いを感じます。
 製造や販売を処罰するのはとても大切なことだと思いますが、所持を禁止するのは慎重であるべきではないでしょうか。

 それと、「インターネット上に氾濫(はんらん)する児童ポルノ」とありますが、僕はあまり見たことがありません。
 誰かの「性欲を興奮させ又は刺激する」セーラー服女子高生のスナップ写真やら18歳未満アイドルの水着写真ならよく見ますが。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 社会 子育て

テーマ:児童買春・児童ポルノ処罰法 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/633-2ca99575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。