湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


【NHKニュース】西鉄の認定事業者を取り消し
 昨日のNHKローカルニュースに西鉄が出ていました。


福岡市に本社がある西日本鉄道が枕木などの工事をした際に、必要な書類を作成していなかったことがわかり、国土交通省は工事の届け出などを緩和する事業者としての認定を取り消しました。全国の主な鉄道事業者でこの認定が取り消されたのは初めてです。

鉄道事業者による線路や電気施設の工事は、鉄道事業法によって一定の人員や体制を整えて社内で工事の確認を行えば国への届け出などは緩和され、西鉄は4年前にこの事業者に認定されています。
九州運輸局がことし9月に立ち入り検査を行ったところ、西鉄が過去5年間に行った工事のうち、国への届け出が不要な代わりに社内での作成が義務づけられている書類が93件の工事で作られていませんでした。
これらは線路の枕木や架線の電柱を木からコンクリートに変更するものや、高架橋の橋脚を耐震補強する工事です。
国土交通省は安全性には問題はないとしていますが、件数が多いことを重くみて20日、西鉄に対する認定を取り消しました。
この認定が取り消されたのは全国の鉄道事業者で初めてです。
西鉄によりますと、法令を正しく解釈していなかったのが原因で、「今回の処分をしんしに厳粛に受け止め、同様の不手際を起こさせないよう全力を挙げていきたい」と話しています。
(西鉄の認定事業者を取り消し・NHK福岡放送局)

 特にコメントはありませんが、この調子でひとつ宮地岳線の廃止届も取り消されませんかね?
 だめ?
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 西日本鉄道

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
多分…
無理だね(*_*)
【2006/12/21 02:00】 URL | 主幹 #- [ 編集]

どこかの野党のような
一事が万事じゃないですが、廃止も…のくだりはまるでどこかの野党が言っているような口ぶりにも聞こえます。
気持ちはわからなくも無いですが…。

まあ、うがった見方をすれば、”ばれなければいい”というような思想があるんだと思います。
そしてばれたときには”新たな制度だからそこには気づかなかった”とでもしておけば、とりあえずの言い訳は立つかなと。

ということは、こういうことをする人がいるかもしれないから、ランダムな時期に全業者をチェックしなければならないことになるんですよね。
ま、自分で自分の首を絞めたということで…。
【2006/12/21 18:02】 URL | やひ@久留米 #MkWzKcno [ 編集]

いやいや
 ひょっとしたら、国土交通省に出された書類に不備があったとかでまた出しなおしで1年延長とかないかなぁと思ったものですから(^_^;)
 しかしそんなことになったら相当恥ずかしいでしょうね。
 西鉄も国土交通省も(*^_^*)
【2006/12/22 00:23】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/65-48539d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。