湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


高齢者は免許証を返上すべきか?
 久しぶりに架空請求がきました。

サイト未納料金があります。翌営業日18時迄に下記に連絡なき場合、法的処理に入ります。(株)ライブ/0120-182-173

 この文章で検索をかけてみると、架空請求のデータベースが引っかかりました。
 どうやら他にも「(株)リード」なる名前を使うこともあるようです(参照)。


 さて、1ヶ月ほど前に古賀である事件がおきました。

 28日午後4時半ごろ、福岡県古賀市舞の里のホームセンター「グッデイ古賀千鳥店」の駐車場から正面玄関に、乗用車が突っ込んだ。県警や地元消防によると、1歳と2歳の男児を含む買い物客ら計10人が病院に搬送され、女性客1人が心肺停止状態という。
 県警などによると、買い物に来ていた男性(74)が、車のアクセルとブレーキを踏み間違え、突っ込んだとみている。
 現場は福津市に近い国道3号沿いの住宅地に隣接。飲食店などが立ち並ぶ一角。
(店舗に車突っ込み10人けが・2008年09月28日付大分合同新聞)

 この事故をきっかけに道路交通法をまた変えるとか変えないとか・・・。
 しかし田舎で車に乗れないってのは、ある意味死活問題ですからね。

 と、書くと「福岡は都会じゃないか。」と甘いことを言う人がいますが、福岡で車がない生活も結構つらいですよ。
 何たって、都市高速道路しか作るつもりがない土地駅前にある病院を移転させようとするとこですからね(ポシャりましたが)。
 しかも、古賀市内のローカルバス路線は来年3月に廃止するのしないのとゴタゴタしてる最中です(参照参照参照)。
 高齢者に免許を返上させるなら、公共交通機関を充実させるのも必要でしょう。
 もっとも、それよりは高齢者はみんな街中に住めという政策をとられそうで怖いですが。

 それに、免許証はほとんどの人が持っている一番身近な公的な身分証明書です。
 氏名も住所も顔写真もありますし、定期的に更新があります。
 便利なんですよねー。

 免許証に代わる身分証明書の普及も必要なのかもしれません。
 僕個人としては、「免許の返上」の前に「免許の休止」という段階を作ってみてはどうかと思います。

 休止中の免許をもっていても運転はできませんが、再開の申請をすれば講習後に無条件で運転できることにするのです。
 更新は10年以上あるほうが良いでしょう。もちろん更新を怠ると免許は取り消されます。

 使わない免許のために頻繁に更新に行くのは面倒ですし、全然運転していないある意味怖い人たちが優良運転者になる矛盾も解消できます。
 また、ペーパードライバーが運転を再開しようとするときに講習を受けなければならないのも利点です。

 どうかねやりませんかね。

 やらんでしょうな。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 古賀市 事件

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/657-edcfdc3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。