湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


自閉症について(3)~ICD-10における小児自閉症
 まあまずは軽くICD-10(参照)における「小児自閉症(Childhood autism)」の診断基準を見てみたいと思います。


F84.0 小児自閉症 Childhood autism

 3歳以前に現れる発達の異常および/または障害の存在、そして相互的社会的関係、コミュニケーション、限局した反復的な行動の3つの領域すべてにみられる特徴的な型の機能の異常によって定義される広汎性発達障害。この障害は女児に比べ男児に3倍ないし4倍多く出現する。

【診断ガイドライン】

 通常、先行する明確な正常発達の時期は存在しないが、もし存在しても、それは3歳以下までである。相互的な社会関係の質的障害が常に存在する。これらは、他者の情緒表出に対する反応の欠如、および/または社会的文脈に応じた行動の調節の欠如によって示されるような、社会的-情緒的な手がかりの察知の不適切さ、社会的信号の使用の拙劣さと、社会的、情緒的、およびコミュニケーション行動の統合の弱さ、そしてとくに社会的-情緒的な相互性の欠如という形をとる。同様に、コミュニケーションにおける質的な障害も普遍的である。これらはどのような言語力があっても、それの社会的使用の欠如、ごっこ遊びや社会的模倣遊びの障害、言葉のやりとりのさいの同調性の乏しさや相互性の欠如、言語表現のさいの不十分な柔軟性や思考過程において創造性や創造力にかなり欠けること、他人からの言語的および非言語的な働きかけに対する情緒的な反応の欠如、コミュニケーションの調節を反映する声の抑揚や強調の変化の使用の障害、および話し言葉でのコミュニケーションにさいして、強調したり意味を補うための身振りの同様な欠如、という形をとる。

 またこの状態は、微小で反復性の常同的な行動、関心、活動によって特徴づけられる。これらは日常機能の広い範囲にわたって、柔軟性のない型どおりなことを押しつける傾向を示す。通常、これは、馴染んだ習慣や遊びのパターンにとどまらず、新しい活動にも当てはまる。とくに幼児期に、ふつうでない、典型的な場合は柔らかくない物体に対する特別な執着がみられることがある。小児は、無意味な儀式によって、特殊な決まりきったやりかたに固執することがある。これらは日時、道順あるいは、時刻表などへの関心に関連した、常同的な没頭であることがあり、しばしば常同運動がみられる。物の本質的でない要素(たとえばそのにおいや感触)に特別な関心をもつこともよくある。個人の環境において、いつも決まっていることやその細部の変更(たとえば、過程において飾りや家具を動かすことなど)に抵抗することがある。

 これらの特異的な診断特徴に加えて、自閉症の小児が、恐れ/恐怖症、睡眠と摂食の障害、かんしゃく発作や攻撃性など一連の非特異的な問題を呈することがしばしばある。(手首を咬むなどの)自傷はかなり一般的であり、とくに重度の精神遅滞が合併している場合にそうである。自閉症をもった多くの人が、余暇を過ごすさい、自発性、積極性、創造性を欠き、(課題自体は十分能力の範囲内のものでも)作業時に概念を操作して作業をすることが困難である。自閉症に特徴的な欠陥の特異的な徴候は成長するにしたがい変化するが、これらの欠陥は、社会性、コミュニケーション、興味の問題というパターンがほぼ同様のままで成人に達しても持続する。診断がなされるためには、発達の異常は生後3年以内に存在していなければならないが、この症侯群はすべての年齢群で診断しうる。

 自閉症にはすべての水準のIQが随伴するが、約4分の3の症例では、著しい精神遅滞が認められる。

<含> 自閉性障害

    幼児自閉症(infantile autism)

    小児精神病

    カナー症侯群

〔鑑別診断〕広汎性発達障害の他の項は別にして、以下のものを考慮することが重要である:二次的な社会的-情緒的諸問題をともなった受容性言語障害の特異的発達障害(F80.2)、反応性愛着障害(F94.1)あるいは脱抑制性愛着障害(F94.2)、何らかの情緒/行為障害をともなった精神遅滞(F70-79)、通常より早期発症の精神分裂病(F20.-)、レット症侯群(F84.2)。

<除>自閉性精神病質(F84.5)

 うっへー。長いですな。
 僕の手元の簡易版にはこう出ています。

 次のように定義される広汎性発達障害の一型である.つまり,(a)3歳以前に現れる発達の異常または障害の存在,および(b)相互的人間関係,コミュニケーション,限定された常同的な反復行動という3つの精神病理学上の領域すべてにおける特徴的な機能異常の存在である.このような特異的な診断特徴に加えて,恐怖症,睡眠と摂食の障害,かんしゃく発作,(自己指向的な)攻撃性といった,他の非特異的な問題を呈することがしばしばである.

 自閉性障害
 小児自閉症
 小児精神病
 カナー症候群

 除外:自閉性精神病質

関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福祉 心理学 広汎性発達障害

テーマ:発達障害 - ジャンル:福祉・ボランティア


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/662-569786ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。