湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


西鉄が福岡市内にLRT導入を検討?/九州大学工学部旧本館は保存されるのか?
 今年の福岡市都市景観賞の1つに九州大学工学部本館(関連)が選ばれた(参照)そうですが、市政だよりには現在地での活用が期待されていると書かれていました。
 いや、何に使うの?

 しかし、九大は何のために移転したんですかね(不評な例)。

 で、九大といえばチンチン電車です(強引)。

西鉄が福岡市内で路面電車復活?


 西日本鉄道(福岡市)が福岡市の路面電車復活に向けた検討を始める。11日にまとめた今後10年の経営方針に、公共交通の利用を増やす手段として「LRT(新型路面電車)導入の検討」を盛り込んだ。
 西鉄は約90年間、福岡、北九州両市などで路面電車を運行。61年度には計2億6700万人が利用した。交通渋滞がひどくなって福岡市は79年、北九州市では00年に全廃し、主軸を路線バスに移した。だが、原油高や乗客減でバス事業は03年度から5年続けて赤字だ。
 地下を掘る工事がいらないLRTは建設費が地下鉄より安く、1人を1キロ運ぶのに排出するCO2もバスの3分の1だ。地下鉄とバスの「いいとこどり」の交通機関として注目され、06年に日本初の本格的なLRTが富山市で運行を始めた。
 ただ、交通渋滞がさらに悪化するなどの問題があり、実現はそう簡単ではない。西鉄の高崎繁行経営企画本部長は「(復活は)福岡市などの協力が得られるのが前提だが、市内を循環する路線があってもいい」と話している。(米谷陽一)
(福岡市で路面電車復活? 西鉄が検討開始へ・2008年11月11日付朝日新聞)

 これって、天神・渡辺通まちづくり研究会(参照)が出していた天神LRT(渡辺通LRT)構想(参照)のことですかね?
 個人的には天神と百道浜を結ぶ路線がほしいですが。

 天神・渡辺通まちづくり研究会の幹事は九州電力、副幹事は西鉄と福岡銀行。他にダイエー新天町商店街、福岡新都心開発、九州朝日放送が参加。事務局は財団法人福岡アジア都市研究所特定非営利活動法人ComPus

 まあ、そもそも福岡市内の路面電車は交通渋滞を理由に廃止されたわけですから、同じような路線だとまた同じことになりかねません。
 代わりに路線バスが減るといわれても、全てが置き換わるわけではないでしょうしねぇ。


【2008年11月18日追記】

旧工学部本館旧工学部本館総合研究博物館と産業技術数理研究センターの看板
 工学部移転後の現在、旧工学部本館には総合研究博物館産業技術数理研究センターが入居しているようです。
 それでも広すぎるようですが。
 ちなみに、重要文化財の大学本部第一庁舎にはまだ事務局が入っているようです。
旧言語文化部(旧応用力学研究所・旧法文学部棟)

 正門脇の旧言語文化部(旧応用力学研究所・旧法文学部棟)の周りには鉄線が巻かれ、立ち入り禁止になっていました。
 確かに前から打ち捨てられたような建物でしたが、物悲しくなる風景です。
 どうやら、主でない建物は残りそうにありません。
 旧航空学教室とか旧応用化学教室等は戦争の生き証人なんですがね。

【2009年7月17日追記】

 関連記事を書いたついでに2008年11月16日現在の写真を追加しました。

【2011年8月28日追記】

 九大箱崎キャンパス跡地利用については地元住民が2008年2月に提案しているようです。
 少なくとも旧理系キャンパス位は公園化して欲しいですね。
 できるだけ今の建物を残して・・・。

 九州大箱崎キャンパス(福岡市東区、42・6ヘクタール)移転後の跡地利用について、地元の東箱崎校区の住民らでつくる検討委員会(山内啓徳代表)が独自の提案書をまとめ、九大や福岡市などに提出した。跡地全体を公園にし、総合環境・防災ステーションを設置することなどを打ち出している。
 同校区は約半分を箱崎キャンパスが占めていることから、住民らが2003年5月に検討委を設置。校区内の約3000世帯を対象に実施した住民アンケートを基に、提案書の作成を進めてきた。
 提案では、キャンパス内にある歴史的な建造物や樹木を保存しながら、▽災害時の救難資材の備蓄や避難場所、防災関連の研究施設として利用する防災ステーション設置▽箱崎中の移転など文教施設の立地▽歴史・平和資料館や県立図書館の誘致――などを行うよう求めている。
(箱崎キャンパス跡地 公園・防災拠点に、地元住民提案・2008年2月9日 読売新聞)


 一方で福岡市は2010年から検討を始めていたようです。

 九州大の伊都キャンパスへの移転に関連し、福岡市の吉田宏市長は4日、箱崎キャンパス(東区、42・6ヘクタール)移転後の跡地利用計画について、今年から検討に入る考えを明らかにした。
 吉田市長はこの日の年頭記者会見で「40ヘクタールに及ぶ都心の土地をどうするかは福岡の成長にとって大きな話で、市としてもしっかり取り組まねばならない。今年は(跡地利用方法として)こういうものがあり得るというデザインを始める年にしたい」と述べた。
 市によると、箱崎キャンパスはすでに工学系の移転が完了し、理学系や農学系などが2019年度までに移転する予定。跡地の利用方法は決まっていない。移転を終えた六本松キャンパス(中央区、6・5ヘクタール)は、北側に商業施設や住宅を集め、南側に裁判所や検察庁などの法曹関係施設が移るよう計画されている。
(九大箱崎キャンパスの跡地利用、福岡市が検討へ・2010年1月5日付読売新聞)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 西日本鉄道 歴史的建造物 LRT(LightRailTransit) 福岡LRT構想

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
路面電車?
あの会社が電車など笑止千万
【2008/11/13 08:16】 URL | 鼠後輩 #- [ 編集]


「福岡市などの協力が得られるのが前提」なんで、そこんとこよろしく!
【2008/11/14 13:27】 URL | 兼梨騒也(仮称) #SFo5/nok [ 編集]


協力ねぇ
【2008/11/16 23:24】 URL | 鼠後輩 #- [ 編集]

西鉄はいい奴ですよ
たぶん・・・
【2008/11/19 02:18】 URL | 兼梨騒也(仮称) #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/674-9a9244ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。