湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


年金のプロは年金不要
 様々な事件がおきてますね。
 宗像では、永田寿康元衆議院議員が医療法人所有の保養所で自殺を図った後、抜け出して徘徊しているところを12日に保護されたそうです(参照)。
 医療法人といえば、関係のある医療法人財団池友会でしょうか。
 ここは、福岡和白病院新小文字病院新行橋病院福岡新水巻病院香椎丘リハビリテーション病院福岡和白PET画像診断クリニック等を傘下にもつ(参照)法人です。
 最近では、宗像市の元玄海総合庁舎(旧玄海町役場)跡地を買い取って独自のドクターヘリの運用もはじめた法人です(参照)。
 ちなみに以前はこれまた親族が関係している健繊株式会社の役員をしていたということで(参照)、僕から見れば恵まれた人生だと思うんですがね。

 で、国籍法の改正案も衆議院を通過しています(参照)。
 これは、証拠がなくても父親が認知すれば日本国籍が得られるというある意味危険な法案のようですが、法務委員会での審議は実質3時間程度だったそうです。

元厚生事務次官経験者と家族が襲われる

 また、東京と埼玉で厚生事務次官経験者とその配偶者が襲われ、2人が死亡しています(参照)。
 2人とも年金関係の中心人物だったそうで、そのあたりが原因のテロを疑われているようです(参照)。
 で、事務次官経験者には注意を呼びかけたり(参照)警備を強化したりしているようです(参照)。
 その割には犯行声明等は出ていないようですが。

年金のプロは年金不要の生活?

 一番驚いたのが、お2人とも年金が要らないような生活をしていらっしゃったらしいということ。
 犯罪被害者をあまり悪く言いたくありませんし、詮索もしたくないのですが・・・。

 さいたま市内で殺害された元次官は、全国生活協同組合連合会理事長(参照参照)。
 ここは、県民共済、府民共済、道民共済、全国共済の元締めです。

 いわゆる生協の元締めである日本生活協同組合連合会や、国民共済の全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)とは別のようです。

 東京都中野区で配偶者が重傷を負った元次官は厚生年金事業振興団顧問(参照)。
 社会保険庁が建設した厚生年金施設(厚生年金会館、厚生年金休暇センター、厚生年金病院等)の運営を行っているところです(参照)。

普段どおり生活する次官は天下りしていない?

 「こんなことではひるまない。家に閉じこもらないし、明日もあさっても、普段通り活動しますよ」と豪語している(参照)元次官の肩書きは「弁護士」のようです。
 まあ、この人も旧厚生省顧問や年金資金運用基金理事長をやったようですが(参照)。
 グリーンピア等の破綻では最大の責任者と目してる人もいるようですね(参照)。

 まあ、現在の年金不信の責任を感じて自活しているのならいいのですがね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 事件 社会

テーマ:年金 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/684-1ded0e1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。