湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


新宮町で福岡空港問題のシンポジウム
 本屋で私鉄の廃線跡を歩くIV 中国・四国・九州編(キャンブックス) (キャンブックス)という本を見かけました。
 宮地岳線が載っていました。

 4ページほどでしたが、よくまとまっていてとても読みやすかったです。

<新宮町で福岡空港問題のシンポジウム>

 先日ご紹介した新宮での福岡空港問題に関する集会ですが、行われたようです。

 福岡空港(福岡市博多区)の過密化問題を考える集いが18日、新宮町であり、今里滋・同志社大大学院教授が講演した。同町は国などが過密化対策の1つに挙げる「海上新空港案」の建設候補地。元九州大大学院教授で、2003年の福岡県知事選に新空港反対を掲げて立候補した今里氏は「新空港は必要ない」とあらためて強調。住民投票を行って、地元の意思を示すべきだとの考えを示した。
 集会は、過密化対策の検討手法の疑問点を整理しようと市民団体などが企画。町民など約150人が参加した。
 今里氏は、過密化対策の検討が調査情報の開示と意見を公募する「パブリックインボルブメント(PI)」方式で行われていることについて、「手続き的には評価していい」と述べた。
 その一方、「(国などは)巧妙に既成事実を包み隠しているようにも思える」とも語り、「(行政は)ただ単に住民の話を聞き置くだけでなく、意思決定に住民の意見を反映させないといけない。行政と市民が情報を出し合い、徹底的に議論し合う場をつくるべきだ」と主張した。
 新空港建設案には「成長主義の神話に基づく需要予測はおかしい。地球環境に取り返しのつかない負荷をかけることになる」と異を唱えた。
(「新空港は必要ない」 「海上案」建設候補地の新宮町 今里教授が講演・2009年1月19日付西日本新聞朝刊)

 どうもこれは新福岡空港反対派の集会だったようです。

新福岡空港問題でシンポジウム開かれる 18日午後新宮町で、「福岡空港の総合的な調査 PIを考える集い」が開かれた。主催したのは「市民PI会議」で、周辺住民ら約150名が参加した。
 集会では主催者から、国、県、福岡市でつくる連絡調整会議は「結論ありき」で進められ住民の意思が反映されていないと批判し、主権者の声が反映されるステップ5や住民投票が必要と訴えた。続いて講演に立った今里滋・同志社大教授は、これまでの公共工事のありかたを批判し、新福岡空港案は「新空港はいらない。成長神話に基づく需要予測はおかしい。脱成長で地球環境への負荷を抑え、環境を未来に残していく責務がわれわれにある」と訴えた。
 その後のパイロットを含んだシンポでは、さきのアメリカのハドソン川での飛行機事故の事例など様々な問題を始め、環境問題や佐賀・北九州空港との連携、活動のすすめかたなどについて参加者同士の議論も行なわれた。
 集会は最後に、麻生知事あてに、PIの延長や佐賀・北九州空港との連携の再検討を求める決議文や署名を19日午後に提出することを確認した。
 主催者のひとりは「きょうの集まりは初めての参加者も多く、また前向きの意見が出され成功だった。今後につなげていきたい」と語った。
(新福岡空港問題でシンポジウム開かれる・2009年01月19日)

 確かに国や福岡県、福岡市の様子は結論ありきにも見えます。
 まあそれはお互い様という側面もあるわけで、僕も福岡空港はこのままで何もしなくていいんじゃないのという結論ありきですからねぇ。

<新空港建設は新宮町に富をもたらす?>

 一方、同じ新宮町の町議会議員である田村せいし氏は町議会で中野昌昭新宮町長に対して次のように質問しています(参照)。
「空港による税収入は大きなもので新宮町に税が入って来るか来ないか新宮町の将来を左右する大問題であると認識する。新宮町を舵取りする町長として『三苫・新宮ゾーン』を歓迎する気持ち(誘致)を述べても良いと思うがどうか。 福岡空港問題について町長はどのような所見をお持ちなのか伺う。」
 地元には税収入の増加を歓迎する動きもあるということですね。
 まあ、福岡市か古賀市と合併すれば新宮のためには使われないことになってしまいますが。

 反対意見については、陸から離れているので騒音は心配ない。海の環境についても大きな影響を与えない建設方法が考えられているとしています(参照)。

<新宮町長は慎重姿勢>

 これに対し町長は次のように答えています。
「福岡空港は、日本における重要な拠点である。アジアの窓口としての役目を認識する。主旨は理解できるが、諸問題があり財政の点だけで誘致をするのは、まだ早計である。」

 中野町長は別の懇談でも「新空港建設には、環境・騒音の問題や漁民の生活権などの問題がこれから大きな課題となる」とし、「玄界灘の自然環境を壊すことはあってはならない」と指摘しているようです。
 その上で、町内19の行政区で住民との懇談会を開いているとおっしゃって、住民の意見をよく効いた上で判断する姿勢のようです(参照)。

<いくら環境に配慮しても予想外の被害は起きる>

 首長が慎重なのは何よりですが、環境に配慮した建設方法ってどんな方法を使うんでしょうね。
 砂浜ってデリケートで、20年位前にどこかの海岸で砂の流出が問題になっていました。
 それはどうも海砂の採取が原因ではないかと言われていました。
 そんな沖の海砂採取が海岸線の砂流出に繋がるなんて、誰も考えていませんでした。

 最近、古賀の海岸では砂がたまるのが問題(飛砂問題)になっています(参照)。
 古賀の防砂林の半分は(法的には)いつ伐採されてもおかしくない状態だそう(参照)で、住宅にも被害が及びそうな勢いです。
 この原因の一つは消波ブロックではないかと言われているようです(参照)。
 これも予想外の出来事です。

 美しい海岸線を守るためには慎重な検討が必要なのです。

<新空港反対論者の大きな理由は「無駄だから」では?>

 それに、空港に反対している人は単にうるさいからとか目障りだとかいう理由だけで反対しているのではないと思います。
 以前、高層ビル待望論と環境対策費問題について疑問を書きました。

 正直、そんなに新しい空港が必要なのかと多くの住民が感じているから反対論が根強い(参照)のではないでしょうか。

<容量限界論の嘘?>

 そもそも、福岡空港の容量が限界に近づいているという話自体、信じている住民はそんなに多くいません。

 福岡県(麻生渉知事)などが、新福岡空港建設が必要だと主張する最大の根拠は、「いまの福岡空港は、近い将来『容量限界』に達する」という現状認識です。
 昨年の福岡空港の年間離着陸回数は、約十四万三千回。滑走路が一本の国内空港としては、全国最多です。県などは、離着陸回数の限界は十六万回前後と試算しています。
 一日の時間帯別離着陸回数は、午前九時、十時、十一時台、午後五時台が、一時間あたり三十二回を超え、「これ以上の増便は極めて困難」だと主張しています。
 ところが最近、この『容量限界』論に対する疑問が、日本共産党福岡県議団をはじめ、多くの識者から指摘されるようになってきました。
 第一の疑問は、「確かに便数は多いが、飛行機の中は本当に混雑しているのか」という疑問です。
 福岡空港国内線発着の今年八月のダイヤをみてみましょう。一日あたりの離着陸は三百十八便、このうち最も利用者の多い東京(羽田)便は九十二便に達し、全体の約三割を占めています。
 この東京便一便あたり、どれくらいの座席が埋まっているのか、「平均搭乗率」を県議会で高智彦県議が質問しました(〇一年十一月)。
 その答えは、平均六三%余(九九年度)。三分の一以上の座席が空席であることが明らかになりました。航空各社のシェア競争の関係から、便数は多いものの、輸送能力には大きな余裕があるとわかったのです。
(どうする?新福岡空港 福岡空港 『容量限界』論への挑戦)

 つまりは、便数は多いが搭乗率には余裕があるという考え方です。
 しかし、多くの住民はそんなコムズカシイコトを言わなくてもこう感じているのではないでしょうか。

 日本の人口は減るのに飛行機の利用者が増えるわけないやろ。と。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡空港 新宮町 環境 政治

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/725-a6824007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。