湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


古賀市の誇り?市立図書館
 今日は歩いて職場から歩いて30分の副都心(と言うほどでもないか)の銀行に行きました。
 仕事で入居者さんたちのお金をおろさないといけなかったのですが、歳末で込んでいるという話だったからです。
 で、帰ってリフォーム業者さんと職場の建物の傷みを最小の費用で効果的に補修する方法を考えた後ウラガミ作りに励みました。

 ウラガミ作りとは裏金作りの誤植ではなく、ゴミの中から裏が白い紙を探し出して再利用用紙の棚に入れる仕事です。

 で、夜は家に帰ることができました。

 節約について考えた日でしたが、節約といえば以前旧古賀町立図書館が花鶴会館という結婚式場の再利用で、古賀町中央公民館(現古賀市中央公民館研修棟)も古賀中学校の旧校舎の廃物利用だったことを書きました。

 前回僕は、

 古賀町立図書館は昭和8年に席内村出身の大阪の医師薄恕一氏が故郷の席内村に村立図書館(薄図書館)を寄贈したのが始まりだそうで、敗戦によって一時閉鎖されましたが僕の生まれた1973(昭和48)年の10月に再び古賀駅前に町立図書館として開館しました(参照)。
 当時の蔵書は3751冊だったそうですが、その後も増えていて、結構寄贈図書も多かった記憶があります。何より、町立図書館の建物は花鶴会館という結婚式場の再利用だったと聞いています。
 1階は普通の図書館でしたが、上の階には座敷というか宴会場みたいな部屋もありました。
 思えば、中央公民館(現中央公民館研修棟)も古賀中学校の旧校舎の廃物利用でした。
 ちなみに旧図書館は平成6年4月から10月まで休館した後11月から12月にかけて解体されました(参照)。平成8年1月には蔵書数10万冊を超えたそうです。

 と書きましたが、平成13年12月21日の筑後市議会で古賀市立図書館の話題が出ていました。

 さらには、今、私たちは目に見えるものばかりをとかく追いたがりますけれども、ぜひ筑後市の将来は、文化の薫りのある筑後市でなくてはならないというふうに考えます。そういう意味で、この福岡県におきまして、大変恥ずかしいといいますか、不名誉なと申しますか、古賀市と筑後市だけが市立の図書館が設立されていないということでございまして、各方面からもぜひこういうものはつくるべきだという強い要望を私自身も聞いておるところでございまして、この図書館建設に関しましては、早速にでも私は図書館、さらには文化、教養、そういうものを含んだ総合施設という踏まえ方をして検討に入りたいと思っております。
(参照)

 これは、恐らく就任直後の桑野照史市長の施政方針演説のようです。
 え?別の資料では

昭和48年には、県下で2番目となる古賀町立図書館が創設されました。
(参照)

と出ているんですが・・・。

 ちなみに県下で1番の図書館については不明。どの範囲(公共なのか市町村立なのか町立なのか)で2番目なのかも不明。

 ただ、筑後市にはいまだに「図書館」はないようで筑後市中央公民館図書室がその役割を担っているようです。
 だからと言って市長の公約が反故にされたわけでもないようで、市民団体として筑後市図書館を考える市民の会というのも活動しているようです。
 後から作るということは、先に作ったものを参考にできるということです。じっくり考えていい物ができればと思います。

【2007年1月2日追加】

 その後の調べで、2004(平成16)年12月9日の筑後市議会でも桑野筑後市長は「しかし、御指摘のように、どなたかおっしゃったとおりでありますが、市民の知的水準をはかるバロメーターだと、福岡県の中では古賀市と筑後市と言いよったら古賀市ができたんで、もう不名誉な筑後市だけというふうになったということは、大変私もこれから市民の皆さん方に協働の先頭に立ったまちづくりをしていっていただくためには、環境としては恥ずかしいと思っております。」と述べています(参照)。
 古賀市職員は誰か一人くらい筑後市に行って訂正すべきではないでしょうか(^_^;)

 ちなみに筑後市が市立図書館をいまだに作れない理由としては市町村合併がどうなるか分からないということもあるようです。

【2009年5月26日追加】

 福岡県立図書館によると、古賀町立図書館が開館したのは昭和60年度以前。
 当時、市立図書館があった福岡県内の市は福岡市・北九州市・久留米市・大牟田市・直方市・飯塚市・田川市・甘木市・大川市・八女市の10市。
 町村立図書館があった町村は、古賀町・芦屋町・方城町・椎田町の4町だったようです。

 ちなみに、平成20年10月1日現在、福岡県内には28の市と38の町村があるようですが、そのうち図書館があるのは25市22町村だそうです(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 古賀市 古賀市政 地方自治 政治 教育 歴史 古賀市立図書館

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/73-2dccae5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。