湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福岡空港問題意見割れる(上)
 まずは軽く福祉関係のニュースから。

 福祉サービスを利用する障害者に原則1割の自己負担を課す障害者自立支援法は憲法が定める「法の下の平等」に反するなどとして、滋賀県在住の障害者4人が国や各自治体に自己負担をなくすよう求めた集団訴訟の第1回口頭弁論が22日、大津地裁(石原稚也(ちがや)裁判長)であった。原告2人の親族が意見陳述し、同法施行後の苦しい生活の実情などを訴えた。国や自治体側は「(障害者自立支援法は)平等権を侵害するものではない」などとする答弁書を提出し、全面的に争う姿勢を示した。
 この集団訴訟は昨年10月末、全国の障害者ら30人が東京や大阪など8地裁に一斉に起こしており、口頭弁論は大津地裁が初めて。
 滋賀の原告は、知的障害がある29~46歳の男女4人。意見陳述に立った原告の橋田直子さん(45)の母静子さん(69)は「支援が必要な人たちが人間らしく生きていけるような制度にしてほしい。このような悪法を残したまま、娘を残して死んでいくことはできない」と訴えた。
(障害者自立支援法違憲訴訟 国、全面的に争う姿勢・2009年1月22日付朝日新聞)

 この障害者自立支援法。かなり現場としては苦しくなりました。
 しかし、大きなのはこの1割負担ではありません。この自己負担は、収入に応じて上限が設けられているので、思ったよりは負担になっていません(いや、負担増なのは間違いないんですよ)。
 事業所への行政からの支払いも渋くなったので、そっちの面で自己負担を求められるようになったというのが問題としては大きいような気がします。

 まあ、愚痴はともかくまたまた福岡空港問題です。

<福岡県が地元選出国会議員と意見交換>

 福岡空港の「過密化」対策に関して、福岡県が県選出国会議員との意見交換をしたのだそうです。

 福岡空港(福岡市博多区)の過密化対策をめぐり、福岡県が21日に都内で開いた同県選出の国会議員との意見交換会では、与野党双方から活発な意見が出された。与党側は出席議員16人の約半数が「海上新空港案」を支持したが、「現空港の滑走路増設案」や「北九州空港との連携案」を主張する議員もおり、意見が割れた。野党側からは新空港案への慎重論が相次いだが、考えを明確にしない議員が多かった。
 意見交換会は与野党別々に行われた。県側が同空港に関する一般市民への意見募集で、滑走路増設案については賛成が49%、反対が28%、新空港案については賛成が35%、反対が39%だったことなどを紹介した。
 与党議員では、自民党の山崎拓前副総裁が「100年の大計として考えるべきであり、アジアの玄関口という視点も持つならば、新設案にすべきではないか」と主張。公明党の東順治副代表も「九州が道州になり、アジアと経済共同体として動いていくというときに、ハブ空港としての24時間空港が不可欠だ」と新空港案を支持した。出席者によると、公明党は4人のうち3人が新空港を支持したという。
 一方、自民党の古賀誠選対委員長は「費用や工事期間などを考慮し、現実路線を取るべきだ」と滑走路増設案への賛成を表明。北九州地区選出議員からは、新空港案に反対し、北九州空港との連携案を求める声が多かった。麻生太郎首相や鳩山邦夫総務相は国会日程のため欠席した。
 野党側は民主、社民、国民新各党の議員や秘書約10人が出席。新空港案支持を明言した議員はおらず、民主党の古賀一成衆院議員は増設案、国民新党の自見庄三郎参院議員は連携案を主張したが、明確な態度表明を避ける議員が多かったという。
 会合後、麻生知事は「非常にいろんな意見が出た。どの案を選択しても反発はある。難しいが、苦渋の判断をしなければならない」と述べた。
 麻生知事は23日には主要企業でつくる新福岡空港促進協議会、25日に福岡商工会議所、28日に福岡経済同友会とも意見交換。これらの意見などを参考に、3月までにどの案を支持するか表明する方針。
(福岡空港過密化対策 与党 意見割れる 野党 新設に慎重 知事と国会議員が会合・2009年1月22日付 西日本新聞朝刊)


<与党議員は意見分かれる>

 で、記事からそれぞれの国会議員の意見を拾ってみました。

山崎拓(自民党山崎派・衆議院福岡2区)

「100年の大計として考えるべきであり、アジアの玄関口という視点も持つならば、新設案にすべきではないか」(参照)
「道州制への移行を念頭に、アジアの玄関口という視点も持つならば、新設案にすべき」(参照)

太田誠一(自民党古賀派・衆議院福岡3区)

「巨額の費用がかかるため、海上の新空港建設には反対」(参照)

渡辺具能(自民党山崎派・衆議院福岡4区)

「福岡の将来のことを考えると新空港がいい」(参照)

原田義昭(自民党山崎派・衆議院福岡5区)

「大事な問題。結論はもう少し考えたい。」(参照)

古賀誠(自民党古賀派・衆議院福岡7区)

「費用や工事期間などを考慮し、現実路線を取るべきだ」(参照)
「一番現実的で費用も安く、工事期間も短い増設を支持」(参照)

武田良太(自民党山崎派・衆議院福岡11区 )

「増設案と新設案の二者択一はだめ。北九州空港の拡張も検討すべきだ。」(参照)

東順治(公明党・衆議院比例代表)

「九州が道州になり、アジアと経済共同体として動いていくというときに、ハブ空港としての24時間空港が不可欠だ」(参照)
「東アジアのハブ都市になるためには新空港のような24時間空港が不可欠」(参照)

※ 公明党は4人中3人が新空港支持

麻生太郎総理大臣(自民党麻生派・衆議院福岡8区)

国会日程のため欠席(参照)
政調会長当時、新空港に待ったをかけている(参照)

鳩山邦夫総務大臣(自民党津島派・衆議院福岡6区)

国会日程のため欠席(参照)

<野党は態度あいまい>

松本龍(民主党・衆議院福岡1区)

「財政、環境の面から、個人的には増設案」(参照)

古賀一成(民主党・衆議院比例代表)

「国際空港として飛躍する可能性もあるが、滑走路増設で対応できるのではないか」(参照)

岩本司(民主党・参議院福岡県)

「会合で、どちらを支持するとかは言わず、現状を教えてもらいたいとだけ発言した」(参照)

自見庄三郎(国民新党・参議院比例代表)

「県の財政状況を考えても、北九州空港と連携していく方がいい」(参照)

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡空港 環境 政治

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/730-b352d149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。