湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福岡空港問題 経済界は新空港案推す?
 23日に書いた朝日新聞の記事云々ですが、多分、誤報でした。
 国土交通省と朝日新聞と関係者各位に深くお詫び申し上げます。

 実際の記事はこんなもののようです。

 国土交通省は福岡空港の国内線第1、2両ターミナルビルを東に約100メートル移設し、跡地を利用して現在1本の誘導路を複線化する方針を固めた。同空港は現在、過密化対策として、新空港を造るか、現空港を拡張するかを市民に意見を募って検討中だが、いずれの場合にも当面の需要増に対応するため必要と判断した。早ければ来年度以降、整備計画や基本設計、実施設計を定め、早期着工を目指す。
 新ターミナルビルは現在駐車場になっている部分に建設する。新ビルへの接続のため、国内線第3ターミナルビルも一部改築する見込み。事業費は約340億円で国が3分の2を負担し、残りは福岡県と福岡市、空港運営会社で分担する。
 第2ターミナルは東京、大阪、名古屋、北海道、沖縄など国内主要路線に、第1はそれ以外の地方路線に、第3は主に到着用として使われている。こうした区分は変わらない見通しという。
 誘導路は発着機がターミナルビル前の駐機場と滑走路を行き来するのに使われる。現在の1本では通行量が限られ、発着の遅れにつながりかねないことから、2本に増やして混雑を緩和する。
 福岡空港の年間発着回数は07年度は14万2千回だった。同省は12年度には処理能力の限界とされる14万5千回を超えると予想している。同省担当者は「誘導路の複線化により発着回数を若干増やせる。抜本的な解決にはならないが、新空港や現空港拡張の実現には10~15年かかるので、現在打てる手を打っていく必要がある」と話している。(ソウ=専の寸が日=喜郁)

     ◇

 〈福岡空港ターミナルビル〉 1969年に第1ビルの供用を始め、74年に第2ビルが開業。81年には国際線旅客ターミナルビル(現第3ビル)の運用が始まった。しかし、長期的な展望を欠いたまま増築を続けたため、乗り継ぎの際にわかりにくいなど不便さが指摘されていた。このため、99年に空港西側に国際線旅客ターミナルを新築し、東側の第3ビルを国内線専用として再整備した。空港全体の旅客数は02年度の1968万人をピークに減少傾向にあり、07年度は1783万人だった。
(福岡空港ビル100メートル移設 誘導路増やし混雑緩和・2009年1月25日付朝日新聞)

 つまりは新空港建設か新滑走路増設までのつなぎの話です。
 しかも、滑走路ではなく誘導路の増設の話です。

 一方で、福岡商工会議所の会頭は新空港案を押したのだそうです。

<福岡商工会議所の河部浩幸会頭は新空港を希望>


 ◇河部会頭は新設要望

 現空港の滑走路増設か海上新空港建設かで検討が進む福岡空港の過密化問題で、県と福岡市は25日、新空港案を推す福岡商工会議所(河部浩幸会頭)と意見交換会を開いた。冒頭あいさつで麻生渡知事は「福岡空港は市だけでなく県全体、あるいは広く西日本の拠点空港で、これが十分に機能することが地域の発展にとって最も重要だ」とし、年度内に結論を出す意向を改めて強調した。
 会合後、報道陣の取材に応じた河部会頭は「商工会議所としてこれまでに3回、要望してきたが、ぜひ新空港でお願いしたいと改めて申し上げた」。新空港の要望理由について「100年の大計に立って空港問題を考え、アジアとの交流を活発にし、多様な交流を進める点で、福岡は日本で最も重要な位置にある」と説明。それに伴う地元の費用負担については「具体的な話はなかったが相当な負担があることは理解している」と話した。
 麻生知事は「新空港案、増設案の2案で検討していると申し上げた。今、どうこう言う段階でないので具体的には言っていない」。また会合の様子について「縷々(るる)意見が出た」とし、北九州空港を含めた県全体の空港政策などについても意見が出されたと話した。
 会合では、空港利用者らの意見を聞いた結果報告もあった。8018人から寄せられた2万8557件のうち両案などについての意見(19万60件)を分類したところ、新空港について賛成18・7%▽反対20・6%。増設案は賛成22・5%▽反対13・1%--だった。【鈴木美穂】
(福岡空港:過密化問題 麻生知事「年度内に結論」 商議所と意見交換 /福岡・2009年1月26日付毎日新聞福岡都市圏版)

 予想通りの答えです。
 てか、このような意見が出されることは予想通りなのですから、このような意見を言われるために話し合ったのではという見方もできます。
 ま、まあ、意見を聞かずに判断するのも宜しくないんでしょうが。

<福岡市の吉田宏市長の意見は?>

 西日本新聞によるとこの場には福岡市の吉田市長も同席していたのだとか。
 吉田市長はどのようなコメントをしたのでしょうか?

 まあ、福岡市長と会談する場もあるそうですから、そこで何らかの意見を言うのでしょうが。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡空港 環境 政治

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/735-87d6dc5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。