湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福津市の弾薬庫(陸軍上西郷航空廠弾薬倉庫)
 一昨年の夏のある日、涼を求めて僕たち一家は山の手をさまよっていました。
 その際、福津市の山間の田んぼの中に奇妙な建物を見つけました。

※ 本日の記事は旧陸軍について扱っていますが、僕は軍隊にあまり詳しくありません。ご注意ください。


<福津市の山間に不思議な建物>

 明らかに違和感のあるコンクリート製の建物(と言っても屋根と3方の壁だけといった感じ)が、半ば土に埋もれて3つほど建っていました。
 あれ何???
 と家族で話しましたが、少し見て通り過ぎました。

大きな地図で見る
 結局、ほたるの里(本木川自然公園)を見つけたのですが開けすぎていて直射日光が熱く、とても涼しいとは言えなかったので泣く泣く帰ってきました。

 で、ブログには書けずお蔵入りになっていました。
 なぜか写真も消してしまっています。

<その建物は旧陸軍の弾薬庫跡地>

 ところが、最近知ったのですが、そのコンクリートの建物って旧日本軍の弾薬庫の跡地だったそうです。

 名前は陸軍上西郷航空廠弾薬倉庫

上西郷区には、周りを田で囲まれた古い倉庫があります。これはかつての弾薬庫で、昭和十八年から十九年にかけて急きょ作られたものでした。昭和十八年八月、陸軍から当時の上西郷村へ依頼があり、村が提供した土地約百万平方メートルに兵舎・作業舎・弾薬庫などが建設されました。昭和十九年には当時の国鉄福間駅から鉄道の引き込み線も敷かれ、軍需品の輸送が行われました。この弾薬庫のことは一般の人には何も知らされず、昭和二十年の終戦と同時に閉鎖されました。翌年には鉄道の引き込み線が取り去られ、今はありません。三棟残った弾薬庫跡は現在、農家の資材置き場として使われています。

 実は津屋崎には九州国防訓練場というのがあったそうで、これが秘密の陸軍飛行場(津屋崎陸軍飛行場?)だったのだそうです。
 また、上西郷地区に関しては大刀洗から移転した航空補給廠があったとのことで、この弾薬庫でしょうか(参照参照)。

 この弾薬庫、結構話題になっているようで、以前にこのブログでも紹介したおっちーさんのブログでも(参照参照)、よく参考にさせていただいているタケさんのブログでも(参照参照)取り上げられています。
 響さんという方のブログにも出ています(参照)。

 暇があったらまた行って、写真を撮って来ようと思います。

<旧陸軍といえば古賀市の造兵廠跡地>

 旧陸軍といえば、古賀市の古賀西小学校は旧陸軍造兵廠だった(参照)そうです。
 造兵廠というのは、まあ、兵器工場ですな(参照)。

 正確には、陸軍造兵廠が敗戦によって閉鎖され、跡地に1947(昭和22)年組合立古賀中学校ができ、その移転後に古賀高校ができ、その移転後に古賀西小学校ができたということです。

 ただ、これもよく分からないんですよね。

 福岡県の旧陸軍造兵廠と言えば小倉陸軍造兵廠(参照参照)や東京第二陸軍造兵廠曽根製造所(参照参照)が有名ですが、それらの疎開先としては立石(大分県山香町)、日田(大分県日田市)、吉井(福岡県吉井町・工場ではなく宿泊先?)、溝部(大分県山国町)、春日製造所(福岡県春日市)、糸口山製造所(大分県宇佐市)しか見つかりませんでした(参照参照参照参照参照参照参照参照)。

 別の陸軍**廠の誤りかもなと調べてみました。
 福岡陸軍被服支廠(陸軍被服廠福岡支廠)、福岡陸軍需品支廠(陸軍需品廠福岡支廠)、福岡陸軍衛生材料支廠(陸軍衛生材料廠福岡支廠)、福岡陸軍糧秣支廠(陸軍糧秣廠福岡支廠)というのは見つかりましたが、所在地は分かりませんでした(参照参照)。

<福間は陸軍の本土決戦の拠点だった?>

 終戦時、福間町には第56軍管下第351師団というのがいたようです。
 第56軍というのは本土決戦に備えて1945年4月21日に編成されたグループだそうで、本部は飯塚にあったようです(参照)。
 で、この師団って宇都宮から来てたようです。 1945年5月23日に編成されたそうです(参照)から、本当に本土決戦のために作られたという感じです。
 この師団には歩兵第328連隊、歩兵第329連隊、歩兵第330連隊、第351師団噴進砲隊、第351師団工兵隊、第351師団輜重兵中隊、第351師団通信隊、第351師団野戦病院というのが所属していたようです(参照)。

【2012年4月14日追記】

 「元陸軍の小倉造兵廠の分場」について、追加情報がありました(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福津市 歴史的建造物

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

福間にある厚生年金プールがある所って昔は競馬場だったんです。競馬場になる前は「軍」の馬の訓練所みたいな場所だったって聞いたことがあります。小学生のころあそこには「馬の幽霊」がでるっていう話が流れました・・。
【2009/02/07 13:24】 URL | でん #m8JvC3AQ [ 編集]

Re: タイトルなし
競馬場は知っていましたが軍の馬の訓練場とは知りませんでした。
しっかし幽霊ですか。
古賀西小学校にも兵隊さんの幽霊が出るという伝説がありましたよ(^_^;)
【2009/02/11 00:37】 URL | 兼梨騒也(仮称) #SFo5/nok [ 編集]


はじめまして、heijiといいます。
小倉造兵廠のことをいろいろと調べていて、
知れば知るほど、奥が深いというか、軍部が国民に
隠していたというか、政府が国民に教育していないと
いうか、いろいろなことが分かって来ました。
 と言っても、まだまだほんの一部でしょうが。
日本における造兵廠は、関東大震災までは、東京と
大阪。以降は、大阪と小倉。その2つに集積していた
ものと思っていました。
 古賀にもあったんですね。
兼梨騒也さんの地元に行った時は、ぜひ古賀の
戦争遺産を見に行きたいです。
【2009/08/07 08:52】 URL | heiji303 #- [ 編集]

Re: タイトルなし
小倉から九州各地に疎開した例はあったようです。
ただ、古賀にあったのもその類なのかはよく分かりません。

また、今では単に小学校が建っているだけですので・・・。
高校跡か中学跡の石碑ができていたかな?
【2009/08/10 02:38】 URL | 兼梨騒也(仮称) #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/748-9af2bbeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。