湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福岡市議会で地下鉄箱崎線(2号線)と西鉄貝塚線直通問題俎上に
 まず、お詫びです。
 先日、清田進氏という方からメールを頂いたとご紹介しましたが、この方は政治家だったようです。

 画廊経営の清田進氏(45)は28日、福岡市で記者会見し、衆院福岡1区から国民新党公認で立候補する考えを表明した。比例九州との重複立候補になるという。
 清田氏は2003年の福岡市議選に無所属で立候補、落選している。「憲法改正と新福岡空港反対の二本柱を訴えたい」と話した。
(福岡1区で清田氏が出馬 国民新党公認で・2005年8月28日共同通信)

 かなり昔の話ではありますが・・・。
 安易にご紹介して申しわけありませんでした。今後は気をつけます。

 さて、先日ああだこうだ書いていた地下鉄箱崎線(2号線)と西鉄貝塚線(旧宮地岳線)直通問題ですが、福岡市議会にもっていかれたよう(参照)です。

 ◇実現へ意見相次ぐ

 福岡市は28日、市地下鉄箱崎線(中洲川端-貝塚駅)と西鉄貝塚線(貝塚-西鉄新宮駅)の直通運転実現に向け、09年度にも需要予測を発表し、事業費の算定、国の補助制度の活用などを検討していく考えを明らかにした。この日の市議会交通対策特別委員会で市側が答弁した。
 地下鉄と西鉄の両路線の貝塚駅は隣接しているが、乗り換えには双方の改札を通る必要がある。直通運転は71年からの懸案事項で02年には乗り入れを求める請願が議会で採択された。しかし、実現には(1)西鉄線のレール強化(2)車両の整備などの課題があり、計画は棚上げされていた。
 この日の委員会では「一刻も早く直通の実現を」との意見が相次ぎ、所管する市住宅都市局の副島広巳都市計画部長は「沿線人口の増加など利用客増が見込める要素も出てきた。1~2年をめどに検討し次のステップに進みたい」と前向きな姿勢を強調した。
 一方、安全面を問う質問に、市側は07年度に実施した地下鉄車両の西鉄線走行実験の結果に触れ、「速度など条件を変え3回走らせたが問題はなかった」と説明した。【鈴木美穂】
(福岡市:地下鉄箱崎線-西鉄貝塚線「早期に直通運転を」--市議会委 /福岡・2009年1月29日付毎日新聞福岡都市圏版)

 へー。前向きですか。
 もう僕らには関係ないけどね(^_^;)

 まあ、西鉄も赤字部分を切り捨てて身軽になったところでいっちょ勝負に出るかと考えているのかもしれませんし、そうなるとあながち無関係ではありません。

 しかしまあ、今後どのくらい予算がかかるか分からないのに「一刻も早く直通の実現を」とか言っちゃっていいんでしょうかね。
 オラ知らね~。

 どうでもいいことですが、渡辺具能代議士が宮地岳線とつなげるぞと言っていた洞海湾鉄道構想のホームページがありました。
 真面目に考えていたとはびっくりです。

 しかも、担当は港湾空港局空港企画室・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 西鉄宮地岳線(現貝塚線) 福岡市地下鉄箱崎線(2号線) 福岡市 福岡空港

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/753-1739e504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。