湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


国登録文化財旧九州鉄道城山三連橋梁付近ではやぶさを待つ!
 3月4日に、「福岡空港の過密化対策で、福岡県の麻生渡知事が当面の選択肢として滑走路増設案を選び、将来の海上新空港建設にも含みを残す形で県としての意見を表明する見通しとなった。」と報道された模様です(参照)。
 ただ、実際正式に決まったのは、「26日に開かれる定例県議会の最終本会議で態度表明する」ということだけのようです。

 福岡空港(福岡市博多区)の過密化対策をめぐり、福岡県の麻生渡知事は4日、同県議会主要4会派の代表者たちと意見交換し、26日に開かれる定例県議会の最終本会議で態度表明することを正式に決めた。対策は海上での新空港建設と現空港での滑走路増設の2案に絞られ、県議会や関係者の間では知事の増設案選択が有力視される中、判断が注目される。
 意見交換は麻生知事と自民党県議団、民主・県政クラブ、公明党、緑友会の主要4会派代表者のほか、正副議長が出席。各代表者が会派の意見を知事に伝えた。
 最大会派の自民党県議団の蔵内勇夫会長は「会派内でさまざまな意見があったことを斟酌(しんしゃく)し、知事の考え方に委ねたい」と述べ、知事の判断を尊重する意向を示した。
 民主・県政クラブの助信良平会長は「現空港の設備や機能を有効活用すべきだ」と話し、海上新空港案に反対。ほかの2会派は、派内で意見がまとまっていないことを伝えた。
 麻生知事は「多様な意見があり、一本化は大変難しい。最終的には私が判断しなければならない」と述べた。
 知事は1月以降、県選出国会議員や経済界、関係自治体の首長などと意見交換を重ねてきた。この日が最後とみられていたが、報道陣に対し、追加で意見交換の場を設ける考えを明らかにした。
(知事 26日態度表明 福岡空港の過密化対策・2009年3月5日付西日本新聞朝刊)

 地元の政界関係者は事実上みんな知事に丸投げした形になってしまっているので、知事も判断が難しいんでしょうね。

 それはともかく、昨日は国登録文化財旧九州鉄道城山三連橋梁(関連)近くに寝台特急「はやぶさ」の写真を撮りに行きました。

 携帯電話を持って・・・。

<城山三連橋梁までのあらすじ>

 実は結構前から夜勤明けや休みの日に何度か「はやぶさ」を撮りに行っていました。

 以前は、寝台特急の写真を撮りに行くのは、夜勤だと難しいなぁと勝手に思っていました。
 ところが、よく時刻表を見てみると仕事が終わってすぐに職場を出れば間に合いそうです。
 で、最近はたまに職場の近くの線路に撮りに行っています。

 でも、携帯しかないからうまく撮れないんですよね。
 特にシャッターを押してからシャッターが下りるまでのタイムラグと、暗いとぼけてしまう(レンズ口径の問題?)問題が大きいです。
 ですから、なるべく明るい開けたところでないとうまく撮れません。

 そんな中、昨日、どうも「はやぶさ」が1時間以上遅れているらしいという情報が某所に出ていました。
 せっかくの機会だから、以前行った国登録文化財旧九州鉄道城山三連橋梁の辺りから撮ってみようと思い立ちました。
 あそこは明るすぎて開けすぎていましたからね・・・。

<で、筑紫野に向かいました。原付で>

 そういうわけで、筑紫野に向かいました。
 途中、イオンモール筑紫野の近くの田んぼで「ゆふいんの森」を見ました。
田んぼの中を行くゆふいんの森
 これって、いつもは「はやぶさ」の後に通っている列車です。

 ん?なら普段でもここまで来れるってことかい。

 まあ、あと1週間しか「はやぶさ」は走っていませんけどね・・・。

<で、国登録文化財旧九州鉄道城山三連橋梁上に立つ!>

 で、旧九州鉄道城山三連橋梁に着きました。
 ほら、電車がよく見えます(この写真は帰る前に撮った物です)。
国登録文化財旧九州鉄道城山三連橋梁から見る鹿児島本線
 でも、曇ってます。嫌な予感が・・・。
 それにここには誰もお仲間がいなくて、下手したら1時間以上待つのに暇なことこの上ありません。

 で、以前電車から見た近くの有名撮影地を偵察にいくことにしました。

 途中、梅が咲いていたりして、この集落もなかなか絵になりそうです。
梅と電車
 構えていると、見たことのない黄色い列車も通りました。
 「Yufu Deluxe」と書いているようです。
黄色い列車

<遂に有名撮影地到達!(それほど大げさなもんでもないか)>

 で、鹿児島本線の築堤をくぐると、そこは(多分)有名撮影スポットです。
 夫婦みたいな方が先に来ていらっしゃいました。
有名撮影スポット
 お話を聞くと唐津の方で、蒸気機関車の時代からずっと鉄道写真をとりつづけていた方のようです。

 こういった写真というのは、お目当ての列車が通る一瞬のために何時間も前から待つのだそうです。
 で、構図なんかを考えておいて一発勝負で撮るのだそうです。
 ですから場所は早い者勝ちで、後から来た人は前からいる人の邪魔にならないようにするのが不文律なのだそうです。
 なかなか難しいものだと思いました。

 そんなお話を聞きながら通る列車を撮りつつ構図を考えていらっしゃいました。
 僕は手持ちの携帯ですから構図もくそもないんですが。

 色々通っていきましたが、ある意味ブルートレインも通りました。
これもブルートレイン(大村線のシーサイドライナーらしい)
 これは、「Sea Side Liner」と書かれていて、長崎の大村線を走っている列車だそうです。

<遂に来た「はやぶさ」>

 まあ、通るのは12時15分位になるだろうと予想していると、12時8分くらいにやってきました。
やっと来たはやぶさ
 大体普段は10時30分くらいに通るそうなので、100分ほど遅れていた計算になります。
 この列車をずっと見守ってきたんだろうなと思われる大きな木の横を通り、熊本へと消えていきました。
はやぶさを見守る大木
 僕は普段、鉄道趣味の方とお話する機会がありませんので、なかなか楽しい時間を過ごすことができました。
 写真はピンぼけですが・・・。

<遅れの原因はいたずら?>

 で、この遅れの原因はいたずらだったようです。

 5日午前3時25分ごろ、倉敷市のJR山陽線庭瀬―中庄間を走行中の東京発大分・熊本行き下り寝台特急「富士・はやぶさ」に非常ブレーキがかかり、緊急停止した。
 車掌らが確認したところ、3号車の非常停止スイッチが押された形跡があった。列車は約1時間後に運転再開したが、同5時15分ごろにも尾道市の同線東尾道―尾道間で4号車の同スイッチが入り、再び緊急停止した。
 JR岡山支社は、乗客がスイッチを作動させた可能性が高いとみており、広島駅で広島県警鉄道警察隊が列車に乗り込み車内を巡回した。
(寝台特急が緊急停止 JR山陽線 倉敷、尾道 非常スイッチ押された形跡・2009年03月05日山陽新聞)

 非常停止スイッチって、当たり前ですけど非常でなければ押しちゃいけないものですよね。
 遅れたらお客さんにも迷惑でしょうし、乗務員や関係者の方々にも余計なお仕事をさせることになります。
 走らせる時刻なんかも考え直さないといけないし、他の列車にも迷惑がかかるでしょう。
 おかげで僕はいい経験ができましたが、やっぱりよくないことだと思います。

 まさか帰りもやらないでしょうねぇ・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : ブルートレイン 歴史的建造物 歴史 福岡空港

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/778-90e48e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。