湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


もう一度ICカード乗車券について考える(1)~非接触式ICカードは便利
 5日に西鉄香椎駅周辺でイベントがあっていたようです。

 北九州市出身の作家、松本清張(1909‐1992)のファンクラブ「清張の会」(北九州市小倉北区)は5日午前9時半から、代表作「点と線」の舞台となった福岡市東区の西鉄香椎駅周辺を歩くイベントを開く。作品が発表された半世紀前の名残をとどめる同駅前の桜などを見て回る。
 同駅近くのJR香椎駅に集合。桜の前で記念撮影するほか、作品に出てくる香椎海岸や、仲哀天皇大本営跡などの史跡が残る香椎宮周辺を約2時間かけて散策。午後1時半からは、JR香椎駅ビル「フレスタ香椎」で、古代史研究家などによるトークショー「古代と香椎」を開催する。
 参加費は500円。同4時半からは懇親会(別料金)もある。事前申し込み不要。同会=090(4999)3929。
(「点と線」の舞台歩こう 清張の会 5日、香椎で催し 東区・2009年4月3日付西日本新聞朝刊)

 でも、海岸線も当時とは違いますしねぇ。
 今区画整理がされていますから、今後はもっと変わっていくんでしょうが・・・。

<最近逆風?福岡のICカード式乗車券>

 福岡もnimoca(ニモカ)、SUGOCA(スゴカ)、はやかけんの3つが乱立鼎立して盛り上がってるようですね。
 先日も博多駅でテレビが取材しているのを見ました。
 でも、便利便利というだけで、磁気カードよりは割引率が悪いことなんかはスルーしちゃってませんか?

 と思ったら、新聞にはこんな文章が・・・。

 地下鉄と西鉄バスをよく利用する福岡市の自営業女性(65)は、IC乗車券を選ばず、よかネットカードを使うことにした。西鉄の電車とバス、地下鉄のいずれでも使え、割引率も大きいと考えたからだ。「IC乗車券はまだ相互利用できないし、1枚のカードでお得なら、こっちがいい」
 前払い式のよかネットカードは、5000円カードを購入すれば、5500円分乗れる。一方で、はやかけんは1カ月の乗車料金が5000円で400円、ニモカは1カ月のバス乗車料金が5000円で250円お得で、割引率はよかネットに及ばない。
 地下鉄のみで使えるえふカードは5000円で900円、バスのみで使える西鉄バスカードは5000円で750円がお得で、割引率はさらに大きくなる。割引を重視して、IC乗車券を来春の相互利用まで買い控えする人は少なくなさそう。
 一方、JRと地下鉄に乗れるワイワイカードは、地下鉄に乗った場合のみ初乗り運賃が20円割引される。
(あなたはどれを選ぶ? IC乗車券出そろう 割引率なら「磁気」 目的で変わる選択 伸びる定期券利用・2009年3月26日付 西日本新聞朝刊)

 昨日取り上げた記事でも割引率なら磁気カードがお得と出ていましたね。

 毎日新聞の西鉄バスカード廃止を取り上げた記事にも出ていたようです。

 ニモカは利用金額に応じてポイントが付くが、割引率ではバスカードなどに劣る。両カード廃止は事実上の値上げとも受け取れるが、西鉄は「ニモカはバス、電車の乗車のほか、買い物にも使えてポイントが付く。値上げとは考えていない」としている。
(西鉄:バスカード廃止へ・2009年4月2日付毎日新聞西部朝刊)

 うーん。ここまで言われると、ICカードの良い点を書きたくなります・・・。

<定期券の場合はケースから出す手間が省ける>


 IC乗車券は3カードとも定期券タイプがあり、通常のものと割引率は変わらない。定期券は乗車料金に応じた割引とは関係ないため、市交通局は「利便性が高いIC乗車券への移行は、定期券が順調。定期券を中心にIC乗車券の利用は伸びる」と期待。IC定期券を購入した福岡市城南区の大学生立山桃子さん(21)は「カードをかざすだけでいいので、自動改札をスッと抜ける気持ち良さがある」と喜ぶ。
(あなたはどれを選ぶ? IC乗車券出そろう 割引率なら「磁気」 目的で変わる選択 伸びる定期券利用・2009年3月26日付 西日本新聞朝刊)

 記事にもあるように、定期券や乗り放題パスはパスケースから出す手間が省けて便利になるだけです。
 西鉄のnimocaやら地下鉄のはやかけんなんかはそういった乗り放題パスが結構移行するようですから、便利になりそうです。
 ま、まあ、自動改札以前の利便性がやっと戻ってきたと言うこともできますが(^_^;)

 この「利便性の向上」というのは定期券の場合と普通の切符の場合は若干違うと思います。
 定期券の場合、紙定期から磁気定期になっても不便になっただけです。
 普通の切符の場合、磁気カード導入で小銭を探す手間が省け、自動改札機対応磁気カード導入で券売機に行く手間が省け、ICカード導入でカードを出す手間が省けたという流れでしょう。


<JRで磁気カードを使う場合もケースから出さずに済む>

 それと、JRの磁気カードには元々プレミアがついていませんでしたから、JRしか使わない場合も便利になるだけです。
 ま、まあ、金券ショップで買えば安くなったわけですが。

<とりあえず誰であろうが取り出さないで済むのは楽>

 とりあえず、このパスケースをかざすだけですべてOKってのは好きな人には良いんでしょうね。
 ちょっと検索してみたら、その点に満足されている方が多いようです()。
 僕も、寝てる子どもを抱っこしていた時にはこれは便利だと思いました。

<カードが1枚で済む>

 福岡の場合、JRのみのオレンジカード。JRと地下鉄のワイワイカード。地下鉄のfカード。地下鉄と西鉄バス・電車のよかネットカード。西鉄バスのバスカードと磁気カードが乱立していました。
 少なくとも2種類は持っていないといけなかったわけで、それが来春からは1枚で済みます。

 しかも、買い物まで使えます。
 でも、日用品の買い物でクレジットカードとかデビットカードとか使っている人あまりいませんよね。

 西鉄大牟田線沿線の西鉄ストアでは結構nimocaで買い物をしている人を見かけます。
 支払いとポイントカード提示が1回で済むのは便利だということなんでしょうか。
 クレジットカードやデビットカードにはなかった利点かもしれません。
 理由はわかりませんが、少額決済にも向いているそうですからね。

 定期券がnimocaだから普及してるってのもあるのかもしれませんが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : SUGOCA(スゴカ) はやかけん(HAYAKAKEN) nimoca(ニモカ) 西鉄宮地岳線(現貝塚線)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/801-4f8da8c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。