湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


もう一度ICカード乗車券について考える(2)~色々な場所でポイントが付くのは便利
 2ちゃんねるを恐いものにしているのは誰か?という文章を読みました。
 文章の大意としては、「ネットコミュニティ上の誹謗中傷と、それから派生する出来事」をになう人には2種類いて、「誹謗中傷する人達」と「誹謗中傷に釣られる人達」である。
 原因を作るのは前者であるが、後者の方が恐ろしいという話でした。

 確かにその通りですね。
 それ以上に実質的な匿名掲示板の功罪については議論しなければならないのではないかと思いますが。

<ポイント制度は便利か?>

 記名式のnimoca(ニモカ)、SUGOCA(スゴカ)、はやかけんはポイント制度が利点の一つとされているようです。

 西鉄広報は「ニモカの電子マネーを使い、加盟店で買い物するとポイントがつくなど、総合的には磁気タイプに負けないお得感がある」と強調。市交通局も4月から、はやかけんを児童の見守り活動に活用するなど、独自のサービスを始める予定だ。利用者の普段の使い方や目的しだいで、どのカードを選択するかが変わってきそうだ。
(あなたはどれを選ぶ? IC乗車券出そろう 割引率なら「磁気」 目的で変わる選択 伸びる定期券利用・2009年3月26日付 西日本新聞朝刊)


 ニモカは利用金額に応じてポイントが付くが、割引率ではバスカードなどに劣る。両カード廃止は事実上の値上げとも受け取れるが、西鉄は「ニモカはバス、電車の乗車のほか、買い物にも使えてポイントが付く。値上げとは考えていない」としている。
(西鉄:バスカード廃止へ・2009年4月2日付毎日新聞西部朝刊)

 そうなんですよね。
 ポイントが付くだけnimocaはまだいい方です。
 福岡のような公共交通機関が弱い地方都市の場合、交通系だけのメリットでは普及しなさそうですしね。
 nimocaサービス開始から1ヶ月たった2008年6月17日時点でのnimoca発行数は7万4000枚で、ポイントが貯まる記名式のスターnimocaが約5万枚を占めるとのことです。

 ちなみに無記名式は約1万8000枚。クレジットカード一体型は約4500枚だそうです。

 また、利用頻度としては電車・バスでの利用が多いものの、利用金額だと電子マネーや現金ポイントカードとしての利用が上回っているということです。
 特にコンビニエンスストアとスーパーマーケットの利用が多く、電子マネーの平均利用額が他の交通系カードと比較すると高い傾向にある約900円なのだそうです。
 しかも、その時点での女性利用者の比率が8割強。年代で言うと、20代~30代が65%を占めているそうです。

 西日本鉄道ICカード事業部係長によると、「nimocaでは、『電子マネーを普及させるためにポイントがある』という戦略をとっていました。これがうまく奏功していまして、電子マネー文化を根付かせて、その先の新ビジネスの素地にもなってきています」ということらしいです(参照)。
 西鉄の狙いが見事に的中したということなんでしょうね。

 それに比べて、SUGOCAのポイントについては何かよく分かりませんもんね。今のところ。

<SUGOCAのポイント制度は情報錯綜(^_^;)>

 SUGOCAのポイント制度について、先日地域ポイントなるものを導入するらしいことを書きましたが、一部には電子マネーに限り来春ポイント導入(参照参照)との説もあります。

 ひどいのになると、「電子マネーの機能がついたスゴカでお買い物をすると、ポイントが貯まり特典がいっぱい。」、「「スゴカ]はJR九州管内の駅や販売店で使用すると、得々ポイントがもらえますからお買い物をすればするほどお得になって、ポイント交換で益々。」と書かれているサイト(参照)もあります。

 地域ポイントについては相手方の会社のプレスリリースに出ていたので間違いないでしょうが、その他についてはSUGOCA公式サイトには何も出ていません。

 このままだとSUGOCA一人負けは確定でしょう(参照)から、何かはするのでしょうが・・・。

<JR東日本のSuicaの例>

 で、JR東日本Suicaの事例を調べてみました。
 SuicaにはSuicaポイントというのがあるのだそうです。
 ただ、これもなかなか面倒くさくて、


  • 事前に「Suica ポイントクラブ」に入会しておく
  • ↑で登録したモバイル Suica、もしくは「クレジット一体型 Suica」を利用する

    (クレジット機能のない Suica カードは不可)
  • 特定の店で Suica 電子マネー決済を行う

    (現状ではほとんどが「エキナカ」店舗。電車・バスに乗っても貯まらない

(参照)

ということらしいです。

 と、いうことは、SUGOCAのポイント制度が始まったとしても、やはり電車やバスに乗ってもポイントがたまらない公算が強そうです。

<電子マネーは共通で使えるようになるがポイントは?>

 電子マネーについては、各ICカードの加盟店共通で使える(参照)ようになるようです。
 つまりは、Suica、nimoca、SUGOCA、はやかけんの加盟店すべてでSuica、nimoca、SUGOCA、はやかけんが使えるようになるわけです。
 これは便利ですが、この場合のポイントはどうなるのでしょう。

 前述のSuica ポイントの場合、「基本的にSuicaの電子マネー決済に対してポイントが付与される形となっており、JR西日本のICOCAや、来春スタート予定のPASMOなどを利用してもポイントは付与されない(参照)」ということです。
 つまり、nimoca加盟店でSUGOCAを使うというような場合、支払いはできるがポイントは付かない可能性は高いようです。

 似たような例として、地下鉄でnimocaを使った場合とか西鉄ではやかけんを使った場合は付くんでしょうかね。
 もっと言えば、SUGOCAで西鉄や地下鉄を使った場合どうなるんでしょうか?
 誰か知りませんかね?


<現在のポイントは継承されない?>

 だったら、今まで利用していた店舗で使えるICカードにすれば良さそうなものですが、従来のポイントカードで貯めたポイントをICカードに移行させることはできないようです。
 例えば西鉄ストアの場合、Niceカードのポイントは、スターnimocaカードには移行できなくなっています(参照)。

 ですから、Niceカードのポイントが500ポイントに貯まってお買い物券が出た時点でnimocaに移行しないと損をしてしまいます(セコイ・・・)。

<若干面倒?無駄がない?>

 にしてつストアNiceカードの場合、買い上げ210円(消費税込)で1ポイント。500ポイント貯まるとレジから自動的に500円分のお買い物券が出てきます(参照)。
 一方のnimocaの場合、買い上げ210円(消費税込)で1ポイントというのは同じです(参照)。
 独自ポイントカードから共通ポイントカードに移行して還元率が大幅に減った例もあります(参照)から、これはいいことだと思います。
 ただ、ポイントは自分で入金額に変換といけません(参照)。
 ただ、500ポイント到達という縛りはないようですので、ここは便利になったようです。

<加盟店をどれだけ増やせるか>

 まあ、店舗でポイントカードを活用している人って、それなりに気をつけた生活をしていますよね。
 買い物の際にはなるべくポイントカードを持っているお店に行くとか・・・。

 ICカードの場合は様々な店でポイントが付くわけですから、そういった心構えがいらない分気楽だとも言えるでしょう。
 従来のポイントカードとは違う人たち向けなのかもしれません。
 それならば、加盟店を増やす必要があるでしょう。

 現在のところ、駅の外で使える加盟店の数ではnimocaが優勢のようです(参照参照)。
 これも今のところですが、SUGOCAではポイントが付きませんので、nimoca以外の選択肢は考えられません。

 ただ、JR九州にはドラッグイレブンとか九州地区のam/pmが傘下にあるようです。
 ドラッグイレブンは全体で171店舗ある(参照)そうで、九州地区のam/pmは約110店舗だそうです。
 2009年6月上旬には九州地区のam/pm全店でSUGOCAが使えるようになる(参照)そうで、加盟店舗数だけで言えばかなり増えるかもしれません。

<でも買い物に使うならスーパーやろ>

 でも、日常の生活で効率よくポイントを貯めるなら、スーパーマーケットで使えないと話になりません。
 nimocaは、現在のところにしてつストア12店舗で使えるよう(参照)ですが、にしてつストアの店舗数は40店舗(2007年1月現在・参照)なのだそうですからさらに増えると思われます。

 ただ、にしてつストアだけじゃそれほど便利な感じがしません。

<イオングループの動向は?>

 現在店舗数が多いスーパーマーケットはイオングループでしょうが、イオン九州株式会社の99店舗(2008年2月末現在)、マックスバリュ九州株式会社の98店舗(2008年2月20日現在)をあわせると全九州で200店舗ということになります。

 ちなみに株式会社ダイエーは全国で207店舗(2008年2月末)だそうです。
 九州ではグループ会社の株式会社グルメシティ九州が13店舗(2008年2月末)あるそうですが、イオンはとてつもない店舗数です。

 イオングループにはJR東日本のSuicaと提携したイオンSuicaカードなるものがあって、イオンのポイントカードとしてもSuicaとしても使えるのだそうです。

 還元率は悪いのだそうですが(参照)。

 で、単純にSuica単体でもイオングループの店舗で使えるようですが、「関東甲信越・東北・中部エリアのジャスコ、サティ、マックスバリュなどの店舗」ですか使えませんので、九州では使えません(参照)。

 ですが、nimocaかSUGOCAかはやかけんのどれかが九州地区のイオンで使えるようになる可能性もあるわけです。
 JR西日本のICOCAもイオングループで使えるようですからね(参照)。
 そうなると、そのカードの利便性は一気に上がってしまいます。

 ただし、JR東海のTOICAは電子マネー機能自体が2010年春導入ですので使えません。
 JR北海道のKITACAも今のところイオングループでは使えないようです。
 JR四国は2014年に「高松琴平電気鉄道、土佐電気鉄道、伊予鉄道と共同で共通カードを発行する予定(参照参照)」だそうです。


<にしてつストアより店舗数の多いスーパーの動向は?>

 他にも福岡県に地盤があるスーパーには、サンリブ・マルショクグループ(175店舗)やマルキョウ(93店舗・2007年9月末現在)や株式会社西友が運営するサニー(77店舗・2007年10月24日現在)等があります。
 これらのスーパーでどれかのICカードが使えるようになれば、これもまた変わってくるかもしれません。

<とりあえず「待ち」か?>

 こうなってくると、来春の3カード相互利用までにどのように動くのか見極めてからどのICカードを選ぶのか決めた方が良さそうです。
 今のところはnimocaしかありえませんけどね。
 とりあえず僕は、来年春まで従来のポイントカードを使って様子を見ようと思います。

 いろいろ問題はありますが、様々なお店で共通にポイントが貯まることや、支払いとポイントカード提示が一緒にできるのは大きな利点だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : SUGOCA(スゴカ) はやかけん(HAYAKAKEN) nimoca(ニモカ)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/802-8739d32c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。