湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


甘木に行った(2) 基山~甘木編
 ちょっと古い話になりますが、梅田望夫(参照)という人が「日本のWebは『残念』」だと言ったとかで騒ぎになっていたようです(参照参照)。
 本人の6月7日付の日記にこのことについての所見が載っていましたが、他の人が書いたこの記事が自分の気もちに近いと丸投げされていました。

 どういう点が「残念」なのかというと、こういうことらしいです。

 英語圏ネット空間は地に着いてそういうところがありますからね。英語圏の空間というのは、学術論文が全部あるというところも含めて、知に関する最高峰の人たちが知をオープン化しているという現実もあるし。途上国援助みたいな文脈で教育コンテンツの充実みたいなのも圧倒的だし。頑張ってプロになって生計を立てるための、学習の高速道路みたいなのもあれば、登竜門を用意する会社もあったり。そういうことが次々起きているわけです。
 SNSの使われ方も全然違うし。もっと人生にとって必要なインフラみたいなものになってるわけ。
(日本のWebは「残念」 梅田望夫さんに聞く(前編) )

 確かにそうでしょうね。
 日本のWebって、個人的に使う場合は第2の人格でやってる気がします。

 本名でブログやWebページやSNSやってる人って少ないですし、名前を名乗らない人だっていますもんね。
 よく分かりませんが、あの「名前を名乗らない文化」ってけっこう珍しいんじゃないでしょうか?

 それはともかく、非商用分野での日本のWebが実社会に役立たない部分で成長してきたのは事実なんでしょう。
 それはそれで面白いのでしょうが、好きになれない人もいるってことなんでしょうね。

<喫煙天国基山駅>

 基山駅の甘木鉄道ホームにつくと、1両だけのディーゼルカーが待っていました。
 もう少し発車まで時間があるようですが、お客はけっこう中で待っています。
基山駅にて
 運転士さんは乗っていませんでしたが、ホームの隅の階段下あたりから談笑する声と煙草の臭いがしてきます。
 出発まで、しばしの休息というところでしょうか。

 しばらくすると、運転士さんが空いているドアから乗り込んで運転席に座りました。
 慣れた様子で軽く放送を入れると、あっさりと出発します。

 ぐんぐんとちょっとした坂を登り、カーブしながら国道3号線を越えていきます。

<工場マークの立野駅>

 カーブを降りて、工場や倉庫が多い一帯を通り過ぎます。
 きっと九州の道路交通の結節点である鳥栖ジャンクションに近いので、色々条件がよいのでしょう。
 しばらく走ると、立野駅に到着です。
 どうもこの駅は、九州縦断自動車道(九州道)のガード下のようです。

 しかし、いくら周囲に工場が多いからって、駅のマークが工場の絵なのは笑いました。
立野駅看板

<西鉄小郡駅近くに移転した小郡駅>

 しばらく南下すると、九州横断自動車道(大分道)と平行します。
 その高架下に以前の小郡駅のホームが残っています。

 その跡を過ぎると、線路は西鉄の線路をまたぐためにまた坂を登ります。

 坂を登りきり、西鉄小郡駅近くに小郡駅があります。
 3セク化後に利用者の利便性のために移転したということで、けっこう乗降が多いようでした。

 利用者の方は、けっこう運転士さんと顔見知りも多いようです。
 駅に着くと短い談笑が起こっていました。
小郡駅

<復活していた宝満川の鉄橋>

 次の大板井も高架上にあり、平行する大分道の高速バス停と直結しているようです。
大板井駅
 大板井を過ぎると、宝満川を渡ります。
 以前見学に来た時は、この鉄橋が落ちていました。
 復帰したようで、何事もなかったように通り過ぎていきます。

 で、以前見学に来た時(参照)に乗った松崎駅につきます。

 甘木線の駅って、駅前が広い駅が多いんですよね。
 ここもそうで、地元の人は駅周辺に車を止めて列車に乗ったりしてるそうです。

 まあ、新しい駅には何もないでしょうが。

 次の西太刀洗駅ではたくさんの人が降り、新し目の山隈駅を過ぎると太刀洗駅です。
 キリンビール工場が近いですが、そのビール工場は元々軍の飛行場跡。
 駅舎は平和記念館になっているんですが、以前来た時より少し綺麗になっていました。

<田んぼが広い>

 次の高田駅は、M田氏と自主制作映画のロケハンをした駅(参照)。
 よく知らないで行ったのですが、乗り通してみるとイメージに一番合う風景です。
 田んぼが広がっていて、小さな集落と駅があり、花に囲まれています。
田園風景
 内陸部の景色には沿岸部にはない良さがありますね。

 でも、結局ここは使わないことになって、企画自体もおじゃんになったのですが・・・。

<基山・小郡・大板井・甘木・・・>

 で、しばらく走ると終点の甘木です。
 5、6人ばかり降りたでしょうか。平日の昼間なんですが、予想より多かったです。

 駅の待合室では、傘が下向きにつるされていました。
 よく見ると、蛍光灯にツバメが巣を作っています。
 恐らく、いろいろなものが落ちてくるのでその予防なのでしょう。
甘木駅待合室のツバメの巣
 ちなみに多分ここだけだと思いますが、券売機もありました。
甘木駅
 こうして振り返ると、甘木鉄道は基山・小郡・大板井・甘木と乗換駅があるんですね。
 基山はJRと。
 小郡は西鉄と。
 大板井は高速バスと。
 甘木はまた西鉄と(路線バスもか?)。

 まあ、便利なんでしょうが、乗換えがあるとその分初乗り料金が発生して割高なんですよね。
 不採算路線を3セク化したり分社化したりすることがありますが、その点ではけっこう不便になるんでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/844-3c040602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。