湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


Power for Living
 先日、ぼーっとテレビを見ていたら、北海道日本ハムファイターズ(参照)のヒルマン監督(Thomas Brad (Trey) Hillman,1963.1.4-)が現れて何やら言っていました。

少年時代。私が神を信じた時から、
どんな試練も苦しいと感じたことはなかった。
必ず乗り越えられる。必ず道は開かれる。
試練は使命であると確信し、成功の道を歩んできた。
(参照)


 別に神を信じるのは立派なことだと思います。
 でも、そのことによって成功するというのはどうも胡散臭いと思ってしまいます。
 調べてみると、このCMを流しているのはアーサーSデモス財団(Arthur S. DeMoss Foundation.)という米国の団体らしく、CMに出ている人の多くはプロテスタントの信者として知られているようです(参照)。
 で、一応この団体は福音派の団体とされているようです。
 一応この組織に本を請求しても勧誘を受けることは無いそうです(参照)。
 ドイツでも同じような広告をしていたそうで、ドイツのマスメディアはいくつかこの団体について報じているそうです。

ただし、福音派の組織といっても中道的な立ち位置にあるわけではなく、キリスト教原理主義的な立場に近いとのこと。ドイツの雑誌"idea"によると、この組織は死刑に賛成し、同性愛と中絶に反対し、そしてキリスト教による学校のシステムを支持しているという。さらに、ドイツの雑誌"Spiegel"は、この組織はこうした主張の政治的組織に支援をしていると主張しています。ただしリンク先1の記事では、この事は確かとは言い切れないと指摘されています。こうした点がはっきりしない背景には、この組織がメディアからの取材にほとんど答えていないということがあります。
(参照)

 日本語のサイトを見ても住所すら書かれていませんし、日本での法人格があるのかも疑問です。
 また、英文なら公式サイトがあるかと思いましたが解説しているページが見つかったくらいで探し出せませんでした。
 まっとうな宣教団体かもしれませんが、アヤシク見られてしまうのは致し方ないのかなという気がします。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:TVCM - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事に対するコメント
怪しいか怪しくないか
紙一重ですね。
信者に言わせればこんなにありがたいものは無いというものでしょうが、そうでない人から見れば取って食われるかもしれないという代物、それが宗教じゃないですかね。

鎖国時代の幕府が経験済みだと思います。
【2007/01/10 21:33】 URL | やひ@久留米 #MkWzKcno [ 編集]

これ自体が宗教団体ではないようですが
 いわゆる宣教団体のようです。
 イエズス会みたいなもんですな(違う?)
 マスコミの取材を受けない謎の組織ではあるらしい(^_^;)
【2007/01/12 02:13】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/87-14256465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。