湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


天神周辺の古い建物
 昨日の部分日食(皆既日食・参照・参照)はすごかったですねぇ。
 曇っていたので、肉眼でも欠けている太陽が見えました。

 福岡市内の欠け始めは9:37。最大食は10:55。食終了は12:17とのこと。
 最大9割程度欠けるということでした(参照参照)が、それでもまぶしかったです。
 太陽は偉大ですね。

 数ヶ月前から色々なお店で遮光板を探していたんですが見つからず、溶接用の保護眼鏡を探したのですが太陽観察にも使えるような物は溶接作業には不向きのようでやはり見つからず、結局ピンホールで観察しました。

 まあ、福岡では2012年5月21日の7時25分に91.3%欠ける部分日食が見える(参照)そうですから、今から遮光板を買い叩いておこうと思います。

<西中洲の2本のビル>

 福岡のメインストリート貫線(明治通り)を博多側から川端、中洲と過ぎ、那珂川に架かる西大橋を渡ると、天神の入口に小さな公園があります。
 水上公園という名前ですが、確かに2つの川の合流地点にあって水上にあるような感じです。

 その向かいに、細長いビルが2軒建っています。
昭和通西中島橋よりキャナルシティ博多方面
 写真の右端の2軒です。

<大同生命福岡支社旧社屋(現明治の館)・福岡大同生命ビル>

 2軒のうち西側(福岡市中央区西中洲12-32か33)にあるのが福岡大同生命ビル。
 設計者は指宿真智雄・建築デザイン事務所。清水建設施工。
 1978年竣工(参照)とも1987年竣工(参照)とも1989年4月建設(参照)とも言われているようです。
 ちなみに14階建てで家賃は居抜料1220万円だって(^_^;)(参照)。

 以前建っていた大同生命福岡支社旧社屋(福岡大同生命館と呼んでた気も)は1982(昭和57)年前後に移設保存されたようです(参照参照)。
 清水組技師・田中実氏の設計(参照)だそうで、1912(明治45)年4月に建設されたギリギリ明治の建物でした(参照)。

 僕もこの前を通っていたはずなのですが、まったく記憶がありません。
 写真で見ると、赤煉瓦にドーム屋根の堂々とした建物です(参照参照)。

 この建物、現在はグリーンピア八女で移設保存されており、明治の館と呼ばれているようです。
 一応、県有形文化財に指定されているようです(参照参照参照参照)。
 ただ、1983(昭和58)年に移築されたのか(参照)1986(昭和61)年に移築されたのか(参照)よく分かりません。

 一応、大同生命福岡支社旧社屋移築保存調査報告書 (1983年)というのが公刊されているようなので、誰か知っていることでしょう。

<親和銀行福岡営業部>

 で、左手の少し低い四角いビルは親和銀行福岡営業部。
 ここには以前、佐世保に本店がある九州銀行の福岡支店の古いビルが建っていました。
 大同生命福岡支店の後に取り壊されたと記憶していますが、大同生命福岡支店のように保存はされませんでした。
 こちらの建物はおぼろげながら記憶にあったのですが、なんだか気の毒な気がしたのを覚えています。
 その後現在のビルが建ち、九州銀行福岡本部と呼ばれていたようです。

 その後2002年に九州銀行は同じ佐世保の親和銀行と一緒に九州親和ホールディングスになってこのビルは親和銀行福岡営業部になっているようです。
 2007年10月1日にはふくおかフィナンシャルグループ入りしたそうで、このビルもどうなるんでしょうね(参照)。

<旧福岡県公会堂貴賓館>

旧福岡県公会堂貴賓館
 この2軒の裏には旧福岡県公会堂貴賓館があります。
 「数少ない明治時代のフレンチルネッサンスを基調とする木造公共建造物として貴重なため」重要文化財だそうです。
 この建物は第13回九州沖縄八県連合共進会の来賓接待所として1910(明治43)年に作られたのだそうです。

 僕は博多駅と天神の間をよく歩いていましたが、その際はこの建物の前をよく通っていました。
 でも、入ったことはありません。
 入場料を取るからねぇ。

<旧日本生命九州支店>

旧日本生命九州支店
 最初の写真を撮った西中島橋から天神方面を見ると、重要文化財である旧日本生命九州支店(現福岡市赤煉瓦文化館)があります。
 1909(明治42)年建設で若干古く、設計者が東京駅等の設計で知られる辰野金吾氏だからかこちらは重要文化財だそうです。
 ちなみに1966(昭和41)年まで現役だったそうですが、その後福岡市に譲渡され、1990(平成2)年まで福岡市歴史資料館として活用されていたようです。

 一時期文学館を名乗っていた気もしますが、現在は赤煉瓦文化館というのが正式な名前のようです。

<日本銀行福岡支店>

日本銀行福岡支店
 旧日本生命九州支店から少し歩きます。
 近くには日本銀行福岡支店もありなかなか古そうですが、1951(昭和26)年に戦後初めて改築されたものだそうです。
 意外に新しい建物です。

<旧福岡県庁と福岡市役所>

 僕が子どもの頃には、福岡県庁(現アクロス福岡)や福岡市役所も古い建物でした(参照参照)。
 福岡県庁は1915(大正4)年2月に竣工したそうで、1981(昭和56)年に東公園に移転するまでこの場所にあったようです(参照)。
 県庁前の花時計はかすかに記憶があります。

 跡地はアクロス福岡と天神中央公園になっていますが、本館部分だけでも残せたのではないかなと思います。
 ただ、アクロス福岡も階段状になっていて屋上が緑化されているというユニークな建物。
 これはこれでいいんですよね~。
アクロス福岡
 一応、天神中央公園の端っこに昔の柱なんかがモニュメントとして残されています。
天神中央公園から見る福岡市役所
 その後、隣の市役所も改築しましたが、こちらは記憶に残っています。
 一応、市役所1階に旧市役所の模型が展示されています。

 建物自体はあまり面白味がありませんが、この裏の広場が結構広いです。
福岡市役所前広場

 関係ありませんが、この最後の写真は2006年7月13日に撮られたもののようです。
 「Serge Girard's Incredible Challenge/セルジュ・ジラール パリ~東京 276日間19300km世界最長記録への挑戦」と書かれた幕も写っていました。
 セルジュ・ジラール(Serge Girard)氏とはべらぼうに長い距離を走っているフランスの会社員だそうです(参照)。
 パリから東京への行程中、日本列島のスタート地点として福岡市を選んでくださったそうです(参照参照)。

 非常に名誉なことだと思いますが、福岡市役所の職員は非常に失礼で恥ずかしい思いがしました。
 何と、「2016年オリンピックを福岡に」と書かれた幟をコース両側に立てていたのです。

 もちろんジラール氏側のブログは小気味よくこの幟を無視しています(^_^;)(参照)。

 ちなみにこの年の博多どんたく港まつりでもどさくさまぎれに福岡オリンピック招致をテーマにしていました。
 福岡オリンピック招致が市民にかなり嫌われていたのは、こういった市側の姿勢も大きかったのではないでしょうかね。


【2009年8月2日追加】

 上に書いたアクロス福岡のステップガーデン。
 通称アクロス山として僕も暇な時に何度か登った事があります。

 アクロス福岡は1995年4月に開業したのだそうです(参照参照)が、当時はこのように大規模な屋上緑化の例は珍しかったようで「エコロジー建築の先駆けとしても高い評価を受けて」いると開発業者が自慢しています(参照)。
 何やら屋上緑化大賞なるものも受賞しているそうです(参照)。
 2000年9月にはヒートアイランド緩和効果があるのか作った会社が検証したのだそうで、色々役に立っているようです(参照)。

 いろいろ手放しで誉められています(参照参照参照)が、この屋上庭園は一度登りだしたら途中で止めにくいんですよね。
 もう少し気軽に登れたら嬉しいんですが・・・。

 福岡って空港が近いので高いビルは建てられませんが、その代わりにこういった個性的なビルを建てて目立ってやろうと考える人が多いんでしょうかね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/875-1d9e036b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。