湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福岡の地下街
 イケアという家具会社があります。
 まあ、組立て式家具の製造から販売までやっている会社です。
 ユニクロのような形式になるんですかね。
映画ソードフィッシュより映画ソードフィッシュより
 そのイケアが福岡に進出するかもしれないとか。

 家具量販店大手のイケア・ジャパンは27日、ソファやテーブルなど人気の1450品目を8月1日から平均25%値下げする、と発表した。不況による消費低迷や、ニトリなどライバル勢の値下げ攻勢に対抗するねらいだ。日本市場に進出した06年以降で、初めての本格値下げとなる。
 イケアはスウェーデンを発祥とする世界的な家具量販店。日本法人のラース・ペーテルソン社長が、27日の事業説明会で明らかにした。
 ペーテルソン社長は値下げの理由について、「昨秋からの不況で、消費者はお値打ち感を求めている。商品を手の届く価格にしないといけない」と説明した。
 値下げ対象となるのは全商品の約2割。例えば、現行価格が3万8千円の2人がけソファは2万8千円に、1500円のサイドテーブルは999円に値下げする。8月4日には、値下げを反映させた新カタログ計800万部の配布も始める予定だ。
 愛知県内に昨秋、物流センターが完成し、中国やマレーシア経由で持ち込んでいた商品を、生産拠点から直送できるようになり、物流コストを削減できるようになった。
 また、ペーテルソン社長は出店計画について、「名古屋や東京都西部を具体的に考えている。福岡も立地を探している。年内に2店舗の進出もありうる」と述べた。イケアは現在、千葉県船橋市や横浜市、神戸市などに計5店舗を展開している。09年度(08年9月~09年8月)の売上高は前年実績を4割強上回る約520億円を予想。来店者数は初めて2千万人を超えると見込んでいる。(内山修)
(イケア、1450品目を平均25%値下げ 出店拡大計画・2009年7月27日付朝日新聞)

 ニトリも進出してきて地元のナフコもヤバイと思っていたら次はイケアですか。
 まあ、微妙に違うっちゃ違うんでしょうがねぇ。

 さて先日、久しぶりに天神地下街に行ってきました。
 福岡市には博多駅前の博多駅地下街と都心の天神地区の天神地下街と2つの地下街があります。

<博多駅地下街(えきちか)>

 博多駅地下街は1964年11月に開業したそうで、どうやら福岡で最も古い地下街のようです。
 と言っても古い方と新しい方しかないわけですが。

 博多駅ビルにあった博多井筒屋地下から博多駅博多口駅前広場の地下を経て、福岡センタービル、福岡朝日ビル、博多新三井ビル、博多駅交通センターに繋がっている地下街です。

 1983(昭和58)年3月22日に福岡市地下鉄が博多駅まで延伸したようで、恐らくその時から地下鉄祗園駅までの地下通路も開通したようです。
 ちなみにこの時の地下鉄博多駅は仮駅で、1985(昭和60)年3月3日に現在の位置に移転しています。

 一応住所があるそうで、福岡市博多区博多駅中央街地下1号~5号なのだそうです(参照参照)。

 まあ、普通の地下街です。

 ちなみにここ、博多ステーションビルが運営している部分(3,362m2)と福岡朝日ビルが運営している部分(2,061m2)に分かれているようです。
 博多ステーションビルは交通センター地下街に隣接したY字型の部分。福岡朝日ビルは駅前広場の真ん中のドーム型の入口から入ってすぐの部分(参照参照)。そう言や確かにあのドームには福岡朝日ビルと書いてます。横には朝日新聞が張られた掲示板もありますね。
 広さは計5,423m2

 博多駅新駅舎完成の暁には新駅地下街の他に筑紫口のデイトス地下街との間の連絡地下道や博多駅前広場郵便局側の新博多駅地下街(仮称)のオープンも予定されているようです(参照)。

<天神地下街>

 天神地下街は1976年に開業した福岡最大の地下街です。
 と言っても大きい方と小さい方しかないわけですが。
 2005年に地下鉄七隈線天神南駅が開業したのに伴って、元々450m程度だったのが南に延長して600m位になっています。
 1~12番街まであって、店舗面積は11,400mm2。SC面積は28,000m2。テナント数は153。一日の歩行者通行量は約40万人だそうです。

 35,250m2という説もあります(参照)。

 この地下街は、福岡市の中心街である天神を南北に走る渡辺通の地下にあります。
 天神地区北部のミーナ天神から地下鉄天神駅を経て天神コアイムズソラリアステージ(西鉄福岡(天神)駅・西鉄天神バスセンター)、福岡三越博多大丸福岡天神店等の横を通り、地下鉄天神南駅に繋がっています。
 また、地下鉄天神駅の通路を通れば西は福岡天神センタービル、東はアクロス福岡まで行けます。
 中央部辺りからきらめき地下通路が接続していて、西にある岩田屋まで繋がっています。
 イムズの地下を介して東に地下通路が延びていて、ベスト電器本店、福岡市役所、アクロス福岡に繋がっています。

 ただ、市役所方面の通路を除いて地下の方が人通りが多いので、暑さ寒さや雨が気にならなければ地上の方が快適かもしれません(^_^;)
 ちなみに天神きらめき通り地下連絡通路はちょっと暑い・・・。


 こちらの住所は福岡市中央区天神二丁目地下1号~3号。第三セクターの福岡地下街開発が運営しています(参照)。

 この地下街の特徴は、ズバリデザインです。

19世紀ヨーロッパをイメージしてデザインされ、南欧風の石畳の道や唐草模様の天井が特徴。「劇場」というコンセプトのため、通路の照明は暗く、店舗は明るくライトアップされている。開業当初は暗いとの批判があり照明が増設されたが、その後取り外された。独特な雰囲気は今や天神の名物であり、好評を博している。またこのデザインには老朽化をほとんど感じさせないというメリットもあった。
(参照)

 老朽化を感じさせないというのは気が付きませんでしたが、確かにそうだ・・・。

ソードフィッシュ 特別版 [DVD]ソードフィッシュ 特別版 [DVD]
(2009/07/08)
ジョン・トラボルタヒュー・ジャックマン

商品詳細を見る


【2009年12月16日追記】

 少し新駅開業後の情報を書き加えました。


【2010年3月13日追記】

 イケアは新宮中央駅の隣接地に進出することになったようです(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/877-e30927bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。