湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


古賀市内の工場と福岡の工業
 福岡では九州松下電器(九松)として親しまれている(ようないないような)パナソニック コミュニケーションズ株式会社が本社機能を移転するとか。

 博多区美野島にある本社は、元は1932(昭和7)年に久留米の日本足袋(アサヒコーポレーション)が建設したもので、1954年に閉鎖されたもの。
 そこに1955(昭和30)年に誘致されたのが九州松下電器だったということです。

 建物自体は昔は5階建てでしたが、2005年に耐震改築されて2階建てになっています。
 現在は本社機能と開発部門が残っていて、工場ではないそうです。
パナソニックコミュニケーションズ本社屋

 さてその九州松下電器は2002(平成14)年に株式交換で松下電器産業(現パナソニック)の完全子会社となりました(参照参照)。
 その後、2003(平成15)年1月1日に九州松下電器と松下電送システムと松下通信工業の一部、松下電器産業システム営業本部の一部が統合されてパナソニック コミュニケーションズになり、なぜか福岡に本社を置きます(参照参照)。
 で、先日の発表によると、2010(平成22)年にパナソニック本体のシステムソリューションズ社を吸収合併してパナソニックシステムネットワークス株式会社に社名変更。本社機能を東京都目黒区(現東京オフィス・旧松下電送の本社)に移転する予定だそうです(参照参照)。
 まあ、現在でも東京オフィスには本社機能のうちマーケティング、営業、ショウルームがあるそうで、これに現本社の管理機能が移るってことなんでしょうね(参照)。

 しかし、大阪でなくて東京ですか。

これは要するに、私が大阪出身で、そして大阪自体が、この10年あまりで、いかに地方経済になり下がったかということを感じていて、実際、大学の友人も、大阪に残っているのは、役人か、警察か、独立行政法人、銀行くらいで、名だたる企業の本社機能は、東京に移転してしまったから、今は、大阪に仕事がないのだ。
この10年でも、三和銀行がなくなって、松下電器(パナソニック)も本社機能は東京に実質移ってしまって、ますます大阪は空洞化してしまったと思う。
「地方分権論」のうさんくささ

 大阪ですらこの危機感ですから、福岡のような地方都市はどうなってしまうんでしょうかね。

 と、九州松下の工場が移転してしまい、今度はパナソニックコミュニケーションズの本社機能まで移転してしまう福岡市ですが、以前はもっと工場があったようです。
 郊外にある古賀市に立地している工場を見てみると、以前福岡市にあったというものが案外多いです。

<戦前に移転>

 戦前に福岡市より移転してきた代表例が岡部機械工業株式会社です。
 岡部機械工業は、1914(大正3)年12月に岡部繁が福岡市吉塚で創業し、1918(大正7)年9月に合名会社岡部鐵工所を設立したのが始まりなのだそうです。
 1934(昭和9年)には糟屋郡古賀町(現古賀市)に移転。1939(昭和14)年12月に株式會社岡部鐵工所に組織変更したのを創立としているようです。
 現社名になったのは1958年6月(参照)。

 次に西部電機株式会社
 元々は福岡市比恵で1927(昭和2)年1月に創業された西部電気工業所が由来で、こちらも1939(昭和14)年に西部電機工業株式会社に改組しています。
 1942(昭和17)年12月に糟屋郡古賀町(現古賀市)に古賀工場を建設。終戦間近の1945(昭和20)年6月に比恵工場を閉鎖。本社を古賀に移しています。
 これは疎開の意味合いもあったようですが、戦後もそのまま残って、1986(昭和61)年7月には現在の社名になっています(参照)。

 疎開ということでは、株式会社峰製作所九州工場もきっかけはそうです。
 峰製作所は、1925年に峰嘉六が東京深川で個人創業したのが始まりで、1930年に合資会社峰製作所を設立しています。
 ところが1945年3月10日の東京大空襲で東京深川本社・工場が全焼してしまい、糸島郡前原町加布里に疎開。本社は東京築地に移しています。
 戦後の1947年に株式会社峰製作所を設立。その10年後の1957年に粕屋郡古賀町に九州工場を新築して移転しています(参照)。

 今日は奇しくも広島原爆の日ですね・・・。

<戦後に移転>

 戦後に福岡市から移転してきた代表格が株式会社正興電機製作所でしょうか。
 正興電機は1921(大正10)年に正興商会として創業。1928(昭和3)年に工場を開設していますが場所はよく分かりません。
 1935(昭和10)年には現在本社のある福岡市西堅粕284番地(当時)に工場を新設。
 1960(昭和35)年には商号を株式会社正興電機製作所に変更し、糟屋郡古賀町1295(現古賀市)に工場を新設しています。
 で、1981(昭和56)年には旧工場のあった福岡市博多区東光2-7-25に本社ビルが完成しています(参照)。

 古賀市ではありませんが、お隣の糟屋郡新宮町にある株式会社矢野特殊自動車も福岡市から移転してきた会社です。
 矢野特殊自動車は1922(大正11)年11月に福岡市春吉で創業された矢野オート工場が源流だそうです。
 1936(昭和11)年11月には本社と工場を福岡市美野島に移転。1942(昭和17)年11月には矢野特殊自動車製作所に改名しています。
 戦後1953(昭和28)年11月には株式会社矢野特殊自動車製作所を設立。1966(昭和41)年4月には本社と工場を福岡市上和白(唐の原)に移転しています。
 徐々に都心から郊外に移ってきた矢野特殊自動車ですが、1980(昭和55)年10月に糟屋郡新宮町に本社工場を建設。社名も株式会社矢野特殊自動車に変更したようです(参照)。

 一度福岡市内に本社を設けながら出戻った例もありました。
 ニビシ醤油株式会社は元々日本調味料醸造株式会社という名前で、1919(大正8)年に創業しました。
 翌1920(大正9)年には古賀工場の操業を開始。
 ところが、1959(昭和24)年に福岡市住吉に本社を移転。1965(昭和40)年に社名をニビシ醤油株式会社に変更した5年後に柳川にあった工場を古賀に統合。
 2003平成15)年には営業本部を古賀市に移転し、翌2004(平成16)年には本社登記も古賀市に変更しています(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/884-9a7cdde4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。