湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


ゼークトの組織論

 福岡県古賀市内の山中で大麻草を栽培したなどとして、県警は4日、大麻取締法違反(営利目的栽培など)の現行犯として、同県新宮町夜臼4丁目、自営業****容疑者(53)ら3人を逮捕したと発表した。
 ほかに逮捕されたのは、福岡市東区美和台2丁目、無職****(45)と同市中央区清川2丁目、引っ越し業手伝い****(***)(56)の両容疑者。県警の調べでは、**と**の両容疑者は古賀市の山中で大麻草31本を栽培した疑い。**容疑者は自宅で大麻草23本を栽培した疑い。**と**の両容疑者は「自分で吸うためだった」と営利目的を否認。**容疑者は容疑を認めているという。
 県警は**や**容疑者の自宅などから大麻草66本と乾燥大麻10キロ(末端価格計1億8000万円)を押収している。
(山林で大麻栽培 容疑者3人逮捕 福岡県警・2009年9月4日付 西日本新聞夕刊)

 またですか・・・

 こういう記事を読みました。


6月13日
ゼークトの組織論?

新聞の論説を読んでいたら、「ゼークトの組織論」が引用されていた。

これは、軍人を4つに分類するもので、(1)有能な怠け者、(2)有能な働き者、(3)無能な怠け者、(4)無能な働き者となる。有能・無能、働き者・怠け者の2軸でマトリックス表現が可能である。

軍隊では(4)無能な働き者が問題視される。自分が犯した間違いに気づかないまま、同じ過ちを繰り返すからである。一方で、(3)無能な怠け者の評価は高い。上官(上司)の命令通りに動くからである。

「無能」や「怠け者」の基準が現代では違うだろうし、軍隊と民間企業との組織の厳格さの違いもあり、(3)無能な怠け者を民間企業の管理職にすることは大いに疑問がある。また、(4)無能な働き者を処刑する(排除する)ことにも疑問がある。

このマトリックスの構造を流用しつつも独自の組織マトリックスを作ってみることは面白いと思う。
(参照)


 ところがこの組織論。実際は謎が多いのだそうで。
 ゼークトとは、ドイツの有名な軍人であるハンス・フォン・ゼークト(Hans von Seeckt; ヨハネス・フリードリヒ・レオポルト・フォン・ゼークト:Johannes Friedrich Leopold von Seeckt, 1866年4月22日 - 1936年12月27日)を指すのだそうですが、こういった記述も。

 日本語のインターネット上や日本のビジネス書などでよくゼークトの言葉として引用されているものであるが、今のところこれがゼークトが述べた言葉であるという証拠は無い。彼の著書である、『一軍人の思想』『ドイツ国の基本的諸問題』『モルトケ』などは、ハウツー本に引用されるような一般向けの言葉で書かれた本ではなく、「組織論」などという著作は存在しない。軍人としてのゼークトの名声を利用した、ゼークトとは関係の無い作り話である可能性は高い[2]。
 同時代のドイツ軍人であるクルト・フォン・ハンマーシュタイン=エクヴォルトが副官に述べた話であるという説もある。詳細はリンク先の断り書きを参考。
 現在のところゼークトの説であることを示す証拠はないが、広く一般にゼークトの提唱した理論として知られており、参考として記す。

軍人は4つに分類される。

  1. 有能な怠け者。これは前線指揮官に向いている。
    • 理由は主に二通りあり、1つは、怠け者であるために部下の力を遺憾なく発揮させるため。そして、どうすれば自分が、さらには部隊が楽に勝利できるかを考えるためである。

  2. 有能な働き者。これは参謀に向いている。
    • 理由は勤勉であるために自ら考え、また実行しようとするので、部下を率いるよりは参謀として司令官を補佐する方が良いからである。また、あらゆる下準備を施すためでもある。

  3. 無能な怠け者。これは総司令官または連絡将校に向いている、もしくは下級兵士。
    • 理由は自ら考え動こうとしないので、参謀や上官の命令どおりに動くためである。

  4. 無能な働き者。これは処刑するしかない。
    • 理由は働き者ではあるが、無能であるために間違いに気づかず進んで実行していこうとし、更なる間違いを引き起こすため。



(参照)

 クルト・フォン・ハンマーシュタイン=エクヴォルトというのはクルト・ゲプハルト・アドルフ・フィリップ・フォン・ハンマーシュタイン=エクヴォルト男爵(Kurt Gebhard Adolf Philipp Freiherr von Hammerstein-Equord, 1878年9月26日‐1943年4月23日)という長い名前なのだそうです。
 この人についてはこういった記述がありました。

自身は優れた参謀将校であったが、同僚の軍人たちについては懐疑的できわめて冷淡であった。軍人組織について、副官に以下のように述べたといわれる。

「将校には四つのタイプがある。利口、愚鈍、勤勉、怠慢である。多くの将校はそのうち二つを併せ持つ。一つは利口で勤勉なタイプで、これは参謀将校にするべきだ。次は愚鈍で怠慢なタイプで、これは軍人の9割にあてはまり、ルーチンワークに向いている。利口で怠慢なタイプは高級指揮官に向いている。なぜなら確信と決断の際の図太さを持ち合わせているからだ。もっとも避けるべきは愚かで勤勉なタイプで、このような者にはいかなる責任ある立場も与えてはならない」[1]
(参照)

 微妙に違うのが面白いですね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 心理学

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/894-1310c304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。