湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


地下鉄七隈線延伸計画の試算が報道される
 福岡市地下鉄七隈線の延伸計画について新聞報道があっていました。

 福岡市が市営地下鉄七隈線(天神南‐橋本)の延伸4ルート案について行った事業採算性の試算が18日、明らかになった。このうち天神南駅から大型商業施設「キャナルシティ博多」を経由し、JR博多駅を結ぶ「新ルート」は、開業6年後に単年度損益(延伸区間)が黒字化。空港、箱崎線を含む地下鉄全線の累積損益に与える改善効果も40年間に100億円のプラスとなるなど、「現時点では実現可能性が高い」としている。
 市はパーソントリップ(沿線住民の主要交通手段)調査や沿線人口の増減などを踏まえ、新ルート▽博多駅ルート▽ウオーターフロント(WF)ルート(1)▽WFルート(2)‐の4つについて事業採算性を算出した。
 最も採算性が高かった新ルートに次いで、単年度損益の黒字化は、博多駅(開業26年後)、WF(1)(同50年後)、WF(2)(同64年後)の順だった。建設費などの償還も含めた延伸区間の累積黒字化に要する期間も、採算性の目安とされる40年以内に達成できるのは新ルートの12年だけ。博多駅が52年、WF(1)と(2)が70年以上となった。
 七隈線の「新長期収支見通し」では、天神南‐橋本間の累積黒字化は2069年度。新ルートで延伸した場合は、七隈線全体の黒字化が27年、前倒しされる。博多駅の場合は17年の前倒し、WF(1)、(2)では効果はなかったという。
 空港、箱崎線を加えた市営地下鉄全線の収支でみると、開業40年間でプラス効果が期待できるのは新ルートだけ。博多駅は100億円、WF(1)は300億円、WF(2)は400億円と、それぞれマイナスだった。
 市交通局は「延伸区間の採算性と、地下鉄全線の経営改善効果の双方を満たすのは新ルートだけ」と分析。25日の市議会交通対策特別委員会で内容を報告する。
 七隈線をめぐり、福岡市は今春、これまで26年度としていた天神南‐橋本間の累積黒字化が43年間ずれ込み、単年度黒字化も14年間遅れ29年度と、それぞれ大幅修正した新長期収支見通しを出していた。
(七隈線延伸 キャナル経由に採算性 福岡市試算 開業6年で黒字化・2009年9月19日付 西日本新聞朝刊)

 その予測、今度は信用できるんですかね?

 ちなみに記事にあった表は以下の通り。



WFルート①

WFルート②

博多駅ルート

新ルート



天神南~中洲川端

天神南~中洲川端~WF

薬院~博多

天神南~博多

延伸距離(km)

1.2

2.3

2.5

1.4

建設費(億円)

600

800

800

450

利用者数(万人/1日)

4.1

4.7

5.5

6.8

単年度損益の黒字化(年)

50

64

26

6

改善効果(億円)

-300

-400

-100

100

 改善効果というのは、地下鉄全線の40年間の累積損益に与える額なのだそうです。
 なんかうまく行き過ぎのような気も・・・。

 一方でウォーターフロントの施設の一つ、ベイサイドプレイス博多にも動きがあったようです。


 九電工(福岡市)は15日、経営破綻(はたん)した福岡市の第三セクターから買い取り、再開発を進めていた福岡市博多区築港本町の複合商業施設「ベイサイドプレイス博多」について来年3月、全面開業すると明らかにした。中核となる商業ゾーンの入居店舗が決定したもので、11月から改装工事に入る。約3年間事実上空き家状態が続いていた同施設がようやく再開する。
 九電工によると、商業ゾーンは、3棟の1、2階部分。真ん中の棟の延べ約1400平方メートルに、壱岐・対馬などの新鮮な海産物や近郊で採れた農産物などを扱う生鮮市場と飲食店が入居する。
 また北側棟には、物販店のほか、2階の約730平方メートルに幼児用の絵本や知育玩具をそろえる施設が入る。南側棟2階約450平方メートルにはコンサートなどにも対応する大型飲食店が入る。今後具体的な設計に入るため、改装費などは未定。
 同施設をめぐっては、テナント誘致・交渉を委託したコンサルティング会社の辞退で当初目指していた07年末の開業が大きくずれ込み、九電工が自力で店舗計画を策定してきた。それだけに、橋田紘一社長も「にぎわいを取り戻し、海産物、農産物のブランドを発信したい」と、安堵(あんど)した様子だった。
(ベイサイドプレイス博多 核店舗に「生鮮市場」 九電工、来春に全面開業・2009年9月16日付 西日本新聞朝刊)

 日経の記事ではちょっと辛辣なコメントも・・・。

 九電工は15日、同社所有で改装中の複合商業施設「ベイサイドプレイス博多」(福岡市博多区)の中核施設として、九州の海産物を消費者に直売する“市場”を整備することを明らかにした。集客力向上と地元漁業振興を狙う。施設全体の再開業は来年3月の見通し。
 3棟からなる同施設の中央の建物1400平方メートルに、市場とレストランを整備する。長崎県・壱岐で水揚げされた新鮮な魚介類を中心に直送し、消費者や飲食店に割安な価格で販売する。品質の高い魚介類をブランド化し、「関サバ」などのように全国に発信できるようにする。
 別の棟には子供が遊べるように、遊具、絵本などをそろえた施設を整備し、3世代が連れ立って来場する施設をめざす。
 同施設は福岡市などが出資した第三セクター「サン・ピア博多」が1991年6月に開業した。ピーク時は400万人以上が来場したものの、年々来場者が伸び悩み、2005年9月に経営破綻。06年4月に九電工が子会社「九電工ネットプロデュース」を通じて施設を買収した。
 九電工の橋田紘一社長は「博多は港に魅力がない。アジアからの玄関口でもあるし、ウオーターフロントをきれいにしなければいけない」と同施設の重要性を強調している。
(ベイサイドプレイス博多、中核に「海産物市場」・2009年9月16日付日本経済新聞九州経済面)

「博多は港に魅力がない。アジアからの玄関口でもあるし、ウオーターフロントをきれいにしなければいけない」

 魅力はないわ汚いわということですね。
 てか、魅力があっても行きにくいし、結局は商売が成り立たないから魅力が薄れていくんですよね。
 駐車場は多いんですけど・・・。

 そういった意味では、地下鉄じゃないにしろ何か欲しいですよね。
 西鉄が言っていたLRTとか・・・。

 西部ガス鉄道(通称:西鉄(さいてつ)もしくは西部(さいぶ))を作ってやりませんかね?(やらんわ)

 ちなみに博多ふ頭では7月20日に屋内スノーボード場ビッグエア福岡が閉鎖(参照)しています。
 一般的な報道では賃料未払いで裁判を起こされたとのことです。
 2005年3月28日にはスノーヴァ香椎が赤字と地震被害を理由に閉鎖しています(参照)。
 確かに経営難と言うのはありそうな理由です。

 が、何だかよく分かりません。

 下のようなことを書いている人もいますしね・・・。

BIGAIR福岡 トモリさんより

なぜ、裁判所からの立ち退き勧告になったのか?
ビッグエア福岡は、もともと第3セクター(市の所有土地)に建てるにあたって、実際市の土地に民間の建物は建てられない仕組みだが、そこは、当初 ベイサイドエリア管理元のサンピアとの話で、建物の外観の所有をサンピアが書類上では行い、ビッグエア福岡が全ての10億を超える金銭的な工面は全て行 なった。。。それが、ねじれる原因で。。。

まさか市営サンピアの破綻、、、それからベイサイド経営が九電工ネットワークになり、、、そこから九電工よりベイサイドエリアの開発の為その他もろもろで裁判を起こし、3年。。。
書類上で元サンピアの所有とした建物の外観があだとなり(実際は費用は全てビッグエア福岡が負担)
とうとう裁判所からの立ち退き強制執行が来たという事らしい。。。

社長のも再建の意思もあるが、最短で三年はかかる、、、裁判でも莫大な費用かかっってるみたいだし、今すぐ動ける事ではない。

俺も個人的にいろいろ調べたが、、、ベイサイドのプロイジェクトはもっと大きなところが動いてるっぽい。。。

だから、、、みなさんこのベイサイド場所でビッグエア福岡は継続は不可能になりました。

だが、いつか再建できるように1人1人の声を残し、ビッグエアで盛り上がった日々の資料を残し、
次ぎへのステップとして繋げていきたいと思います。
みんなの思いが大きければ大きいほど、大きなものを動かせると信じています。

自分も急遽ですが、解雇になり、生活のリズムが安定しないと動きが悪くなると思います。自宅にはネット環境もないし。。。

だから、少しでもみんなの熱だけは冷めてほしくない。。。

提案ですが、誰か簡易的なHPとか作れないでしょうか?
みんなが自由にコメントや画像を投稿できる。。。
いつか行動を起こすときいい材料になります!!

未来にはなってしまうかもしれませんが、、、この福岡に出来る事願っています。
何よりも、子供たちから泣いて電話がありました。。。
また違うところに出来るよ!って言うと、、、
元気よく「わかった」って。。。それしか言えませんでした。。。
何とかしたい!!!!
みなさんも自分の生活を一番に考えて、あいまで協力お願いします。

実際動いてみて、口答ですが「えっ」って言うほど具体的な9ケタの金額を動かすという人が現れました。たった二日目で、、、、でも足りません金銭も知識も。。。

これからは、こういった中での動きになりますが、チャンスは探していればいつか見つかると思います。

時が過ぎれば、みんなの熱も下がってくると思います!
だから今形にしましょう!!

今後のこの活動が、ただの思い出だけじゃなく、実現を願っています。

ということで BIGAIR福岡に対する思いを資料の一部とするそうなので

再建のためにも BIGAIR福岡 トモリさん 宛にメールをお願いします。

tomori@bigairfukuoka.com

現在400件来たそうです。
書類にする時は、名前は掲載していません。
(BIGAIR福岡 閉鎖の経緯・2009年7月15日付)



【2011年11月15日追記】

 結局七隈線はキャナルシティ経由で博多駅に延伸する方向で話が進み、途中「国道202号(国体道路)と博多駅前通りの交差点近くの同通り沿いに」駅を設置する方針のようです(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/896-30c67827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。