湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


海の中道に新しい道路計画/九州最古のSUBWAY
 びっくりしましたねー。

 福岡市が東区で進める人工島(アイランドシティ)事業で自然の水辺空間を設ける「エコパークゾーン」と位置づける和白干潟などの海岸線沿いに、幹線道路を通す都市計画決定がされていることが、29日の同ゾーン環境保全創造委員会で取り上げられた。メンバーからは自然環境や景観への影響を懸念する声も聞かれ、議論を呼びそうだ。
 同ゾーンは、人工島周辺に広がる約550ヘクタールの海域や海岸域。和白干潟の周囲は、クロツラヘラサギなどの野鳥や多様な干潟生物が集まる自然海岸が続くため、市は10月に公表した人工島の新事業計画でも野鳥生息域の環境の質向上に取り組むことを掲げる。
 市によると道路は、東区大岳4丁目と新宮町原上の国道3号を結ぶ「海の中道海浜公園線」(13・43キロ)のうち、未整備分の約5キロ。渋滞緩和を目的に、1997年に最終的に都市計画決定した。道幅40-26メートル、片道2車線で1日1万-2万台の交通量を見込む。整備時期は未定だが、海岸線の一部を埋め立てるか高架方式になる見通し。
 委員会は同エリアの環境保全方法などを検討するため市が設け、学識経験者ら10人で構成。
 29日の会合では、委員の包清(かねきよ)博之・九州大大学院教授(緑地景観計画)が「初めて知った。道路を通すなら(環境保全)計画の文言などの再検討が必要だ」と指摘。市側は「具体的な整備計画がないので説明しなかった」とし、「(道路整備は)自然との調和を考えたい」と述べた。会合後、委員の逸見(へんみ)泰久・熊本大教授(海洋生態学)は「環境への影響は必至。市の都市計画には整合性がない」と批判した。
 市港湾局環境対策課は「委員会の意見を聞き、道路の整備計画に生かしたい」と釈明している。
(人工島「エコパークゾーン」のはずが… 和白干潟沿いに幹線道 福岡市計画 「環境に影響必至」の声・2009年10月30日付 西日本新聞朝刊)

 もう既に、雁ノ巣から人工島を経由して貝塚や香椎方面に抜ける道が出来ています。
 また、反対に雁ノ巣から三苫を経由して新宮町の国道3号線に至る道(通称パークウェイ)も整備しています。

 まだ作るつもりなんですか???

 それなら人工島もパークウェイもいらなかったのでは?

 まあ、以前は雁ノ巣から博多湾岸を通ってホテル海の中道(現ザ・ルイガンス福岡)に続いていた2車線の道が閉鎖されて、4車線の直線道路になって風情がなくなりましたからね。
 海沿いの道があると楽しそうですが、それなら昔のままの道を残しとけよって思います。

 さてうちの家族が新しくなった九大病院に行ってきました。
 うちは僕も含め、家族2人が九大病院にお世話になっています。

 何でも新しい九大病院にはSUBWAYがあるそうで。
「サブウェイって知っとる?」
「ああ~。サンドイッチやさんやろ。知っとるよ。鹿児島の天文館のはしっこにあった。」
「スタンプカードもらったっちゃけど、他にどこにあるっちゃろ?」

で、調べてみると、こんな記事が・・・

九州初となる店舗が3月31日にオープンするようです。
仕事帰りに開店準備でトンカチやってるところを発見しました。天神のフタタ本店から西に50メートル程行ったところです。
アメリカで生まれたオーダーメイドのサンドイッチと言うことで、以前から名前は聞いていましたが、残念ながら今まで食べる機会がありませんでした。待ち遠しいですね。
(福岡天神に九州初のサブウェイがオープン!! )

 ん???

 10年ほど前に鹿児島は天文館の照国神社側にあったあの店は幻か?バッタもんか?

 さらに調べてみると、サブウェイ九州1号店オープンのお知らせ というニュースリリースが・・・

日本サブウェイ株式会社(本社:東京都港区、社長:伊藤 彰)が展開するサンドイッチ・チェーン『サブウェイ』では、2008年3月31日(月)「サブウェイ天神昭和通り店」(FC店)をオープンいたします。北海道地区に続き、九州地区でも今後積極的に出店していきます。今回の出店で国内店舗数は147舗です。

1. 店舗名  :  サブウェイ天神昭和通り店 (FC店)

2. 所在地  :  〒810-0001
            福岡県福岡市中央区天神3-3-6
            天神サンビル1F

3. 開店日  :  2008年3月31日(月)

4. 面  積  :  約20坪(29席)

5. 営業時間 :  平日     8:00-22:00
            土・日・祝日 9:00-21:00
                          
6. 店舗特徴  :  「サブウェイ天神昭和通り店」は福岡の中心部、天神の昭和通り沿いに位置します。平日は近隣のビジネスマンやOL、週末には買物客など幅広いお客様のご利用が見込めます。
(サブウェイ九州1号店オープンのお知らせ )

 うむ。きっと鹿児島は九州ではないのだ!

 いや、福岡でも昔見た記憶があるのだが・・・

 と、店舗一覧を探してみると、やはり九州には天神昭和通り店天神警固公園前店九州大学病院店の3店舗しかないようです。

 さらに調べてみると、やはり昔鹿児島にもSUBWAYがあったらしいことが分かりました。

中学生の時、友人たちと街に遊びに行った時のお昼ごはんと言えば、
大抵マックとかロッテリアとかのファーストフード系だった気がする。
中学生も後半になると、「ちょっとおしゃれなところでランチしたいなー」
って洒落っ気が出てくるんだけれど、カフェとかパスタ屋さんとかに入る勇気はまだなくてねぇ。
そんな時に天文館にオープンしたのが【SUBWAY】
他のファーストフードより数百円高いんだけれど、野菜がたっぷりで、
何よりもそのスタイルが珍しかった!

野菜やハムがふんだんに使われたメニューの中から1種類を選び、
どのサンドウィッチも4種類のパンの中から好きなものを選ぶことができる。
肉やチーズなどのトッピングは有料だけれど、野菜の増減は無料♪
当時はまだピクルスが苦手なお子様だったので、ピクルス抜きにして貰っていた。
目の前でどんどん出来上がっていくのを見るのも大好きだったのよね。
なのにいつの間にか閉店してしまって、えらく落胆したのを覚えている。
(参照)

 そうそうこれこれ。

 で、やはり福岡にもあったようです。

15年ほど前に春日原駅の駅前にたしかあったような・・・・

15年前までさかのぼりますか!?。友人は10年程前に久留米の駅前にあったと申していました。

あらー福岡も遅れてるーと思っていたところ、友人からメールが来ました。
なんと10年以上前に既に出店していたそうです。早すぎたのかな?
(福岡天神に九州初のサブウェイがオープン!! )

 日本サブウェイによると、「1992年に日本上陸(参照)」だそうです。

 でも、過去に九州に店舗があったのか。あったとしたらなぜ撤退したのかは書かれていません。
 ちょっと謎です。

【2012年4月14日追記】

 海の中道大橋の4車線化が始まりました(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福岡市 福岡市政

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/909-e31d4821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。