湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


宗像駅誕生ならず
 16日のテレビ東京ガイアの夜明けわかやま電鉄貴志川線等のことが出るらしいです。

 以前書きましたが、宗像市にあるJR赤間駅を宗像駅に、福岡市側の東郷駅を宗像大社駅に、教育大前駅を赤馬教育大前駅に改称しようという動きは市民投票によって阻止されたそうです。


 宗像市は、08年3月のJRダイヤ改正に合わせて予定していた市内3駅の駅名変更を見送ることにした。昨年11月の市民アンケートで3駅とも「変更反対」が「賛成」を上回ったためで、市は「結果をしんしに受け止め、市の歴史を踏まえて再検討したい」と話している。市の試算では、駅名変更に伴う市負担は約8000万円だった。
 アンケートは16歳以上の3000人に実施し、1312人が回答した。結果は「赤間駅」を「宗像駅」に変更は賛成31・7%、反対46・6%▽「東郷駅」を「宗像大社駅」に賛成29・6%、反対45・3%▽「教育大前駅」を「教育大前赤馬駅」に賛成12%、反対52・4%。
 反対理由は「経費がかかる」「現在の駅名に愛着がある」「教育大前赤馬駅は長すぎる」など。賛成理由は「市のイメージアップにつながる」が大半で、他は「市の名前と同じ駅名がよい」「宗像大社をアピールできる」など。
 市は昨年6月、宗像市を除く県内全市町村の20歳以上の3000人に市の「イメージ調査」を実施。55・1%が市内のJR3駅を全く知らなかったため駅名変更を検討していた。【中原剛】
(宗像市:JR3駅、名称変更見送り--市民アンケで反対多数 /福岡・1月11日毎日新聞)

 まあ、普通に考えればやらないと思いますが、これで決着ということのようです。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 宗像市 JR九州鹿児島本線

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
宗像駅
今更名前を変えられても困るような気がしますが…。
宗像に文化が無いとはいいませんが、それは今の宗像市という単位での文化ではないと思います。
地名に歴史があるといいますが、駅名にも歴史があります。品川駅が品川区に無いというのも歴史なんですよ。そのようにしてつけられた駅名を改正するということは、その駅名に宿した歴史をそこで終わらせるということだと思います。

よって駅名改正反対に一票。
でした。
【2007/01/14 08:24】 URL | やひ@久留米 #MkWzKcno [ 編集]

再検討ねぇ
オレは変えてもいいと思うが、名前がダサすぎ…
まぁ金が掛かるなら止めておいたほうが良いと思う。
【2007/01/14 20:32】 URL | 主幹 #- [ 編集]

駅名は妥協の産物
 まあ、駅名も結構色々な事情で付けられていますからね。
 乗客増が見込まれて鉄道会社が是非変えさせてくださいと泣いてお願いするまでは変えないほうが賢明なのではないでしょうか?
【2007/01/15 01:53】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/91-2b537dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。